通信制高校に進んで後悔しないために!自分に合った学校の選び方

後悔

高校中退者が後悔する時とは?

いじめ、人間関係のトラブル、勉強に追いつけない……などの理由で高校中退を考えている人もいるでしょう。しかし、次のような「後悔」を抱える高校中退者も少なくないので、慎重に行きたいところです。

就職の難しさに直面して後悔する人も多い

高校中退して「とりあえずアルバイトでも探してみよう」となった時、アルバイトでさえなかなか求人がないことを知り愕然とすることは多々あります。まして、正社員として高校中退者を雇ってくれる企業はほんの一握りです。

運良く就職できたとしても、高校中退ではどうしても職種も限られます。いわゆる「危険・汚い・きつい」「帰れない・給料安い・きつい」などの3K職種しかないといっても過言ではありません。

高校中退では進学できずに後悔

「高校中退でもきちんと大学を卒業すれば、最終学歴は大卒だから問題ない」と、考えている人もいるかもしれません。しかし、高校中退のままでは、そもそも大学を受験する資格すらないということはご存知でしたか?

大学だけではなく専門学校も、高校卒業資格がなければ入学できないところがほとんどです。高校中退のままでは就職だけではなく進学にも支障をきたすのは事実で、まさに後悔しても仕切れないという状態に陥ることも少なくありません。

高校中退しなかったことを後悔することも

以上のように高校中退は将来にさまざまな影を落とすものです。しかし、だからといってつらいいじめを我慢し続けて学校にとどまることが正解とはいえません。そうすることで、心身に不調をきたし、自分自身を壊してしまっては、未来は完全に閉ざされてしまうでしょう。

実際に「あの時に高校中退していれば良かった」と、後悔している人もいます。要するに、高校中退しても進学や就職に悪影響を及ぼすことがなければ良いわけです。たとえば、通信制高校を利用するという選択肢があることはご存知でしたか?

通信制高校ってどんな学校?

最近、芸能人やスポーツ選手が利用していることもあり、ニュースなどでも取り上げられることが多くなった通信制高校。高校中退して「勉強を続けたかった」と、後悔している人にもおすすめですが、具体的には通信制高校とはどのような学校なのでしょうか。

通信制高校は自学自習がメイン

全日制高校や定時制高校は毎日学校に登校することが前提になっています。小学校や中学校の一斉授業になじめなかった人の中には「一斉授業は義務教育だけでたくさん」という人もいるでしょう。

一方、通信制高校は一斉授業ではなく自学自習がメインになっています。自宅で自分のペースで勉強を進めることができて、クラスメイトとの人間関係にわずらわされることもありません。「学校は嫌いだったけど勉強は続けたかった」と、後悔している人にもおすすめです。

通信制高校は学年制ではない!

通信制高校は全日制高校や定時制高校とは違って学年制ではありません。そのため、単位が足りなかったからといって留年することもないのです。

「もう一度、高校で勉強したいけど、ひとつ下の学年に編入するのはちょっと……」と、考えている人も、通信制高校ならば心配ありません。頑張り次第では同学年の人たちと同じタイミングで高校を卒業することも十分に可能なのです。

通信制高校なら高等学校卒業資格を取得できる

高校中退した後に、高卒認定試験いわゆる高認合格を目標に勉強を続けるという方法もあります。確かに高認を経由して大学や専門学校に進学する道もあるでしょう。

しかし、高認は高卒資格ではないので、もし大学受験などに失敗すれば最終学歴は中卒となってしまうリスクがあります。一方、通信制高校ならば高等学校卒業資格をしっかりと取得できるので安心です。

専門的な勉強もできる通信制高校

通信制高校では高校課程の勉強以外にも専門的な勉強をすることができるというのも魅力のひとつです。たとえば、調理師や美容師の免許を取得できる通信制高校もあります。

全日制高校から調理師や美容師を目指すには、卒業後にあらためて専門学校に進学しなければいけません。しかし、通信制高校ならば10代のうちに調理師や美容師として就職することも夢ではないのです。

ユニークな勉強もできる通信制高校

通信制高校で学べる専門分野は調理や美容だけではありません。プログラミングやCG、AIなどを学べる通信制高校もあるので、将来はIT関連企業に就職したい人にもおすすめです。

その他、声優、アニメーター、イラストレーター、漫画家などになるためのコースが用意されていることもあります。実際に仕事にするのは難しいかもしれませんが「憧れの世界を少しののぞいてみたい」という人も、楽しく学ぶことができるでしょう。

自分に合った通信制高校を選ぶには?

時には高校課程を越えた内容を勉強できることもある通信制高校。個性的な学校が多いからこそ、自分にピッタリのところを間違いなく選択したいところです。後悔しない通信制高校選びのポイントを紹介します。

毎日通える通信制高校にする!

マイペースで勉強できる通信制高校ですが「1人で勉強を続けられるか心配」という人もいるでしょう。そんな時には、できるだけ登校日が多い通信制高校がおすすめです。

通信制高校の中には全日制高校のようにほぼ毎日通学できるようになっているところもあります。かわいい制服が選べるなど「高校生生活を楽しみたい!」という願いを叶えることもできるでしょう。勉強でわからなくなったところもすぐに質問できるので安心です。

通信制高校にサポート校をプラスする

学習面での不安が大きい人は、通信制高校だけではなくサポート校を併用するのもおすすめです。サポート校とは通信制高校での勉強をサポートする補習塾のようなものになります。

通信制高校は自分のペースで勉強できるのがメリットではありますが、つい気を抜いてしまうと「卒業に3年以上かかってしまった」ということにもなりかねません。「全日制高校の同級生に遅れを取りたくない」という人は、ぜひサポート校の併用も検討してみてはいかがでしょうか。

登校日は年に数日の通信制高校にする!

高校中退した人の中にはいじめなどの理由で学校生活に良いイメージを持っていない人もいるでしょう。そんな時は、できるだけ登校日が少ない通信制高校がおすすめです。

通信制高校の中には年に4日程度しか登校日がないところもあります。しかも、リゾートホテルに宿泊してというスタイルのところも少なくありません。通学に抵抗がある人でも楽しく過ごせるのではないでしょうか。

登校日ゼロの通信制高校はない

通信制高校を選ぶ際に「まったく登校せずに卒業できる学校はないだろうか」と、探す人もいるでしょう。しかし、残念ながら登校日ゼロの通信制高校はありません。

なぜならば、高校卒業のための要件としてホームルーム、クラブ活動などの特別活動30単位時間を取得しなければいけないからです。最近ではeラーニングなどを活用してできるだけ登校日を少なくしている学校も増えてきていますが、どうしても年に4日程度の登校日は必要になります。

高校卒業後の進路を見据えて通信制高校を選ぶ!

通信制高校を卒業した後に大学に進みたいと考えているならば、やはり、大学受験のためのコースがあるところが良いでしょう。一般的な通信制高校では基礎レベルの勉強に重点が置かれていて、大学受験には物足りないことも少なくありません。

一方、卒業後は就職を考えているならば、資格取得を目指すコースが設置されている通信制高校も良いでしょう。とくに「将来は転職などをせず、安定した職業に就きたい」と考えているならば公務員コースもおすすめです。

後悔しない通信制高校選びは将来のビジョンを持つことから!

通信制高校と一口に言ってもさまざまな学校があります。調理師や美容師の資格を取得できるコースもあるなど、全日制高校や定時制高校と比較して個性が非常に豊かです。それだけに、自分に合った通信制高校を選ぶことがいっそう大事なのは言うまでもありません。

通信制高校を選択する際には、それぞれの学校の特色を調べるのももちろん欠かせません。しかし、それ以上に忘れはいけないのは「高校卒業後に自分はどうしたいのか」という点です。

高校中退すべきか悩んでいたり、すでに高校中退してしまって進学も就職もままならない現実に直面していたりで「将来のことなんて、まだ考えられない」という人もいるかもしれません。確かに、苦しみの渦中にあっては今現在のことをどうするかでいっぱいになってしまいがちなものです。

でも、だからこそなおのこと、将来に思いをはせてみることをおすすめします。違う視点から物事を考え直してみると、悩み事が小さく思えてくることもあります。少しでもより良い未来をつかみとるための努力を始めてみませんか?

高校卒業後にどうしたいかによって、最適の通信制高校は異なります。「手に職をつけて働きたい」「安定した職業につきたい」という人もいれば、大学や専門学校に進学したいと考えている人もいるでしょう。どんな夢でも叶えるための最適ルートがあるはずです。後悔しない通信制高校選びのためにも、まずは将来のビジョンを持つことから始めてみてはいかがでしょうか。

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら