高校中退はデメリットばかり。でも通信制高校でリベンジできる!

面接

高校中退にはデメリットしかない?

現在、年間およそ5万人の生徒が高校中退しているというデータがあります。全高校生のうち約1%が高校中退している計算です。その数は多くはありませんが、困難に直面している子どもがいるのは事実といえます。高校中退によるデメリットについて見てみましょう。

高校中退では就職先が限られる

高校中退して仕事を探し始めると、職種が非常に限られているという現実にまずぶつかります。高校中退の場合、最終学歴は中卒です。たとえアルバイトでも中卒求人は少なく、むしろ高校生可の方が多いといっても過言ではありません。

運良く仕事が見つかっても、ブルーカラー系の「きつい・汚い・危険」な3K職場がほとんどです。もちろん、鳶職など特定の目標があるならば、中卒で弟子入りするのも悪くはないでしょう。しかし、できれば事務職に就きたいと考えるならば高校中退はおすすめできません。

高校中退では進学できない

大学や専門学校に進学することを希望していても、高校中退ではそもそも受験資格がありません。そのため、たとえば「高卒もしくは同等以上」の学力があることを証明する高卒認定試験(高認)に合格する等の手段を検討する必要があります。

高認はあまり難しい試験ではないので、ある程度真面目に勉強すればパスできますし、大学や専門学校を受験できるでしょう。しかし、問題はそこからです。もし、受験に失敗してしまうと、最終学歴は中卒のままに……。なぜならば、高認はあくまでも学力認定テストで高等学校卒業資格は取得できないからです。

高校中退では資格取得も難しい

「高校中退でも資格を取得すれば、仕事が見つかるのでは?」と、考える人もいるかもしれません。これも調べてみると、少なくとも高卒でなければ取得できない資格が多いことがわかります。

もちろん、学歴不問・実務経験◯年以上ならば取得できる資格もあります。しかし、中卒では採用してもらえることも少なく、そもそも実務経験を積むことが難しいものです。「資格を取得して手に職をつけたい」という場合でも、やはり、高卒資格は取得しておくメリットは非常に大きいといえるでしょう。

高校中退から高卒資格をゲットするには?

以上のように高校中退のままではいずれ何かしらのデメリットに直面することは間違いありません。やはり、高校は卒業しておくに越したことはないようですが、いったいどうすればよいのでしょうか。

高校中退から全日制高校に編入する

高校中退から高卒資格を取得するというと、別の全日制高校に編入するイメージを持つ人も多いかもしれません。しかし、いじめなどの経験があり「もう登校したくない」と、いう人もいるでしょう。また「勉強についていけるか不安」という人もいるかもしれません。

全日制高校に編入するには、難しい試験にパスしなければいけないこともあります。また、無事に合格したとしても、タイミング次第ではひとつ下の学年からやり直さなければいけない……ということもあるでしょう。自動的に高校卒業も同級生に遅れを取ることになります。

定時制高校に進む高校中退者もいる

高校中退した後に定時制高校に進学する人もいます。定時制高校に通う学生は年齢層もバラバラなので、全日制高校のクラスになじめなかった人でも楽しく過ごすこともできるかもしれません。授業は夜間なので、昼間にアルバイトをすることもできるでしょう。

しかし、じつは定時制高校は4年制というのはご存知でしたか?つまり、定時制高校もまた、高校卒業が同級生よりも遅れてしまうというわけです。卒業までに4年以上かかる生徒も結構いますし、とうとう卒業できずに終わるケースも少なくない点に注意しましょう。

おすすめは通信制高校!

高校中退者が高卒資格を取得したいならば、おすすめは通信制高校です。通信制高校は文字通り通信教育によって高校課程の勉強ができる学校になります。全日制高校、定時制高校などとならぶ高等学校の一形態なので、高認と違って高卒資格を取得できるのが大きな特徴です。

最近では、芸能人やスポーツ選手など、毎日学校に通うことが難しい生徒が通っていることでも知られています。たとえば、フィギュアスケート選手の紀平梨花選手も通信制高校のN高等学校に在籍中です。

通信制高校ってどんなところ?

高校中退のデメリットを払拭し、高卒資格を取得するには通信制高校がおすすめです。しかし、いったい通信制高校ではどのように勉強するのか不安に思う人も少なくないでしょう。通信制高校のカリキュラムについて詳しく紹介します。

通信制高校は学年制ではなく単位制

全日制高校や定時制高校は学年制です。1年あたりに取らなければいけない単位数が決まっていて、もし単位を落とすようなことがあれば留年は避けられません。進級できなかったことをきかっけに高校中退した人もいるのではないでしょうか。

一方、通信制高校は学年制ではなく単位制です。高校卒業に必要な74単位を自分のペースで取得することができます。年度初めに登録した科目の単位を落としても留年することはありません。

最低でも3年在籍しなくてはいけない通信制高校

自分のペースで勉強できる通信制高校ですが、残念ながら飛び級はできません。卒業するには最低でも3年間在籍する必要があるのです。2年でほぼ74単位を取得してしまう人がいる一方、卒業までに3年以上かかる人もいるので気を引き締めてがんばりましょう。

専門的な勉強もできる通信制高校

通信制高校は高校課程の勉強だけではなく、より専門的な内容を勉強できる学校もあります。調理師、美容師などの「手に職」系はもちろん、ゲームシナリオライター、漫画家、声優など「憧れの職業」系が学べることも!

専門学校を持つ学校法人が経営していることも多い通信制高校ならではの特色ともいえるでしょう。それぞれの通信制高校によって学べる専門分野は異なるので、まずは学校一覧などの資料を見ながら比較検討してみてはいかがでしょうか。

通信制高校にも登校日がある!

自宅学習とレポート提出をメインにしている通信制高校ですが、まったく登校日がないわけではありません。なぜならばスクーリングと呼ばれる登校日に一斉授業を受けることも卒業要件になっているからです。

「できるだけ登校したくない」という人のために、スクーリングは年に4日程度の通信制高校もあります。一方「1人での勉強は心配」という人には、ほぼ毎日通学できるところもあるので心配ありません。

通信制高校のサポート校もある

自主性や自己管理能力が問われる通信制高校についていけるか心配……という人もいるかもしれません。そんな時はサポート校を利用してみるのもよいでしょう。サポート校は通信制高校での勉強やメンタル面の問題をサポートしてくれる塾のようなものです。「絶対に3年で卒業したい」という人にもおすすめです。

通信制高校に編入するには?

高校中退のデメリットを解消するために、通信制高校でやり直してみようと思った時、具体的にどうすればよいのでしょうか。また、いつから編入できるのかも気になるところです。

通信制高校の入学試験を受ける

通信制高校に編入するには、まずテストを受けなければいけません。「15歳以上で中学を卒業または卒業見込み」というのが受験資格なので、高校中退者ならばまず問題ないでしょう。

通信制高校の入学試験は、面接、作文、簡単な筆記テストなどになります。とくに、全国からの生徒を受け入れている私立の通信制高校ならば定員オーバーの心配もなく、まず不合格になることはないでしょう。自信を持ってチャレンジしてみてください。

通信制高校はいつからでも編入できる

通信制高校の多くは一年中、いつでも編入することができます。高校中退した後に、空白時間を作ることなく勉強を続けたいと考えている人にもおすすめです。

さらに、通信制高校では前の高校で取得した単位や出席日数もそのままいかされます。つまり、同級生に遅れることなく高校を卒業することも十分可能なのです。

安心して過ごせる通信制高校

このように通信制高校に編入するのは、けっして難しいことではありません。それでも「もう学校はうんざり」という人もいるかもしれません。

しかし、通信制高校ならば今度こそきっと安心して過ごせるでしょう。生徒が必要以上に触れ合うことのない学校を選ぶこともできます。また、毎日通学するような学校だったとしても、いじめなどの経験がある人も少なくありませんし、先生も人間関係に十分配慮してくれます。思い切って、飛び込んでみませんか?

通信制高校で高校中退のデメリットを吹き飛ばす!

高校中退してしまい落ち込んでいる人もいるかもしれません。「これからの人生がどうなってしまうのか」と、不安に思っている人もいるでしょう。確かに、高校中退が及ぼすデメリットはけっして小さなものではありません。

高校中退のデメリットをどう吹き飛ばすか……これは、どうにかして高卒資格を取得するのが一番の近道です。学校には嫌な思い出しかないという人でも、通信制高校ならばストレスなく勉強を続けることもできるでしょう。

通信制高校ならば、ほとんど学校に通わなくても高卒資格を取得することができます。自分で勉強を続ける意志や計画性が必要ですが、がんばってみる価値は大いにあるでしょう。もし、自信がなければサポート校を利用する方法もあります。通信制高校でもう一度、人生をやり直してみませんか?

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら