通信制高校の生徒数が増加中!多様化する生徒の進路

生徒数

通信制高校の生徒数が増えている?

少子化の進行に伴い、全国で閉校する全日制高校、定時制高校が相次いでいます。一方、通信制高校の生徒数は増加傾向にあるというのは本当なのでしょうか?

高校生のおよそ20人に1人が通信制高校生

文部科学省の調査によれば、ここ数年、通信制高校の生徒数はおよそ18万人前後を推移しています。これは各年度の5月1日時点での生徒数ですが、通信制高校は年度途中の入学者が多いため、実際には20万人程度が在籍していると考えられます。

たとえば、2017年度には全日制・定時制・通信制高校を合わせた生徒数は345万人でしたが、その内訳は次の通りです。

全日制高校 318万人
定時制高校 9万人
通信制高校 18万人

このように、今や定時制高校よりも通信制高校の生徒数の方が多くなっているのです。実際、かつては全日制高校に併設されていた定時制高校が次々と廃止されていく一方で、とくに平成時代になってから通信制高校は着実に増えています。

学年が進むほど増える通信制高校の生徒数

通信高校生の学年別の構成比を調べてみると、とくに3年生が多いことがわかります。これは、全日制高校を中退した生徒が通信制高校に編入してくるためと考えられます。

とくに公立の通信高校生は4年生は3年生と同じぐらいの生徒数です。通信制高校で高等学校卒業資格を取得するには少なくとも3年間在籍している必要がありますが、それ以上かかってしまってもあまり問題にならないためでしょうか。自分のペースでゆっくりと学びたい人にとっても、通信制高校は居心地の良い環境といえるでしょう。

スポーツや芸能活動など、自分のやりたいこととを最優先として「卒業までに1年ぐらい余計にかかっても問題ない」と、考える人も一定数いるのが通信制高校の特徴です。まさに、多様性のある教育の場を提供しているといえるでしょう。

私立通信制高校の生徒数が増加!

通信制高校には公立と私立がありますが、とくに生徒数の増加が著しいのが私立です。実際、公立通信制高校の生徒数はわずかな増減を繰り返しながらほぼ横ばいの状態ですが、私立通信制高校の生徒数は平成14年から平成24年までの10年間に約2倍以上も増えているのです。おそらく、私立通信制高校の学校数そのものが急増したことも一因と考えられます。

私立通信制高校には2タイプがある

少子化に反するように学校数を倍増させている私立通信制高校とは、いったいどのようなものなのでしょうか?私立通信制高校には広域通信制と狭域通信制の2タイプがあり、それぞれ次のような特徴があります。

広域通信制高校とは?

広域通信制高校は、3都道府県以上にまたがるエリアの生徒を募集対象としていることが特徴です。なかには日本全国はもちろん海外在住の生徒を募集している学校もあります。

また、広域通信制高校の中には校舎を持たないところもあります。そのため、通信制高校で必須とされているスクーリング(登校日)の負担を軽減するため、次のような工夫が凝らされています。

■eラーニングの活用

インターネットを使ったeラーニングの活用によって、スクーリングの日数をできるだけ減らしています。Webカメラを利用して授業を行ったり、生徒同士のディスカッションなども実施されています。

■全国にスクーリング会場を分散

地域の学習センター、協力校などを使ってスクーリングを実施します。生徒は交通費や宿泊費をかけることなく家の近くの会場でスクーリングに参加することが可能です。

■集中スクーリング

宿泊施設などで5日間程度の合宿形式のスクーリングを行います。豊かな自然の中で農業、漁業なども体験できるのがメリットです。また、日頃顔を合わすことのない生徒同士が寝食をともにしつつ交流を深めることもできるでしょう。

広域通信制高校は基本的に私立

小泉内閣が実施した構造改革によって、2004年から学校法人だけではなく株式会社が高校を設立することも可能になりました。私学助成金を受けられないかわりに、従来の学校よりも校舎や運動場の施設条件がゆるくなっています。また、学習指導要領に基づく必要もありません。

このような流れがなければ、全国からの応募が可能というような自由度の高い広域通信制高校が誕生することもなかったでしょう。そのため、私立の広域通信制高校は2004年以降に急増し、その結果として通信制高校の生徒数も増加することとなったのです。

狭域通信制高校とは?

狭域通信制高校は、学校所在地の県および隣接するひとつの都道府県から生徒を募集しています。多くの狭域通信制高校は公立なので、このような通学区域が設けられているのです。

狭域通信制高校は基本的に生徒の自宅から通学できる範囲にあります。さらに、週に1~2回の登校日を設けているところも多いので、学習意欲を維持するのに役立てることもできるかもしれません。一方、病気やストレスなどによってあまり登校できない人にとってはデメリットともいえます。

ただし、狭域通信制高校のほとんどは公立なので、3年間で10万円程度しか学費がかからないのは大きなメリットといえるでしょう。一方、公立通信制高校は私立通信制高校ほどのサポートはなく、3年間で卒業するのは難しいのが実際のところです。しかし、もし3年間で卒業できたならばもっともお得といえるでしょう。

広域VS狭域、どちらの通信制高校が良いのか?

一口に通信制高校といっても広域通信制高校か狭域通信制高校かによってかなりの違いがあります。どちらがふさわしいかは、個人の置かれている状況によって異なるでしょう。

とくに広域通信制高校は数も多いので、十分に比較検討することをおすすめします。人気ランキングを見たり、オープンキャンパスの予定をチェックして実際に足を運んでみてはいかがでしょうか。

どんな理由で通信制高校を選択する生徒が増加しているのか

一昔前は通信制高校の生徒は「働きながら勉強を続けたい」勤労学生が大半でした。しかし、最近ではさまざまな理由で通信制高校を選択する生徒が増えています。

いじめ・発達障害などから通信制高校を選ぶ生徒が増加

少子化が進行中であるにもかかわらず、通信制高校では1996年頃から入学者数が増加しています。この頃から、いじめから不登校になった子ども、発達障害や学習障害を抱えている子どもが、通信制高校を利用するようになったといわれています。

もちろん、それ以前にもいじめや発達障害の問題はありました。しかし、そういった困難を抱えていても無理をして全日制高校に通い苦しみ続け、その結果、引きこもりとなってしまう子どもも少なくなかったのです。

一方、そのような中で通信制高校の数そのものも増え、ニュース記事などで情報が共有された結果、進路のひとつとして選択されることが多くなったといえるでしょう。

通信制高校はさまざまな事情で全日制高校に進学しなかった生徒、中退した生徒も少なくありません。そのため、多様な困難に対してきめ細やかなサポートを提供していることも特徴のひとつです。

学校に対してネガティブな感情しか抱けていない人にも、通信制高校は新しい形の学びの場を提供しています。「まわりと同じにしなければいけない」というストレスも通信制高校にはありません。わずらわしい人間関係にエネルギーを費やすことなく、知的好奇心を満足させてくれる環境が整っているのです。

スポーツや芸能活動に専念するために通信制高校が選ばれている

最近、スポーツや芸能活動に専念するため、通信制高校を選択する人も増えています。通信制高校ならば練習やレッスンの合間に勉強を続けることも可能です。また、学校によってはスポーツ、芸能などコースを設置しているところもあり、同じ志を持つ友人と出会える機会も増えるでしょう。

勉強以外のことも学びたい人も通信制高校を選択

その他、通信制高校では勉強以外の専門的な知識と技術を学べるチャンスも少なくありません。漫画、アニメ、イラスト、声優といった若者に人気の講座もあります。また、美容、ネイルなどの資格を在学中に取得できるコースもあり「手に職を付けたい」という生徒に人気です。

また、起業プロジェクトなど社会勉強にもなる授業を実施している通信制高校もあります。自宅学習を基本とする通信制高校に対して、社会とのつながりを見失ってしまうのではないかと不安に思う人もいるでしょう。しかし、通信制高校だからこそ可能な先進的な取り組みも多く、全日制高校ではできないような体験をすることも期待できるのです。

生徒数が増加している通信制高校にはそれだけの魅力がある!

少子化の中で閉校する全日制高校、定時制高校がある一方で、生徒数が増加し続けている通信制高校。これは、通信制高校には他の学校では満たせないニーズがある証拠といっても良いでしょう。

基本的に通信制高校には集団生活はありません。とくにその傾向が強いのが広域通信制高校です。そのため、集団生活に強いストレスを感じ、肝心の勉強どころではなくなってしまった人でも学び直すことができるでしょう。

もし、まったく集団生活がなくなってしまうことが不安ならば狭域通信制高校を選択することもできます。週に2~3回程度の登校日がありますし、他の生徒もおそらく何かしらの問題を抱えて通信制高校を選んでいます。悩みを分かち合える友達に出会うこともできるかもしれません。

また、通信制高校ならば1人1人の理解度に合わせて学習を進めることができるので「授業についていけない」「授業が簡単すぎる」ということもありません。中学レベルのことから学び直すのも、大学レベルの知識に触れるのも、どちらも可能なのです。

以上のような魅力があるからこそ、通信制高校の生徒数は増加を続けていると考えられます。しかし、通信制高校といってもさまざまなスタイルがあるので、まずは資料請求などをしてみてはいかがでしょうか。

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら