通信制高校とはどのような学びの場なのか? 全日制や定時制とどう違う?

校舎

通信制高校は正式な高校なのか?

最近、義務教育終了後や高校中退後のひとつの進路として通信制高校が注目されています。そもそ通信制高校とはどのようなものなのでしょうか。

通信制高校とは高等学校の一形態

学校というとクラスメイトがいて先生がいて、毎日登校して……というイメージを抱いている人も多いかもしれません。となると、自宅学習をメインとしている通信制高校は「本当に高校なの?」と、思われても仕方のないところです。

しかし、通信制高校は全日制高校や定時制高校同様にれっきとした高等学校の一形態です。したがって、通信制高校を卒業すれば高卒資格を取得できるのは言うまでもありません。したがって、中学卒業後に通信制高校を選択肢のひとつとすることに、何の問題もないのです。

また、全日制高校や定時制高校を途中で辞めざるを得ない事情があったとしても、通信制高校に転入・編入すれば十分やり直しができます。大学に進学したいという希望もあきらめずにすむでしょう。

通信制高校と全日制や定時制との違い

通信制高校は全日制高校や定時制高校と具体的にどのような点が違うのでしょうか。通信制高校、全日制高校、定時制高校のそれぞれの特徴をまとめました。

通信制高校の特徴
全日制課程
祝祭日を除く月曜から金曜まで登校して、決められた時間割に沿ってクラス単位の一斉授業を受けます。学年制で基本的に3年間で卒業できます。一般的に「高校」と言うと全日制高校を指すことが少なくありません。
定時制課程
夜間、4時間程度の一斉授業を受けるスタイルの高校です。全日制高校と連動しているところも多く、昼間は全日制高校、夜間は定時制高校となる学校もありますが、年々減少しています。かつては4年制でしたが、最近は3年で卒業することもできます。学年制のところと単位制のところがあります。
通信制課程
通信教育をベースにしている高校です。生徒は登校の必要もなく、自宅にいながらにして高校課程の勉強を進めることができます。単位制なので「同じ学年をもう一度やり直す」というようなことはありません。3年で卒業することも可能ですが、必要な単位をコツコツ取得していく努力が必要です。

通信制高校を卒業するには?

卒業すれば高卒資格が取得できるのも通信制高校の魅力のひとつです。では、通信制高校を卒業するには、具体的にどのような要件を満たしていれば良いのでしょうか。

通信制高校に少なくとも3年間在籍

通信制高校の大半は4月だけではなく10月にも入学式を行っています。さらに、入学式がなくても構わないのであれば、一年中入学を受け付けているところも少なくありません。高校を途中で辞めてしまった人でも、空白期間なく勉強できるというわけです。

いつ入学したとしても、通信制高校を卒業するには少なくとも3年間の在籍期間が必要です。もし、全日制高校や定時制高校に少しでも通ったことがあるならば、その期間もカウントされます。空白期間さえ作らなければ、同級生に遅れることなく高校を卒業することも十分可能なのです。

通信制高校でも教科74単位取得が必要

全日制高校、定時制高校、通信制高校ともに、高校を卒業するには国語、数学、社会、理科、保健体育、芸術、外国語、家庭、情報などで74単位を取得する必要があります。

通信制高校が全日制高校、定時制高校と異なるのは、いつ、どの教科の単位を取得するかは、生徒に任されているという点です。「単位が足りなくて留年」ということがないかわりに「3年経っても、ほとんど単位が取得できていない」という事態もあり得ます。

そうならないためには、サポート体制の整った通信制高校を選択することをおすすめします。3年間の学習計画をともに立ててくれて、卒業まできめ細やかに見てくれる通信制高校もあるのです。

さらに、ルネサンス高等学校のように日本全国にキャンパスと呼ばれる校舎を構え、通学コースを設けている通信制高校もあります。通学コースならば週に何度でもキャンパスに足を運ぶことができるので、一人での自宅学習に不安のある人は利用してみてはいかがでしょうか。

通信制高校の卒業には特別活動30単位も必要

通信制高校も全日制高校、定時制高校と同じように、一定以上の特別活動をしなければ卒業を認められません。特別活動とは、ホームルーム、学校行事、生徒会活動等になりますが、通信制高校の特別活動はスクーリングと呼ばれる登校日に行われます。スクーリングは週に何日と決まっているところもありますが、年に5日程度の宿泊体験などで集中的に実施されるケースもあります。

通信制高校の場合、特別活動は30単位以上行わなければいけません。50分で1単位と計算されるので25時間は登校する必要があるのです。しかし、インターネット、ラジオ、テレビなどを利用した特別活動を行うことにより、各メディアごとに約10分の6ほど登校時間を免除することも可能です。

通信制高校を「できるだけ学校に足を運びたくない」という理由で選択した人もいるかもしれません。そのような場合は、インターネットなどを介して特別活動に参加できる学校を選ぶことをおすすめします。

通信制高校の生徒が増えている?

全日制高校、定時制高校とはいろいろな面が異なる通信制高校ですが、年々その生徒数は増え続けています。なぜ、通信制高校の生徒が増加しているのでしょうか。

通信制高校の生徒が増えている!

文部科学省の調査によると、通信制高校の生徒数はここ数年、18万人前後を推移しています。2017年度も全日制高校318万人、定時制高校9万人、通信制高校18万人という内訳でした。

逆に定時制高校で学ぶ生徒は年々減少し続けています。今や、全日制高校を何らかの理由で辞めた生徒の多くが全日制高校を選択しているといっても過言ではありません。

通信制高校の生徒が増えた理由

小泉内閣の構造改革によって、2004年から学校法人だけではなく株式会社も高校を設立することができるようになりました。それによって多くの企業が参入し、数多くの私立通信制高校が設立されることとなったのです。

新設された私立通信制高校の多くは、全国から生徒を募集できる広域通信制高校です。生徒自身も住んでいる場所に限定されず、好きな私立通信制高校を選択できるようになりました。そのため、全国的に通信制高校の生徒が増えたのではないかと考えられます。

通信制高校の生徒が増えたもうひとつの理由

じつは通信制高校は2004年以前、1996年頃から入学者数が増え続けています。この頃からいじめ、発達障害、学習障害などの問題を抱える子どもが通信制高校を利用するようになったと言われています。

もちろん、それ以前からそういった問題はありました。しかし、そのような困難を抱えている子どもの受け皿として通信制高校が認識され始めたのが1996年頃ということでしょう。

通信制高校を選択した生徒は、さまざまな困難を抱えているケースも少なくありません。そのため、通信制高校の多くはサポート体制が充実しているのです。何らかの理由で集団生活になじめないというのは、けっして悪いことではありません。無理をせず通信制高校を選ぶのもひとつの方法なのです。

通信制高校のカリキュラムはユニーク?

通信制高校には全日制高校や定時制高校にはないユニークなカリキュラムがあることも特徴のひとつです。いったいなぜ、このようなことが可能なのでしょうか。

学習指導要領に準拠しなくてOKの通信制高校もある

株式会社によって設立された私立通信制高校は私学助成金を受けることができません。そのかわり、学校法人が経営している学校よりも校舎や運動場などの設置条件が緩和されています。このため、たとえば校舎のない私立通信制高校でさえ存在できるようになりました。

また、カリキュラムに関しても学習指導要領に準拠しなくても良いとされています。その結果、従来の全日制高校や定時制高校にはないユニークなコースが誕生することになったのです。

通信制高校で国家資格を取得できる!

通信制高校の中には高卒資格と平行して美容師、調理師などの国家資格を取得できるようなカリキュラムを組んでいる学校もあります。通常ならば高校を卒業した後に専門学校に通うことを考えると、時間もコストも大幅に削減することができるでしょう。

また、アニメ、マンガ、ゲーム、声優などのコースを設けている通信制高校もあります。IT関連のコースが充実していたり、ネイリスト、トリマーなどの資格を取得できる学校もあり、就職の際に武器にすることができそうです。

大学進学を希望しているならば、受験対策をしっかりとしてくれる通信制高校を選択することをおすすめします。通信制高校での勉強がそのまま受験勉強に直結している学校を選べば、全日制高校に通いながら塾の宿題にも追われる……というような二重生活をする必要もありません。効率良く大学受験準備をできるのではないでしょうか。

通信制高校とは可能性を秘めた学びの場!

ギュウギュウの満員電車に押し込まれて毎日通学……というようなライフスタイルを半ば当たり前のように思っている人もいるかもしれません。しかし、そのように朝からストレスのかかる生活を続けていて本当に幸せでしょうか?

通信制高校を選択すれば、もう満員電車に揺られることもありません。学校の中のややこしい人間関係にわずらわされることなく勉強に集中することもできるでしょう。

確かに登校しなくてOKという通信制高校は、学校のあり方としては今のところは異色の存在かもしれません。しかし、今後、ネット社会がさらに進展すれば、むしろ当たり前の勉強の仕方となる可能性だってあるのです。

「通信制高校はコミュニケーションの機会が少ない」というのを心配する人もいますが、顔を突き合わせるばかりがコミュニケーションではありません。通信制高校でも先生や学びの仲間はいますし、いつでもネットでつながることができるのです。ネットを介したリテラシーを磨くことはできますし、それはこれからの時代、対面コミュニケーションと同じぐらい、あるいはそれ以上に大切なことかもしれません。

通信制高校と一口にいってもさまざまな学校があります。まずは資料請求をして、自分に合っていそうな学校を見つけてみませんか?

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら