高校中退したいという子どもに対しての親の対応

親子

子供に高校中退したいと言われたら?

高校を卒業するのは当たり前のこと。

そう思っていた自分の子供が、突然「中退したい」と言い出したら、親御さんはどうしますか?「どうして辞めたいの?」と聞いてみても、「肝心の理由について話してくれない」「説得しようと試みても、平行線を辿るばかり」。

むしろ「どうして高校に行かなきゃならないの!」「私の人生に口出ししないで!」などと反発されてしまうと、どう対応したらよいのか分からなくなってしまうことになってしまうのではないか思います。

子供の不安定さに次第に不安が押し寄せてきて、安易に中退に同意してしまう親も多いですが、「高校を中退して後悔した…」と振り返る若者も多く、簡単に結論を出せる問題ではありません。

「中退したい」はSOSのサイン!

「子供にとって中退することが本当にためになることなのか?」それを判断するためには、子供の事情を知らなくてはなりません。

とはいえ、子供に聞いてもなかなか要領を得る答えが返ってこないことが多いのが実情です。なぜなら、それは子供にとって中退したい理由を話すことは恥ずかしいことであり、普段、親に隠している自分の孤独感や劣等感などをさらけ出すことになるからです。

たとえば、仲の良い友達ができずクラスで孤立してしまい、学校にいる間一言も喋らない子供がいるとします。その子はあまり頭の良い方ではなく、学校の授業にもあまりついていけません。

そうすると、学校に行っても楽しいことが何もなく、授業も分からないので授業を受ける意味、参加している意味がないと思ってしまいます。しかし、それは子供にとっては恥ずかしいことと思い込んでいるので親に打ち明けることができず、ただ「高校を中退したい」「辞めたい」という声になってしまうのです。

このようなケースは決して珍しいことではなく、むしろ一般的といえるでしょう。

本当は悩みを打ち明けたい

たとえ子供が「中退したい」としか言わなくても、そこには子供の悩みや苦悩があります。悩みを抱えている子供は、恥ずかしいと思いつつも、自分の悩みを誰かに話しがっています。

ですので、早々に結論を出そうとせず、まずは親がじっくり話を聞く姿勢になること、それでも話してくれない時はカウンセラーに合わせてみるなど、子供が自分の悩みを打ち明けられる環境を用意することが大切です。

もしも、子供が信頼している人がいる場合は、その人を通して色々聞くという方法もあります。しかし、子供の相談相手として最初に選ばれるのは親である可能性が圧倒的に高く、相談したいというサインを見逃さないことが重要と言えます。

ひとりで溜め込んだ悩みは膨らんでいく一方

子供にとって「話を聞いてくれる大人がいる」ということは、大人が思っている以上に心強いことです。子供の抱える悩みや不安は日を追うごとに心の中で大きくなり膨らんでいくもの。「高校を辞めたい」と口に出した時点でもうその不安や悩みは破裂寸前だと言っても過言ではないでしょう。

「高校を辞めたい」と口に出すだけでも相当な勇気がいる行為です。決して軽はずみに言っていることではないということをまずは理解してあげることが重要。口に出すまでにどれほどの葛藤を心の中でしてきたのかを想像するだけで胸が痛くなります。

子供の本当の気持ちを理解するためには

子供がSOSを発信するのは、一番身近にいる大人である親になりますが、親では子供の本当の心情を理解することができない場合も多々有ります。

それは、子供が恥ずかしいという気持ちだけでなく、「親の期待を裏切ってしまうのではないか?」「迷惑をかけてしまうのではないか?」「自分の我儘で困らせてしまうのではないか?」という親への気遣いも悩みの内にあり、親としても子供の将来のことを考えて「高校くらいは卒業してほしい」「高校を辞めてしまったらこの子の将来はどうなってしまうのか?」という子供に対しての心配が交差してしまうからです。

心の中で思っていることをきちんとぶつけ合い、親子で解決することができるのであればそれに越したことはありませんが、なかなかそう上手くはいかないのが現状と言わざるを得ません。

そこで、頼もしい味方となってくれるのが、親ではない第三者的な大人の存在です。知り合いには話せなくても他人には何もかも話せるという人は少なくありません。これは大人であっても子供であっても同じこと。どうしても親子間のみで解決することができない場合には、前述したように専門のカウンセラーを活用することをおすすめします。

今後のことを決める

また、中退してどうするのか、ということも一緒に考えることが大切です。

中退後、何もしないで家にいるというわけにはいきませんから、家を出て行って自活してもらうか、働いてその一部を家に納めるのか、それとも高認試験を受けて大学などに通うのか、今後について相談することは非常に重要と言えるでしょう。

今後について話し合うと、「中退すると面倒だからやっぱり学校に通おう」と考え直す子供もいるかもしれません。親としては、最終的には子供の意思を受け入れざるを得ません。せめて子供が後悔しないよう、子供の悩みや人生について一緒に考えてあげることが必須なのです。

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら