高校中退でも看護師をめざせる!通信制高校を活用してチャレンジ!

看護師

看護師ってどんな仕事?

看護師の仕事は結婚や育児をしながら続ける人も多く、昔から「女性がシニアになるまでできる仕事」として人気がありました。一方、じつは結構力仕事でもあるので、男性看護師のニーズも少なくありません。

高校中退者の中には看護師の仕事に興味を持っている人もいるでしょう。看護師の仕事とは具体的にどのようなものなのか詳しく紹介します。

医療チームの一因として欠かせない看護師

看護師は治療を受ける患者さんの援助を行うのがおもな仕事です。専門的な知識と技術をいかして、医師の診療のサポートや患者さんのケアを担う、医療チームに欠かせない存在と言ってよいでしょう。

患者さんの心身をサポートするだけではなく、医師や薬剤師などと連携を図らなければいけないので、コミュニケーション能力も問われます。「誰かの役に立ちたい」という気持ちの強い人ならば、やりがいを感じる仕事であることは間違いありません。

看護師資格と一緒に取得しておきたい資格

看護職には看護師以外にもいろいろなものがあります。たとえば看護師は厚生労働大臣の免許を受けた国家資格ですが、准看護師は国家資格ではなく都道府県知事が発行する免許になります。

また、助産師は妊娠から出産までをサポートし、分娩の介助、新生児のケアはもちろんのこと、更年期の女性の健康指導なども行うことが仕事です。地域に暮らす人々の健康を見守る保健師という職種もあり、病気の予防や衛生知識の啓蒙活動などを行っています。看護師にプラスしてこれらの資格を取得する人も少なくありません。

看護師の活躍の場は広い!

看護師の主な就職先は病院や診療所です。その他、企業の健康管理室、研究所、看護学校などで働く人もいます。保健師の資格もあれば地域の保険センター、学校の保健室などで働くこともできるでしょう。また、助産師の資格があれば助産院のスタッフになったり、自分で助産院を開業したりするのも夢ではありません。

その他、近年では介護施設での看護師のニーズも高まりを見せています。看護師が活躍できる場所は非常に広く、求人が絶えることもありません。つねに需要がある仕事と言ってもよいでしょう。

看護師にはどうしたらなれる?

将来への不安を抱える高校中退者にとって、安定した職業である看護師は魅力的なのではないでしょうか。一方、人命にかかわる仕事なだけに「失敗したらどうしよう。自分にはとてもできない」と、思う人もいるかもしれません。

そのように重大性がわかる人にこそ、おすすめしたい仕事でもある看護師。いったい、どうすれば看護師になれるのでしょうか。

国家試験に合格して看護師になる

看護師になるには、まず国家試験に合格しなければいけません。看護師国家試験は毎年2月中旬から下旬に行われ、3月下旬に合格発表があります。

試験科目は基礎看護学、老年看護学、小児看護学などの11科目あり、1日ですべてを行いますが、例年、全240問、300点満点という構成になっています。合格率は毎年90%前後を推移していることからもわかるように、決して狭き門ではありません。

看護師国家試験の受験資格は?

看護師国家試験を受験するには看護科がある大学、短大、専門学校 などで3年以上勉強して必要な学科の単位を取得し、卒業していなければいけません。いずれの学校も入学できるのは高卒者のみです。

つまり、看護師をめざすならば少なくとも高卒でなければいけないというわけです。しかし「やっぱり、高校中退では看護師になれないのか……」と、あきらめることはありません。なぜならば、中卒でも進学できる看護高等学校もありますし、高校中退でも高卒資格を取得して大学・短大・専門学校に進学することもできるからです。

5年制の看護高等学校経由でも看護師になれるけど……

看護高等学校とは、看護学科が設置されている高等学校のことです。 5年制になっていて卒業時に看護師の資格取得をめざします。

ただし、全国的に見ても看護高等学校の数はけっして多くはありません。たとえば、東京では愛国高等学校のひとつだけです。鹿児島県のように神村学園高等部看護科を始めとして8校もある県もありますが、エリアごとの偏りがあるので注意しましょう。

高認から看護師をめざす方法もあるけれど……

看護学が学べる大学、短大、専門学校などに進学するには高等学校卒業程度認定試験、いわゆる「高認」に合格するという方法もあります。しかし、注意しなくてはいけないのは、これは学力を保証するテストに過ぎず、高卒資格は取得できないという点です。

たとえば、大学を中退するようなことがあれば、最終学歴は中卒になってしまいます。中卒では就職なども難しく、人生のさまざまなリスクを負うことになってしまうでしょう。

看護師になるには高卒資格取得からスタート!

高校中退者が看護師になるには、高卒資格を取得して大学、短大、専門学校などに進むのがおすすめです。そうとは言っても「もう高校には通いたくない」という人もいるでしょう。

じつは毎日通学しなくても卒業できる高校があるというのはご存知でしたか?最近、話題になっている通信制高校を活用すれば、自宅学習をメインとしながら高卒資格を取得することもできるのです。

通信制高校ってどんなところ?

高校中退者が看護師をめざすならば、まずは通信制高校で高卒資格を取得するというのがおすすめのコースです。この頃は芸能人やスポーツ選手の在校生も増え、通信制高校の知名度もアップしつつあります。

しかし「通信制高校ってどうやって勉強するの?」など、不安に思う人もいるでしょう。通信制高校について詳しく解説します。

通信制高校は学年制ではなく単位制

通信制高校の一番の特徴は、自学自習を中心にしているところでしょう。スクーリングと呼ばれる登校日があり何回か集団授業を受けなければいけませんが、少ないところでは年に4日程度の設定になっています。

全日制高校や定時制高校では74単位以上を取得しなければ卒業できませんが、それは通信制高校も同じです。ただし、学年制ではなく単位制なので自分のペースで単位を取得できます。あまり単位を取得できない年があったとしても留年ということもありません。

通信制高校は少なくとも3年の在籍が必要

自分なりに勉強を進めることができる通信制高校なので、たとえば2年間で74単位をすべて取得してしまうということも可能です。しかし、だからといって2年で卒業できるわけではなく、少なくとも3年間は在籍しなければいけません。飛び級はできないので注意しましょう。

また、卒業までに3年以上かかったとしてもとくに問題ありません。なかには働きながら10年近くかけて卒業する生徒もいます。しかし、看護師になりたいという目標があるならば、きっちりと3年で卒業することをおすすめします。

通信制高校は日々の学習が大事!

通信制高校の単位はレポート提出、テスト、スクーリングを繰り返すことで取得できます。なかでも中心となるのがレポートですが、高いレベルを要求されることはありません。穴埋め形式などになっていて理解度をチェックする程度のものです。

提出方法もかつては郵送で手間がかかりましたが、最近ではネット経由で簡単にやりとりできます。先生からの添削もすぐに見ることができるでしょう。ただし、簡単なレポートでもためこんでしまうと大変なので、できるだけ毎日コツコツと取り組むことが大事です。

看護師コースがある通信制高校もある?

通信制高校のもうひとつの特徴は、高校課程の勉強を越えた専門分野について学べる学校が多いという点です。調理師、美容師をめざせる通信制高校もあり人気を集めています。

そこで気になるのが「看護学を学べる通信制高校もあるのか?」という点です。看護・医療系学校への合格をめざす通信制高校もあるのでしょうか?

アルファゼミナール高等学院から看護師をめざす

通信制高校一覧などで調べてみると、少ないながらも看護・医療系学校に進学するための通信制高校というのがあることがわかります。たとえば、アルファゼミナール高等学院もそのひとつです。

アルファゼミナール高等学院では高卒資格を取得できるのはもちろんのこと、看護・医療系大学などに合格するための指導を同時に行っています。通信制高校と平行して大学受験予備校に通う人もいますが、そのような必要がないのはお得と言えるでしょう。

京都美山高等学校で勉強して看護師になる

通信制高校の京都美山高等学校は看護・医療コースがあります。高校中退で、看護師はもちろん、理学療法士、作業療法士などになりたい人のためのコースです。

カレラック看護医療スクール、看護・医療技術系受験塾・予備校 CampusNEXT、関西看護医療予備校などと連携し、難関の看護・医療系大学、専門学校などへの合格者を輩出しています。昼間は連携校で勉強し、夜はインターネットを利用して自宅で高卒資格をめざしましょう。

ヒューマンキャンパス高等学校で看護師の道へ!

「専門分野に強い」と評判のヒューマンキャンパス高等学校は、40分野以上を学ぶことができ、100以上の職種をめざすことができます。看護師を目標にしているならば、おすすめはメディカルクリニックコースです。

こちらは卒業後に医療事務や医療秘書の仕事に就くためのコースですが、医師などが医療分野の基礎を教えてくれます。病院などでの実習も多く、看護師の仕事現場を実際に目にすることができるでしょう。

看護師は高校中退でもなれる!通信制高校が強い味方!

専門性が高い仕事なだけに「高校中退では看護師にはなれそうもない」と、あきらめていた人もいるかもしれません。しかし、通信制高校で高卒資格を取得すれば、看護系の大学、短大、専門学校などに進学できるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

もっとも、看護系の大学、短大、専門学校などに入学しただけでは看護師になりません。その先に国家試験という関門が待ち構えています。突破するには通信制高校での勉強が必ず役立つでしょう。なぜならば、通信制高校では勉強に対する自主性、自己管理能力などがしっかりと養われるからです。

先生や同級生の目がなくても机に向かわなければいけない通信制高校は、慣れないうちは少し大変です。しかし、全日制高校のような一斉授業スタイルは一生用意してもらえるものではありません。

看護師は一生勉強、日々勉強とも言われます。患者さん1人1人に最適な看護をするためには、毎日、新しい知識を吸収して技術を高める意欲が欠かせません。看護師として成長するための土台を通信制高校で培ってみませんか?

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら