全日制高校よりもお得!通信制高校にかかる費用ってどれぐらい?

費用の違い

全日制高校にかかる費用はどれぐらい?

文部科学省が実施した「平成26年度 子供の学費調査」によれば、全日制高校の学費は私立はもちろんのこと公立でもけっして少額ではないことがわかります。具体的にどれぐらいなのか見てみましょう。

全日制高校は年間何十万円と費用がかかる

公立の全日制高校というとあまり学費がかからないイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし、通学費、修学旅行費などを含めた「高校に通うための費用」を合計すると、1年間に平均して20万円以上が必要となります。

私立の全日制高校となれば、当然のことながらそれ以上に費用がかかります。「平成26年度 子供の学費調査」では、次のような結果が出ています。

全日制高校の「学校教育費」
公立校 242,692円
私立校 740,144円

同調査によれば、ここに学校外活動費をプラスすれば、公立高校で約41万円、私立高校で約99.5万円かかるというデータも出ています。教育費が家計を圧迫するレベルといっても良いでしょう。

就学金支援制度を使うこともできる!

一方、平成26年度からは就学支援金制度もスタートし、年収910万円未満程度の世帯に対しては、公立・私立いずれの全日制高校に通わせていても月額99,000円が支給されることになりました。さらに年収が少ない世帯にはその1.5~2.5倍の支援金が支給されることもあります。

もし、諸条件を満たしていれば公立の全日制高校にかかる学校教育費分はほぼ無料になるという計算です。しかし、すべての家庭が利用できるわけではありません。

全日制高校では3年時の負担も大きい

初年度は入学金、制服代など特別な費用もかかります。さらに、活動が盛んな運動に入部した場合などは、指定のバッグ、練習着などを購入しなければならず、それだけで30万円以上かかってしまうことさえあるのです。

このように初年度には学校生活をスタートさせるための諸経費が必要ですが「学年が上がるごとに負担は減るのでは?」と、期待している人も多いかもしれません。しかし、学年が上がるほど大学受験のための諸経費などがかかり、ますます必要な費用はかさんでいくというのが実際のところです。

「平成26年 子供の学習費調査」では、参考書の購入・塾代などを含めた補修学習費についても調査していますが、結果は次の通りです。

公立高校の補助学習費用
1年 12.9万円
2年 16.0円
3年 21.5円
私立高校の補助学習費用
1年 20.2万円
2年 25.6円
3年 31.3円

以上のように補助学習費用は学年が上がるほど増えていきます。さらには、日本政策金融公庫「平成27年度 教育費負担の実態調査」によれば大学受験料だけでも、平均して30万円~40万円にものぼるとか!もし、遠方への受験となれば交通費、宿泊費なども必要で、負担はさらに大きくなるでしょう。

通信制高校の費用はリーズナブル?

全日制高校の場合、卒業までにかかる費用はけっして小さな額ではありません。一方、通信制高校は全日制高校よりもリーズナブルといわれていますが、実際のところどうなのでしょうか?

公立の通信制高校でかかる費用

公立の通信制高校の学費は管轄している地方自治体によって定められます。たとえば、東京都ならば入学金500円、授業料は1科目あたり336円です。通信制高校は卒業するのに74単位を取得しなければいけないので、まず、おおよそ3万円が必要となる計算になります。

スクーリングなどの登校日にかかる費用を合算しても、6~10万円で卒業できると考えられます。ただし、とくに公立の通信制高校は3年で卒業するのが難しいため、それ以上かかることもめずらしくありません。

私立の通信制高校でかかる費用

通信制高校も全日制高校と同じように、公立よりも私立の方が学費は高くなります。入学金は1万円~5万円、授業料は1単位あたり5,000円~12,000円、その他費用を合計すると年間20万円~80万円は必要でしょう。

確かに私立の全日制高校と比較すれば、私立の通信制高校はリーズナブルです。しかし、公立の全日制高校と私立の通信制高校ではあまり学費がかわらない場合もあるということになります。

通信制高校でも就学支援金制度を使える!

就学支援金制度は通信制高校でも利用でき、公立ならば月額520円、私立ならば月額9,900円を受け取れます。全日制高校同様に世帯年収が910万円未満というのが支給の条件です。

また、入学金までもが免除になることもある、授業料等減免制度というものもあります。こちらを利用できる家庭はかなり限られてきますが、実質無料で学ぶこともできるなど大変手厚い制度になっています。

通信制高校のメリットは安さだけではない?

通信制高校は全日制高校と比較して一般的にリーズナブルです。ただ、公立全日制高校と同額程度の私立通信制高校もあり、値段だけで考えると「それならば全日制高校の方が良い?」と、思う人もいるかもしれません。しかし、通信制高校には安さ以外のメリットも数多くあります。何らかの事情でいろいろな無理を重ねて全日制高校に通っているならば、通信制高校にスッパリと切り替えるというのも賢い選択といえるでしょう。

通信制高校は自分のペースで学習できる!

全日制高校は基本的に月曜日から金曜日まで毎日登校しなければいけません。満員電車で通学して学校に着いた時にはヘトヘト……という人もいるでしょう。

しかし、通信制高校が自宅学習が基本です。全日制高校に往復2時間ほどかけて通っているような人と比較したら、3年間でどれだけ時間を有効活用できるでしょうか。

制服を着たり、身支度を整える必要もありません。面倒な校則などを気にせずにリラックスした状態で勉強できるのです。休憩時間に気分転換に少しゲームをすることだってできるでしょう。自分のペースで勉強したい人にとって最高の環境といえるのではないでしょうか。

通信制高校には人間関係のわずらわしさがない!

通信制高校といっても、一切学校に登校しなくていいわけではありません。スクーリングと呼ばれる登校日もあり、参加することが卒業の要件でもあります。

しかし、基本的にスクーリングは月に数回程度、なかには年に数日のみというコースを設けている通信制高校もあります。希望次第で学校に足を運ぶ機会を極力減らすこともできるのです。

通信制高校への入学を検討している人の中には、全日制高校でいじめなどの強いストレスにさらされ、勉強に集中できなくなっている人もいるかもしれません。そんな時は、通信制高校で再スタートするというのもひとつの方法です。

クラス内で問題が起きた時、いじめを受けている側に相手に歩み寄り、許すように指導する教師も少なくありませんが、それは間違いです。いじめ加害者を思いやる必要はひとつもありません。それよりもまず、いじめが自分の人生に及ぼす悪影響を最小限に食い止める努力が大切です。

そのためには、どうしようもない人間関係にこだわり続けるよりも、勉強に集中できる新しい環境に身を置くのが先決です。たとえば、大学を目指しているならば、どんな有名高校でも通過点に過ぎません。通信制高校でしっかりと勉強をして、最終学歴は第一志望の大学となるように頑張ってみませんか?

大学受験に特化した通信制高校もある

通信制高校の中には、全日制高校以上に大学受験のサポートを提供している学校もあります。大学受験専門講師の少人数指導などを行い、生徒1人1人に合わせた指導をしてくれるのです。

もちそん、そういった教育を実施しているのは私立の通信制高校なので、学費はそれなりにかかります。しかし、たとえば私立全日制高校と受験塾を併用するよりはリーズナブルであることは間違いありません。また、通信制高校での勉強がそのまま受験勉強にもなるなど、効率の良い学習を進めることができるでしょう。

通信制高校はカリキュラムが多彩!

通信制高校は大学受験に特化したところがある一方、勉強以外の多彩なカリキュラムを設けているところもあります。学校によっては、ファッション、漫画、美容、ダンスなどの専門知識を学ぶこともできるのです。また、漁業体験、酪農体験などの体験学習が実施されることもあります。

通信制高校の特殊なカリキュラムの中でも人気が高いのが芸能コースです。すでにタレントとして活躍している人はもちろんのこと、芸能界にデビューすることを目標にしている人も数多く通っています。

仕事やレッスンのスケジュールがいっぱいで全日制高校に通学するのが難しくても通信制高校ならばスキマ時間に勉強することもできます。また、豊富なオーディション情報を提供してもらえたり、芸能プロダクションと提携している通信制高校もあるので、本気で芸能界を目指している人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

通信制高校の注意点とは?

通信制高校は公立はもちろん私立でもリーズナブルですし、自由な学習環境、多彩なカリキュラムが整っているなど、その魅力は尽きません。しかし、一方で注意すべき点がないのかどうか気にかかるところですが……?

通信制高校は自主性や自己管理能力が必須!

自分のペースで勉強できる通信制高校ではありますが、それはすべてを生徒にまかされている状態ともいえます。一緒に授業を受けるクラスメイトの目もないので、怠けたくなる日もあるかもしれません。そんな時でも、自分の決めた勉強をやりぬく自主性や自己管理能力が大事です。

自主性や自己管理能力に欠けていると、通信制高校に何年も在学し続け、結局卒業できなかったということにもなりかねません。しかし、最初からそういった能力が発達している人ばかりではないでしょう。

通信制高校には一斉授業の時間割こそありませんが、1人1人にオーダーメイドの学習計画を立ててくれるようなところもあります。もし、自分が自主性や自己管理能力が欠けていると思うならば、とりあえずそういった通信制高校を選択してみても良いでしょう。

通信制高校のサポートを受けながら「この大学に行きたい!」「手に職をつけて働きたい!」などと、具体的な目標を持つこともモチベーションアップにつながります。毎日の課題などにくじけそうになった時に頑張れるきっかけとなる、将来の夢を持つようにしてみてはいかがでしょうか。

通信制高校は人と会う機会が少ない

通信制高校はどうしても全日制高校のように毎日決まったクラスメイトと顔を突き合わせるといった生活にはなりません。先生ともインターネットを介したやりとりがメインとなるでしょう。

このように人と接する機会が減ることに不安を感じる人もいるかもしれません。しかし、もしそれが問題だと思うならば、アルバイト、ボランティアなどで外部の人と接触する時間を作ってはいかがでしょうか。そうすれば、よりさまざまな人とのコミュニケーションが体験できるともいえます。

また、通信制高校には毎日登校できたり、部活動やレクリエーションがある学校もあります。もし、より全日制高校に近い学生生活を希望しているならば、そういったところを選ぶという方法もあります。通信制高校の生徒はいじめ経験者も少なくないので、同じような悩みを分かち合うこともできるかもしれません。これまで、一度もクラスになじめなかった人でも、今度こそ楽しいひとときを過ごせる可能性がゼロではないのです。

通信制高校は全日制高校よりもお得!でも魅力は費用だけじゃない

通信制高校は全日制高校と比較してリーズナブルです。もちろん、私立通信制高校の中には公立全日制高校並みに費用がかかるところもあります。しかし、通信制高校の勉強だけで大学受験に備えることもでき、受験塾に通う費用を節約できるなど、やはりお得であることに変わりはありません。

また、通信制高校の魅力は安さだけではありません。自分のペースで勉強できる、わずらわしい人間関係がない、多彩なカリキュラムを体験できるなど、全日制高校にはないメリットが満載です。

ただし、通信制高校のメリットを最大限に活かすには生徒の自主性や自己管理能力が必要です。今ひとつ自信がない場合には、サポート体制の整った通信制高校を選択するという方法もあります。

通信制高校と一口にいっても、さまざまな学校があります。まずは無料の一括資料請求をして、学校研究をしてみてはいかがでしょうか。

通信制高校の資料を見て検討しよう

無料で一括資料請求

 

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら