高校中退を子どもが決めた時に大事なのは親の態度!通信制高校という道もある!

親子

高校中退したい子どもへの親の態度はどうあるべき?

「高校中退したい」と、子どもに告げられて動揺しない親はいないでしょう。しかし、注意したいのが親の態度です。頭ごなしに否定しても、子どもに良いことはありません。どのように接するのが正解なのでしょうか。

高校中退したい理由に耳を傾けて

子どもに高校中退したいといわれて「せめて高校だけは卒業しなさい!」と、いいたくなる親心はもっともなことです。就職するにせよ進学するにせよ、最低でも高卒資格がなければ不利になるのも事実。将来を心配すれば、高校中退をどうにかして阻止したい親御さんも多いでしょう。

しかし、子どもが高校中退したいとまで思い至ったのには、それなりの理由があるはずです。まずは、子どもに「どうして高校中退したいのか」聞いてみるようにしましょう。もちろん、返事が帰ってくるとは限りませんが、そのような親の態度は大事です。子どもに「自分を否定された」という思いを残さないようにしましょう。

高校中退を回避できないか学校の先生に相談

高校中退を回避するには、学校の協力も欠かせません。もし、子どもが高校中退したい理由を話してくれて、解決が見込めそうならば学校の先生に相談してみるのもひとつの方法です。

しかし、学校に信頼できる先生がいないこともあるでしょう。また、高校中退したい理由がそもそも学校とは関係ないというケースもあります。どうしても中退を避けられないこともあるのです。

高校中退後の進路を親子で話し合う

どうしても高校中退をしなければいけないとなったら、親としてはやはり残念なものです。「育て方を間違えたかもしれない」と、落ち込むこともあるでしょう。しかし、親以上に子どもは不安に思っていることを忘れないでください。高校生といってもまだまだ大人への道のり半ばです。

親の態度が不安定ではますます子どもを不安にしてしまいます。無理をしてもドンと構えるようにしましょう。ただ親子で不安に思っていても未来はひらけません。高校中退後の進路について、できるだけ具体的に親子で話し合うようにしましょう。

高校中退したらどんな進路がある?

「高校中退=人生の敗北」のように思う人も少なくありません。しかし、そのような思考は親の態度に出てしまうものです。まずは「高校中退しても人生まだまだこれから!」と、ポジティブに考えましょう。実際、高校中退しても、次のようにさまざまな進路があるものです。

高校中退からの海外留学

高校中退した人の中には「中学校の時から日本の学校は合わないと感じていた」という人も少なくありません。いっそのこと、高校から海外留学してみるというのも良いでしょう。

しかし、当然のことながら海外留学にはお金がかかります。また、海外の高校を卒業しても日本では高卒にはならず最終学歴は中卒となる点に注意してください。帰国子女枠で大学受験も可能ですが、希望校で実施しているとは限りません。

高校中退からの専門学校

専門学校は基本的に高卒でなければ入学できませんが、一部、中卒を受け入れている場合もあります。ただし、全国で500校ほどとその数はけっして多くはありません。東京には何校かありますが、地方では通える範囲にひとつもないということもあります。

また、中卒で進学できる専門学校は理容・美容、調理師、准看護師、スタイリスト、自動車整備など一部のジャンルに偏っています。もし、このような分野に興味がないならば、別の道を探す必要があるといえるでしょう。

高校中退から高認を経て大学へ

大学の入学試験にチャレンジするには、高卒資格は必須です。しかし、高校中退でも高卒認定試験いわゆる「高認」を経て受験をするという方法もあります。

しかし、ここで注意したいのは、高認はあくまでも高卒と同程度の学力があることを証明するだけのもので、高等学校卒業資格ではないという点です。大学受験に失敗したり、大学中退したりというようなことがあれば、最終学歴は中卒となってしまうのです。

高校中退者に通信制高校をおすすめする理由

以上のように高校中退後はいろいろな進路が考えられますが、親としては賛成できないものも多いのではないでしょうか。そこで、おすすめしたいのが通信制高校です。

通信制高校ならば高卒資格を取得できる

通信制高校は全日制高校、定時制高校などと並ぶ高等学校の一種です。したがって、きちんと高等学校卒業資格を取得できるのはいうまでもありません。

大学や専門学校に進学したいと希望しているならば、中卒になってしまう可能性がゼロではない海外留学や高認よりも、通信制高校で手堅く高卒資格を取得しておくことをおすすめします。また、就職するにせよ、高卒と中卒では求人の質も数も違います。とりあえず、通信制高校で高卒資格の取得をめざしてみてはいかがでしょうか。

ほとんど登校しなくてもいい通信制高校もある

不登校をきっかけに高校中退を考えている子どももいるでしょう。「もう学校には通いたくない」という子にとっても、自宅での自習をメインとしている通信制高校ならば無理なく勉強を続けることができるでしょう。

もっとも、まったく出席せずに卒業できる通信制高校はありません。スクーリングと呼ばれる登校日に一斉授業を受けることも卒業には必須となっているのです。ただし、スクーリングは年に4日程度に設定されている学校などもあるので、そういったところを利用してみてはいかがでしょうか。

毎日登校できる通信制高校もある

高校中退した後に「学校に通えないのは不安」「1人で勉強を進められるか心配」ならば、全日制高校のようにほぼ毎日登校できる通信制高校がおすすめです。かわいい制服もあり女子生徒にも人気です。

通信制高校に通う生徒はいじめを経験した人も少なくありません。生徒の人間関係にきちんと対応してくれる学校もあります。今度こそ安心して学園生活をエンジョイできるのではないでしょうか。

自分のペースで勉強できる通信制高校

通信制高校は学年制ではなく単位制です。高校課程の単位を自分のペースで取得して卒業することができます。1年に取得しなければいけない単位数が決まっている学年制と違い、単位を落としても留年するというようなこともありません。

卒業には少なくとも3年間在籍していなければいけませんが、3年以上かかってしまう生徒もいる点を心配するご両親もいます。「絶対に3年で卒業する」という子どもの意志が問われますし、親としてもできる限りのサポートをしていきたいところです。

通信制高校を選ぶポイント

高校中退者にとって通信制高校は最適の進路といっても過言ではありません。しかし、通信制高校と一口にいっても特色はさまざまなので、それぞれのご家庭におすすめの学校は異なります。通信制高校を選ぶ際のポイントについて解説します。

通信制高校は学費で選ぶ!

通信制高校にも公立と私立があり、やはり公立の方が学費はリーズナブルです。公立ならば年間、2万円~3万円程度の学費ですみます。家庭の経済的な理由から高校中退させざるを得なかったという場合も、通信制高校ならば勉強を続けることができるのではないでしょうか。

一方、私立の場合は自宅学習メインでも年間20万円~40万円は必要となるでしょう。通学メインとなると年間50万円~115万円とさらに高くなってしまいます。しかし、就学支援金を利用すれば何十万円も安くなることもあるので、詳しくは 文部科学省のサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

通信制高校のサイトや生徒のブログを調べる

通信制高校の教育方針は多種多様です。学校の公式サイトには校訓、教育方針などの記載があるので、必ず確認するようにしましょう。卒業後の生徒の進路についても詳しく紹介がある学校ならば、じっくりと調べてみたいところです。

さらに、その学校に在籍している生徒のブログなどを見つけることができれば、確認してみるのもおすすめです。学校側の意見だけではなく、生徒の生の声などもぜひ参考にしてみましょう。全日制高校の中には生徒のSNSやブログを禁止している学校もありますが、通信制高校にはそのような規制もほとんどないので、見つけやすいのではないでしょうか。

支援会に通信制高校について問い合わせる

高校中退者、高校中退を考えている人のための支援会というものがあるのはご存知でしたか? NPO高卒支援会 では、高校中退、不登校、引きこもりなどの子どもの救済をめざす活動を行っています。

高卒支援会のサイトを見てみると、通信制高校の鹿島学園の紹介などがあります。実際に通信制高校を卒業して、現在スタッフとして活動している大学生のサポートを受けることも可能です。どんな通信制高校があるのか、通信制高校での生活はどのようなものになるのか親子ともども気になるならば、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

まずは親の態度をどっしりと!高校中退でも通信制高校で未来はひらける!

子どもに急に「高校中退したい」といわれて、あわてない親はいません。しかし、いつまでも親の態度が不安定では、子どももますます不安になってしまうでしょう。ここは、現実をしっかりと受け止めて、子どもの気持ちとじっくりと向き合ってみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、受験を頑張って合格した高校かもしれません。親としては「中退してしまうなんてもったいない」という気持ちもあるでしょう。しかし、無理をして高校に通わせては、子どもをもっと傷つけてしまう可能性もあります。

高校中退しても通信制高校を利用して高卒資格を取得すれば、どんな大学にも入学できます。逆に、全日制高校をなんとか卒業したものの無理がたたって引きこもりに……ということもあるわけです。

高校は通過点にすぎません。どんな形であっても高卒資格さえ取得できればOKともいえます。大事なのは、そこから先の未来です。より良い進路をひらくことができるように、まずは親の態度をあらためることから始めてみませんか?

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら