通信制高校で高校卒業資格を取得する!学費が安いのも魅力!

卒業証書

通信制高校で高校卒業資格を取得できる?

通信制高校は自宅学習で高校課程の勉強ができることが魅力です。しかし「登校しないのに本当に高校卒業資格を取得できるの?」と、思う人もいるかもしれません。そんな不安にお答えします!

通信制高校は高校卒業資格を取得できる!

通信制高校は毎日学校に通うスタイルでこそありませんが、全日制高校、定時制高校とならぶ高等学校の一形態です。したがって、通信制高校を卒業すれば、最終学歴は「高卒」ということになります。

中学卒業後の進路が決まらずに「このままでは最終学歴が中卒になってしまう」と不安に思っている人もいるでしょう。また、高校を中退してしまい「大学受験、どうしよう」と悩んでいる人などにも、通信制高校はおすすめなのです。

通信制高校を卒業するのに必要な条件とは?

卒業すれば「高卒」と認定される通信制高校ですが、全日制高校や定時制高校のように入学してから一学年ずつ進級して行けば自然と卒業できるというものではありません。通信制高校を卒業するには、次の3つの条件を満たす必要があります。

■最低でも3年間在籍している
■74単位を取得している
■特別活動30単位を取得している

特別活動とはホームルーム活動、体験学習などの体験学習、生徒会活動などのことです。スクーリングと呼ばれる登校日に実施されることになります。

登校日の設定は通信制高校ごとにかなり異なります。ほとんど毎日登校できる学校もあれば、一年のうち5日程度集中して通えば良いところもあります。自分の希望にマッチしたスクーリングを行っている学校を選択すれば、あまり負担に思うこともなく特別単位を取得することができるでしょう。

通信制高校でも同級生に遅れず卒業できる?

通信制高校でも全日制高校や定時制高校に通う同級生に遅れをとらずに卒業することは十分可能です。たとえば、中学卒業後の進路として通信制高校を選択したとしても、3年後に必要な単位をすべて取得していれば晴れて卒業ということになります。

また、全日制高校や定時制高校を退学して途中から通信制高校に入学したとしても、同級生に追いつくことは可能です。なぜならば、通信制高校では、全日制高校や定時制高校に通っていた期間、単位などが引き継がれてカウントされるからです。また、通信制高校ならば一年中いつからでも編入・転入することもでき、空白時間ができる心配もありません。

一方、全日制高校や定時制高校への編入・転入となったら、一学年下から始めなければいけないことも少なくありません。学年制を採用しているため仕方ないことではありますが、もし、同級生と同時に卒業したいと考えているならば、学年制ではなく単位制の通信制高校を選択してはいかがでしょうか。

通信制高校は3年で卒業できないこともある?

通信制高校は卒業の要件として、最低でも3年間在籍している必要がありますが、それは「3年間在籍していれば自動的に卒業できる」という意味ではありません。

もし、3年で卒業したいとなったら、その間にきっちりと単位を取得することが必須条件です。学年制ではないだけに、一年間で何単位を取得すれば3年で卒業できるのか自分で計算し、努力していかなくてはいけません。

通信制高校には、卒業までに3年以上かかる人、何年も在籍していながらついに卒業できない人がいるのも事実です。もし、3年きっかりで卒業したいならば、サポート体制の整った私立の通信制高校を選択することをおすすめします。

「高認」よりも通信制高校卒業がおすすめ?

高校を卒業せずに大学を受験するには「高認」を取得するという選択肢もあります。これは、通信制高校の卒業を目指すのとはどう違うのでしょうか。

「高認」では高校卒業資格は取得できない

通信制高校を卒業すれば、自動的に高卒資格を取得することができました。しかし「高認」は高卒資格として認められないというのはご存じでしたか?

「高認」「高卒認定」などと呼ばれる「高等学校卒業程度認定試験」ですが、これはあくまでも高校を卒業した人と同程度の学力があることを認定するものに過ぎません。

もちろん「高認」に合格すれば、大学、短大、専門学校、各種国家試験の受験資格を得ることができますし、採用試験の際に評価されることもあります。しかし、万が一の場合は最終学歴が中卒となってしまうリスクもゼロではないのです。

「高認」は通信制高校以上に大変!

「高認」では全部で14科目に合格しなければいけません。もし、全日制高校や定時制高校ですでに多くの単位を取得していたり、英検などの技能検定試験に合格していて、免除される科目がいくつかあるならば「高認」にパスするのは難しくないでしょう。

しかし、これから14科目すべてに合格しなければいけないとなると、通信制高校を卒業する以上に大変です。とくに高校に進学しなかった、あるいは高校一年生の早い時期に中退してしまったというような場合は「高認」よりも通信制高校卒業を目標とした方が賢明と言えるでしょう。

通信制高校を卒業するまでにかかる学費は?

自力で「高認」を目指すのではなく、通信制高校に進んだ方が良いことはわかっていても「学費が気になる」という人もいるでしょう。しかし、通信制高校は学費面でも心配することはありません!

通信制高校の学費はリーズナブル

通信制高校は公立と私立があり、公立は基本的に週に何度かスクーリングのある通学型になりますが、私立は通学型と自宅学習型があります。いずれのコースにしても、学費はあまりかからないことが特徴です。

初年度にかかるおおよその費用
公立 約3万円
私立(自宅学習メイン) 約26万円~約43万円
私立(通学メイン) 約50万円~約115万円

通学型を希望しているならば、公立通信制高校の方が圧倒的に授業料も安くねらい目と言えます。それだけに希望者が殺到することもあり、まれに定員オーバーになってしまうこともあるので注意が必要です。

もっとも通信制高校を希望している人の多くは、学校での一斉授業はあまり望んでいないかもしれません。それならば、私立の自宅学習型の通信制高校で十分とも言えます。なかには「学費が安い公立は魅力的だけど、登校日が多いのは嫌だ」という人もいるでしょう。

私立の通信制高校は就学支援金制度を利用して!

もし、学費だけがネックになっていて私立の通信制高校を選べずにいるならば、就学支援金制度を利用するのもひとつの方法です。この制度を使えば一年あたり、通常では118,800円、世帯収入によっては最大237,600万円もの授業料低減を受けることができます。

せっかく通信制高校で勉強をしようと思ったのに「登校日が多すぎる」という理由で挫折してしまっては元も子もありません。もし、私立の通信制高校に自分が続けられそうな学校を見つけたならば、ぜひ就学支援金制度を使ってみてはいかがでしょうか。

通信制高校を卒業するのに何が必要?

通信制高校の学費はおおむねリーズナブルです。とくに公立の場合、何年も在籍していても傷みを感じない金額とも言えます。しかし、それがかえって仇となり「何年も在籍しているのに卒業できない」という事態を招いてしまうことも。通信制高校をきちんと卒業するには何が必要なのでしょうか。

通信制高校は自主性がないと卒業できない!

通信制高校は全日制高校や定時制高校のように時間割がありません。自宅学習ではいつ何を勉強するかはすべて自分次第です。ついサボりたくなってしまう日でも、きちんと自分を机に向かわせることができるかどうか、自主性が大いに問われます。

全日制高校や定時制高校のように進級のプレッシャーがないかわりに「気づいたら3年間でほとんど単位が取れていなかった!」ということにもなりかねません。とくに3年で卒業したいと考えるならば、単純計算しても1年に約25単位は取得する必要があります。自分なりに目標を立ててコツコツ努力するようでなければ卒業
は難しいと言えるでしょう。

通信制高校は目的意識がないと卒業が難しい

「学校に毎日通っていたら、なんとなく卒業できてしまった」という例も、全日制高校や定時制高校ではめずらしくありません。一方、通信制高校は、なんとなく勉強しているだけでは卒業は難しく、つねに目的意識を持っているかどうかを問われます。

たとえば「3年で卒業して同級生と同じタイミングで大学に進学したい」というような目的をしっかりと持っていれば、通信制高校を卒業することは難しくありません。モチベーションを維持するのが大変な日もあるかもしれませんが、チャレンジしてみる価値は大いにあるとも言えるでしょう。

通信制高校を卒業すれば未来が拓ける!

通信制高校を検討している人の中には、不登校や引きこもりを経験して、自分の将来に不安を感じている人も多いかもしれません。しかし、通信制高校をきちんと卒業すれば必ず未来は拓けます。

たとえば、大学受験に必要な高校卒業資格も、通信制高校で何の問題もなく取得できます。通信制高校の中には大学受験のためのコースを設置しているところもあり、高卒資格取得だけではなく受験対策もしっっかりとしてくれるので安心です。

また、大学進学は希望していないとしても、就職に際して中卒と高卒とでは求人数が圧倒的に違います。何はともあれ、高卒資格だけは取得しておいた方が良いでしょう。通信制高校一覧から自分に合っていそうな学校を選択して、まずは資料請求などをしてみてはいかがでしょうか。

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら