岐阜の通信制高校ランキング

岐阜の通信制高校に関する情報

岐阜県の通信制高校

岐阜県にある通信制高校は、下記の通りです。

岐阜県の通信制高校 一覧

校名 住所
岐阜県立華陽フロンティア高等学校 〒500-8286 岐阜県岐阜市西鶉6丁目69番地
ぎふ国際高等学校 〒500-8856 岐阜県岐阜市橋本町3丁目9番地
城南高等学校 〒500-8238 岐阜県岐阜市細畑1-10-14
中京高等学校 〒487-8501 岐阜県瑞浪市土岐町7074-1
岐阜県立飛騨高山高等学校 〒506-0052 岐阜県高山市下岡本町2000-30

岐阜県の通信制高校は、県庁所在地である岐阜市の3校の他、瑞浪市、県北部の高山市に1校ずつあります。北部にある岐阜県立飛騨高山高等学校は、平成17年に岐阜県立斐太農林高等学校と岐阜県立高山高等学校を統合して設立されたと同時に、斐太農林高校の通信制普通科も編入しました。

岐阜県の東西部に通信制高校はありません。通学に関しては、県中央部から北部にかけてお住まいの方は高山市の学校へ、県東部にお住まいの方は瑞浪市の学校へ、県西部にお住まいの方は、通学方法や校風などを考慮し、県南部岐阜市にある3校の中から選ぶことができるでしょう。

岐阜県の通信制高校の状況

岐阜県の通信制高校の生徒数

文部科学省が実施する学校基本調査(平成28年度)によると、岐阜県内の通信制
高校の生徒数は公立で476人、私立で1,816人、合計で2,292人の生徒が通信制高校に所属しており、私立校の生徒数が多いのが特徴です。

うち、平成28年度の入学者数は公立で128人、私立で633人、合計で761人。

全国47都道府県で比較すると生徒数で24番目、入学者数では19番目と、全国の中でも比較的、通信制高校の生徒数は多い県と言えます。

岐阜県の不登校者数と不登校への対策

文部科学省の「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」によると、平成27年10月時点での岐阜県の中学校の不登校者数は1,793人。

1,000人あたりの不登校生数は29.6人、この数字は全国で12番目にあたります。

全国平均が1,000人あたり28.3人なので、不登校発生の状況としては全国的に見てやや多い県と言えます。

岐阜県では、こうした不登校生徒への対策の一環として、「不登校対策の手引き 心のキャッチボール」を作成し、県内の全ての教職員に配布しています。

不登校対策の手引き 心のキャッチボール

  1. 不登校及び不登校対策に対する正しい理解のために
  2. 不登校児童生徒のための機動力ある支援体制づくりを
  3. 新たな不登校を出さない日常の指導を
  4. 学校復帰につながった取組の事例
  5. 学校の緊急事態に備えて

将来の社会的自立に向けた支援策として、不登校児童生徒を登校させるだけを目標にするのではなく、1人1人の状況に応じた適切な対応が必要とした上で、学校・地域・家庭が連携協力した連携ネットワークを構築しながら、より効果的な支援を生みだすための体制づくりがとても重要だと提唱しています。

岐阜県の不登校問題 相談窓口

岐阜県では、不登校の子を持つ保護者に向けて、下記のような相談窓口を開設しています。

窓口 電話番号 対象、受付時間帯 詳細
エールぎふ
【岐阜市子ども・若者総合支援センター】
0120-43-7830
【E-mail】gifu-kodomo-wakamono@world.ocn.ne.jp
・0歳から成人前までの子ども・若者、保護者の方
・月~金 8:45~17:30
子育て全般、教育全般、発達障がい、不登校、非行、就学・就労などに関しての相談
子どもホッとダイヤル・子どもホッとメール 0120-43-1474
【E-mail】gifu43izime-nashi@soleil.ocn.ne.jp
・児童生徒
・月~金 8:45~17:30
いじめ・不登校など子どものあらゆる悩み相談
岐阜県飛騨子ども相談センター 0577-32-0594
【E-mail】c22304@pref.gifu.lg.jp
・児童生徒
・月~金 8:30~17:15
不登校など、子どもが抱えているあらゆる悩みごとの相談

不登校問題における通信制高校の役割

不登校の生徒数は増加傾向

全国の中学校における不登校の生徒数は、平成3年度には54,172人でした。この数字が、平成27年度には98,428人と、約1.8倍まで増加しています。

不登校の定義と問題点

「平成15年3月 不登校問題に関する調査研究協力者会議報告」の中で、不登校問題の解決目標と問題点を下記のように説明しています。

  • 不登校の解決の目標は将来の「社会的自立」
  • 不登校の問題は「心の問題」のみならず「進路の問題」

社会との接点を失い、受けるべき教育を受けられなくなること、そうした社会経験・学習機会の喪失が将来的な精神的および経済的自立に影響しうることは、不登校の生徒にとって共通する懸念です。

不登校生徒に対する通信制高校が持つ役割

通信制高校は、こうした懸念を持つ不登校生徒に対して、より生徒の個性に合わせた形で、社会経験・学習機会を与える役割を担っています。

通信制高校であれば、一人ひとりに合ったペースで学習を進めることができます。登校の必要がないため、生徒自身が自分の関心のあるスポーツや芸術といった分野に時間をあてることも可能です。ストレスやプレッシャーの少ない生活環境を保ったまま、高校卒業資格を取得し、将来の大学進学の道を開くことができます。

岐阜県の通信制高校、まずは資料請求を!

このページでは岐阜県で通学できる通信制高校を多数ご紹介しています。

不登校生徒が増大する社会状況も背景に、通信制高校のカリキュラム・プログラムも多様化しています。まずは、どんな学校があるのかをチェックし、気になる学校があれば、まずは資料請求してみることをお勧めします。

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら