高校中退しても通信制高校で高卒資格を取得できる!

スクールライフ

高校中退に至るまでにはさまざまな物語がある

バラエティ番組「アメトーク!」の高校中退芸人特集は、ブログやニュースサイトなどでも大反響でした。今でも動画サイトで閲覧できるようになっているようです。「アメトーク!」の出演者たちが、1人として同じ理由で中退していたわけではない点も興味深いところです。それぞれの高校中退に至るまでの物語を簡単に紹介しましょう。

千原ジュニアが高校中退するまで

千原ジュニアは進学校として有名な中高一貫校に通っていました。しかし、中学時代に勉強中心の学校生活に嫌気が差して登校拒否となり、引きこもり生活を開始します。

引きこもり中に、よしもとクリエィティブカレッジに通う兄・千原せいじに作らされたネタがよしもとの生徒たちに大ウケ。「俺にはこれしかない」と、1日も登校することのないまま高校を中退したそうです。

高校中退芸人・紺野ぶるまの場合

私立の女子校に通っていた紺野ぶるまは、ギャルファッションが好きで中二病的な行動も多い個性的な不良でした。高校2年の2学期に「次に問題を起こしたら退学」といわれていたにもかかわらず、寝坊しておでんを食べながら登校しているところを校長に見つかってしまいます。そこで校長先生にあやまるどころか、おでんの汁をまいたことから中退決定となりました。

高校退学後は通信制高校に進学。全日制高校時代よりも自由な時間が増えたので、モデルやタレントのオーディションを受けることにしました。そのような流れの中でお笑い芸人としてデビューすることになったのです。

定時制高校中退のEXIT兼近

イケメン芸人として人気のEXIT兼松ですが、じつはとても貧しい家で育ちました。妹を高校進学させるための費用を稼ぐのに、定時制高校に通いながら新聞配達や建築関係の仕事をかけ持ちする毎日だったそうです。

仕事帰りにきちんと授業に出ていたものの「学校にあるすべてのトイレを内側からカギをかける」といういたずらをして、停学処分になってしまいます。そのまま自主退学したそうですが、これがもし通学がほとんど必要ない通信制高校だったらこんなことはなかったのではないでしょうか。

高校中退のままではなぜ困るのか?

「アメトーク!」に登場した高校中退芸人の皆さんは、話芸の面白さもあり、あまり困っていないように見えたかもしれません。それは、学歴不問の仕事で成功したからです。こういった特殊なケースをのぞけば、実際のところ高校中退のままでは困ることも少なくありません。

人間関係が希薄になりがちな高校中退

学校に毎日通っていれば誰かと多少なりともコミュニケーションをとることもあるでしょう。親しい人がいなくても、とりあえず、何らかの人間関係を築くことはできます。

中退をした後も、高校時代の友達とLINEなどでやり取りすることもできるかもしれません。しかし、家で何もせずに過ごしていては、充実した高校生活を過ごしている友達に対して劣等感や疎外感を感じることも多いでしょう。そして、連絡をほとんど取らなくなり、人間関係が希薄になりがちなのもまた事実なのです。

高校中退では大学が受けられない!

大学や専門学校に進学を希望していても、高校中退では受験することができません。大学はもちろん専門学校でも入学資格として「高校卒業もしくは同等以上」を掲げていることがほとんどです。また、調理師、保育士、介護福祉士などの国家資格も高卒でなければ取得できません。

もし、受験資格を得たいならば高卒認定試験を受けるというのもひとつの方法です。しかし、ここでひとつ注意したいのは高卒認定試験が認定するのは学力だけという点。つまり、高卒という学歴を得られるわけではないのです。

就職に不利な高校中退

高校を中退すれば、最終学歴は中退です。高校進学率がほぼ100%という時代ということもあり、中卒採用はほとんどありません。まれにある高卒OKの求人は単発のアルバイト等で、なかなか安定した職に就くこともできないでしょう。

収入が不安定では、家庭を持つこともためらわれます。「将来は結婚して子どもを育てたい」といった夢を持っているならば、男女問わず、どうにかして高卒資格は取得しておきたいところです。

高校中退者には通信制高校がおすすめ?

以上のように高校中退のままでは、将来的にさまざまな困難が予想されます。「かといって、別の全日制高校に編入するのは嫌」という人も多いでしょう。そんな時にぜひおすすめしたいのが通信制高校なのです。

通信制高校ならば高校中退者も気持ちよく再スタート!

違う全日制高校へ再入学する場合、タイミングによっては1学年下に編入しなければいけないこともあります。年下のクラスメイト、同じ勉強の繰り返し……と、気持ちが滅入ってしまう人もいるでしょう。

しかし、単位制の通信制高校はそもそも「学年」で区切られていません。また、全日制高校で取得した単位はそのまま引き継がれるので、同じ勉強の繰り返しということもありません。通信制高校ならば、ポイティブに課題に取り組むことができそうです。

通信制高校ならば自分のペースで勉強できる

留年をきっかけに全日制高校を中退した人もいるでしょう。なかには「たった1科目の単位が取得できなくて進級できなかった」と悔しい思いをしている人もいるかもしれません。

一方、そのような心配がないのが通信制高校です。自分のペースで高校課程74単位を習得すれば、留年することなく卒業できます。さらに、中退する前に全日制高校で取得した単位はそのまま継続可能なので「あともう少しで卒業できたのに……」という人こそぜひ、通信制高校を活用してみてはいかがでしょうか。

全国どこの通信制高校でも入学できる

全日制高校や定時制高校は通学可能な範囲から選択するしかありません。「家の近くに気に入った学校がない」という場合もあるでしょう。そもそも、妥協して入学したために中退することになってしまった人もいるのではないでしょうか。

通信制高校ならば、全国から生徒を受け入れているところも少なくありません。もし、遠方の通信制高校でも気に入った学校があるならば、入学することもできるのです。通信制高校でもスクーリングと呼ばれる登校日はありますが、年に数日の合宿形式で行っている学校を選択すれば問題ないでしょう。

通信制高校を卒業するのは難しい?

通信制高校でせっかく再スタートを切ったならば、今度こそきっちりと卒業したいものです。しかし、家庭での自学自習が中心となるだけに「きちんと勉強できるか不安」という人もいるでしょう。無事に卒業するにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。

通信制高校を卒業するための条件

通信制高校を卒業するには、次の3つの条件を満たす必要があります。

・3年間在籍
通信制高校を卒業するには、少なくとも3年間は在籍していなければいけません。ただし、中退した高校の在籍年数を引き継げます。つまり、同級生に遅れをとることなく卒業することも可能です。

・74単位以上を取得
文部科学省が定める高校課程の必修科目を履修して、最低でも74単位を取得しなければいけません。

・年に10時間以上の特別活動参加
特別活動とはホームルーム、生徒会活動、学校行事などのことです。スクーリングでまとめて単位を取得できるようになっている通信制高校も少なくありません。

通信制高校の単位取得はレポートが決め手

通信制高校でも定期テストはありますが、全日制高校ほど重視されてはいません。単位取得を大きく左右するのはレポート提出です。「レポート」といっても特別な内容が求められるわけではありません。学校によっては穴埋め形式になっていることもあり、クリアすることは特別難しいことではないのです。

かつては郵便での提出でしたが、最近ではインターネットでOKという学校が増えています。スマホでレポートを作成して提出している生徒もいます。スマホならば隙間時間を利用していつでも勉強できますし、コツコツ取り組んでみてはいかがでしょうか。

確実に卒業したいなら私立通信制高校がおすすめ

文部科学省の「通信制高校に学ぶ生徒の現状と課題」によれば、公立通信制高校の中退率が45%なのに対し、私立通信制高校ではわずか5%になっています。「今度こそ中退しなくない」と、考えるならば私立通信制高校を選んで正解といえるでしょう。

このような違いがあるのは、私立通信制高校はサポート体制が充実しているためと考えられます。とくに「自主学習ではモチベーションを保てるか心配」という人は、しっかりとサポートしてくれるコースを選択するようにしてはいかがでしょうか。

高校中退したら通信制高校での再スタートがおすすめ!

高校中退に至るまでには、さまざまな理由があるでしょう。いじめ、学力不振などが原因ということももちろんあるでしょうし、一言では表現できない問題を抱えていることもあるかもしれません。

それでも、今では「アメトーク!」のようなバラエティ番組で高校中退芸人が何人も集まるほど、思ったよりも多くの人が経験しているものです。すでに高校中退して、肩身が狭い思いをしている人もいるかもしれませんが、堂々と胸を張りましょう。

ただ、高校卒業資格だけは取得しておいた方が、これからの人生が生きやすいことは間違いありません。高卒認定試験では大学などの受験資格が得られるだけで、高卒資格は取得できない点に注意してください。高卒資格を取得したいならば、おすすめは通信制高校です。

通信制高校での勉強はレポート提出が中心になります。レポートといっても難しいものではなく、学校によっては単元チェックのような簡単なテスト形式になっていることさえあるほどです。ただ、卒業のための74単位を取得するにはペース配分などにも気をつけなくてはいけません。サポート体制が整った私立の通信制高校を選択してはいかがでしょうか。まずは資料請求をして情報を集めることをおすすめします。

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら