通信制高校と定時制高校、どちらが自分に向いてる?入学試験や学習環境の違いについて

考え事

全日制高校・定時制高校・通信制高校の違いとは?

高校というと多くの人がまず全日制高校を思い浮かべるでしょう。確かに全日制高校の在校生・卒業生が大多数かもしれません。

しかし、じつは定時制高校、通信制高校という学び方もあります!

全日制高校だけにこだわらず、時には「本当に自分に向いているスタイルは?」と、若い時期に考え直す機会を得ることは、けっして無駄にはなりません。

全日制高校、定時制高校、通信制高校にはどのような違いがあるのでしょうか。

全日制高校の特徴

全日制高校では、午前8時頃に登校してお昼休みをはさんで15時頃に下校するスタイルが一般的です。月曜から金曜または土曜まで毎日登校し、1日6コマ程度の授業があります。基本的に3年制ですが、進級テストが厳しい高校では留年のため卒業までに3年以上かかることもあります。

放課後は部活動が推奨されている学校も少なくありません。同年代の生徒同士で青春を謳歌するというのが理想なのかもしれませんが、現実には難しい人間関係に直面することもあります。

高等学校は義務教育ではないので、入学するには試験に合格しなければいけません。全日制高校の入学試験は公立ならば5科目、私立ならば3科目で受験できる学校もあります。新学期は4月にスタートし、転入や編入の多くは、学期末や年度末などの決まった時期がほとんどです。

初年度に必要な費用は公立ならば25万円ほどですが、私立では75万円以上ということも。保護者の負担はけっして小さくないと言えるでしょう。

また、学習制度は基本的に学年制で教師による一斉授業が一般的です。個別授業はもちろん、専門分野をさらに深く勉強したいといった個人的な体験は、スーパーサイエンスハイスクールでもない限りめったに経験できません。

定時制高校の特徴

定時制高校の最大の特徴は、夜間などの時間帯に授業を受けることができるという点です。全日制の高校によって運営され、昼間の生徒が下校した後に授業が行われるというのが一般的です。授業は平日の夕方から1日4時間程度行われます。卒業するには74単位以上を取得しなければならず、最短コースとされる3年以上在籍する人も少なくありません。

定時制高校は昼間働いて夜通学するという生活も可能です。実際、そのような毎日を過ごしている人が大半です。また「高校に通い直したい」という目的の人もいて、さまざまな経験をしてきた幅広い年齢層の人に出会えるのが魅力と言えます。

定時制高校にも入学試験はあり、国語、英語、数学などの学科試験と面接などが課せられます。新学期は4月で、転入や編入は基本的には学年末や年度末ということになるでしょう。

初年度に必要な費用は公立ならば7万円ほどですが、私立では50万円以上かかるということもあり、けっして安いとは言えません。

また、全日制高校同様に教師による一斉授業が基本です。個別授業や専門分野をさらに深く勉強するようなことはできません。

通信制高校の特徴

通信制高校とは通信教育をメインとしている高校のことです。生徒は学校から送られてくる課題を提出し、教師がそれを添削して送り返すという勉強スタイルです。最近ではインターネットを活用したシステムを採用している学校がほとんどです。郵送でのやりとりではなくなった分、よりタイムラグのない学習ができるようになりました。卒業するにはレポート、単位認定テスト、スクーリングによる面接指導などをパスしなければいけません。

通信制高校の魅力は、自分の好きな時に勉強できるということでしょう。年5日程度の登校、月2回程度の一斉動画授業などがある場合もありますが、基本的に何曜日に何時間勉強するかは自分の計画次第です。インターネットで視聴できる1コマ45~60分程度の授業が用意されていたとしても、それをいつ閲覧するか自分で決めることができるのです。マイペースで学習できますし、生徒同士の人間関係でわずらわしい思いをする心配はないと言って良いでしょう。

入学試験は書類選考、作文、面接などになります。新学期は基本的に4月または10月ですが、通年入学可能な通信制高校もあります。また、転入・編入は随時受け付けています。

初年度に必要な学費は公立で5万円、私立で25万円からと、全日制高校、定時制高校と比較して最もリーズナブルなのが通信制高校の大きな特徴です。

さらに、通信制高校ならば基本的にすべて個別授業と言えますし、専門分野の勉強を進めることもできます。学問だけではなく、芸能、アート、美容関係の授業を受けられる通信制高校もあります。年々増加傾向にある通信制高校ですが、学校によってさまざまな特色があり、生徒一人一人に寄り添ったサポートをしてくれることが好評です。いろいろな状況の生徒を受け入れ可能ということもあり人気が高まっています。

定時制高校と通信制高校はまったく違う!

以上のように全日制高校、定時制高校、通信制高校はそれぞれに特色がありますが、いずれも高卒の資格を取得できることには変わりはありません。高校卒業資格を得るためには、何らかの事情で全日制高校に通学するのが難しくなった場合、定時制高校または通信制高校に入学し直すというのはひとつの方法です。

しかし、ここで注意しなければいけないのは、定時制高校と通信制高校は人によって向き・不向きがかなり大きいという点です。どちらも大差ないと勘違いして、あまり考えずに選択してしまい、勉強を続けるのが難しくなってしまった……という例も少なからずあります。まずは、自分がどちらに向いているのかしっかりと見極めるようにしなければいけません。

勉強がどちらかというと苦手なら定時制高校で刺激を!

「勉強はあまり好きではない」「勉強はどちらかというと苦手」という意識が強く、なおかつ「学校の人間関係は苦痛ではない」というタイプならば、定時制高校がおすすめです。

環境を整えないと勉強が進まない人向け

定時制高校は基本的に月曜日から金曜日まで授業があり、毎日学校に通わなくてはいけません。逆に言えば、学校に通いさえすれば、嫌でも勉強する時間を確保できるということです。「自宅にいるとついダラダラしてしまい勉強ができない」そんな悩みを抱えているならば、とにかく自分を机に向かわせる環境に置くことが第一です。

卒業のためには、きちんと毎日出席しているのはもちろん、定期テストで合格点を取る必要があります。分からないところは先生やクラスメイトに質問するなど、行動力も求められます。ただ、定時制高校は基本的に4年制なので、全日制高校よりもゆっくりめのペースで勉強することができるとも言えます。働きながら学ぶ人も無理なく学習を続けることができるのではないでしょうか。3年で卒業することも可能ですが、その場合は履修科目を多くしてハイペースで単位を習得するようにカリキュラムを組み立て直さなければいけません。

人間関係の問題が発生するリスクはゼロではない

定時制高校は全日制高校が夜間になったようなもので、働きながら勉強することもできるように授業の進度はややゆるやかです。これまで、勉強を苦手に感じていた人も、授業についていくことができるかもしれません。また、同じように勉強を頑張る仲間が心の支えになることもあるでしょう。全日制高校のように同じ年齢のクラスメイトだけではなく、多種多様な人と出会う機会もあります。

確かに、誰かと一緒に勉強することは励みになるかもしれません。しかし、面倒な人間関係に巻き込まれる可能性もあります。もし、そもそも人間関係から不登校になり、全日制高校をやめた経験があるならば、定時制高校は必ずしも向いているとは言えないかもしれません。そういったタイプならば、余計なことにわずらわされない通信制高校を検討してみてはいかがでしょうか。

人間関係にわずらわされずマイペースで勉強したいなら通信制高校!

通信制高校はインターネットなどを介して教師とやりとりし課題を提出する通信教育が基本です。スクーリングと呼ばれる投稿日もありますが、年に数日ほどなので、ややこしいクラスメイトとの人間関係が発生するリスクはまずありません。

1人で勉強できる人に向いている

「ほとんど学校に通わずに卒業できるなんて楽!」と、勘違いされることも多い通信制高校ですが、それは間違いです。学校に行く=勉強する、と考えているとそのような誤解をしがちかもしれません。しかし、通信制高校にも単位認定試験があり、卒業するにはしかるべき単位を卒業する必要があります。単位を取得しない限りはいつまでたっても卒業することができないのです。

したがって、たとえ通学しなくても自分でコツコツ学習を進めることができる人に向いていると言えるでしょう。逆に言えば、学校の勉強以外のゴタゴタに巻き込まれることなく、勉強に思いっきり集中できるということでもあります。

いじめ等で不登校になった人にもおすすめ

いじめというのはいじめる側に100%原因があります。いじめを受けて学校をやめてしまい「本当はもっと勉強したかった」と、思っている人もいるかもしれません。時には、いじめた側が平気な顔で学校に通っていることに対して腹が立つ日もあって当然です。

しかし、ここは気持ちを切り替えて通信制高校で勉強を再開してみてはいかがでしょうか。高校卒業資格を取得すれば、大学進学への道も開けます。通信制高校では他高校での在籍期間も合わせて最短で3年で卒業することも可能です。頑張り次第で、今からでも人生を挽回することはできます。ぜひ、チャレンジしてみませんか?

仲間と学ぶ定時制高校VS勉強に集中できる通信制高校

いかがでしたでしょうか。全日制高校、定時制高校、通信制高校と、高校卒業資格を取得するための道はひとつではありません。なかでも通信制高校は全日制高校、定時制高校と違って「学校」という空間が苦手だった人でも、勉強だけに集中できるのが大きなメリットです。

ただ、通信制高校は「自主的に勉強を続けられるだろうか?」と、不安に思う人もいるかもしれません。学校によっては学習スケジュールを一緒に考えてくれることもあるので、まずは資料請求などしてみてはいかがでしょうか。通信制高校で自主性、自己管理能力を伸ばしてみませんか。

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら