通信制高校の就学支援金は給付される?支給額を調査

申請

通信制高校でも就学支援金の給付は受けられる?
気になる支給額などを徹底調査!

高等学校就学支援金とは?

そもそも高等学校就学支援金とはどのようなものなのでしょうか?給付対象となるための条件などをまとめました。

高等学校就学支援金は国の制度

高等学校就学支援金とは、高校の学費の一部を国が負担する制度のことです。平成26年4月以降の入学者を対象としている、比較的新しい制度でもあります。

かつて、家庭の経済状況を理由に高校進学をあきらめる生徒もいましたが、この制度が適用されるようになり、現在では100%近い学生が高校へ進学するようになりました。

高等学校就学支援金は奨学金ではないので返却の必要はありません。また、奨学金とはまったく別の制度なので併用することも可能です。

高等学校就学支援金が支給される学校

高等学校就学支援金は、国立または私立の全日制高校、定時制高校、通信制高校すべてが対象となっています。通信制高校の形態はさまざまなで、なかにはキャンパスが存在せずeラーニングのみの授業を行っているような学校もありますが、どんなコースでも支給されるのが特徴です。

基本的にほとんどの高校で支給される高等学校支援金ですが、支給期限があるのは要注意です。全日制高校は3年、通信制高校と定時制高校は4年が上限となっていて、それ以上長く受け取ることはできません。

参考:就学支援金・文部科学省

高等学校就学支援金を給付を受ける条件とは?

高等学校就学支援金の給付を受けるには世帯年収などさまざまな条件があります。どのようなものがあるのか見てみましょう。

高等学校就学支援金は世帯年収約910万円未満が対象

高等学校就学支援金の給付を受けるには、世帯年収が一体額以下である必要があります。厳密には世帯年収ではなく「市町村民税が304,200円未満」という条件ですが、こうなるのがおよそ年収910万円未満と逆算できるのです。

高等学校就学支援金に関与する世帯年収は複雑

世帯年収と一口にいってもさまざまなケースがあります。たとえば、保護者が離婚しているならば、養育をしている親の収入が世帯年収です。また、養育者ではない同居祖父母に年収があってもそれは世帯年収に加算されません。また、入学者が20歳以上で自分で生計を立てているならば、自分の年収だけが世帯年収となります。

高等学校就学支援金の支給額はどれぐらいか?

高等学校就学支援金は具体的にはどれぐらい支給されるのでしょうか。また、全日制高校、定時制高校、通信制高校で違いはあるのでしょうか。

高等学校就学支援金は私立は一律9,900円

高等学校就学支援金は公立高校の場合、全日制、定時制、通信制で大きく金額が異なります。一方、私立の場合は一律9,900円と横並びです。公立通信制高校がリーズナブルなのに対して、私立通信制高校の中には私立全日制高校レベルの学費がかかるところもあるので、理にかなっているといえるでしょう。

就学支援金の支給額
公立高校【全日制】 月額9,900円
公立高校【定時制】 月額2,700円
公立高校【通信制】 月額520円
私立高校【全日生・定時制・通信制】 月額9,900円

私立通信制高校では就学支援金の加算もある

さらに、私立通信制高校の場合、世帯年収に応じて高等学校就学支援金の加算もあります。それぞれ基本額に対して、年収350~590万円程度ならば1.5倍、年収250~350万円ならば2倍、年収250万円未満ならば2.5倍になる計算です。

実質、所得に応じて授業料が安くなる所得割のようなものと考えてよいでしょう。たとえば、一人暮らしをしていて働きながら通信制高校を利用している場合、勉強などに忙しくなかなか年収がアップしないこともあるものです。そのような際には、ぜひ高等学校就学支援金の加算を活用してみてはいかがでしょうか。

通信制高校における高等学校就学支援金の詳細

通信制高校の授業料は定額制、または単位制になっています。もらえる高等学校就学支援金の金額も異なってくるので注意しましょう。

公立の通信制高校の場合

授業料が定額制の公立通信制高校でもらえる就学支援金は月額520円です。単位制の場合は1単位ごとに336円が支給されます。ただし、年間30単位、卒業までに74単位が上限となっていて、それ以上の就学支援金は受け取ることができません。

私立の通信制高校の場合

授業料が定額制の私立通信制高校でもらえる就学支援金は月額9,900円です。単位制の場合は1単位ごとに4,812円が支給されます。公立通信制高校同様に、年間30単位、卒業までに74単位が上限です。

通信制高校で就学支援金は最大いくらもらえるか

以上のような就学支援金の内訳から、通信制高校では卒業までに最大で356,088円を受け取れることがわかります。これは、大きなサポートになるのではないでしょうか。

公立にせよ私立にせよ、就学支援金を活用できれば自己負担は1割から5割ですむはずです。これならば、学費に関する不安がある人でも勉強を続けることができるのではないでしょうか。

ただし、就学支援金の適用となるのは授業料のみです。入学金、施設使用料、修学旅行の費用などは100%自己負担となるので、ある程度の蓄えも必要といえます。

就学支援金給付を受けるための事務手続きは?

通信制高校への進学が決まり、いざ就学支援金の給付を受けようとなったら申請が必要です。入学時だけではなく、世帯収入確認のために毎年提出しなければいけない書類もあるので注意しましょう。

就学支援支給スタート時に必要な書類

就学支援金を受け取るには、まず「受給資格認定申請書」「市町村民税所得割額が確認書類」を、入学後に提出しなければいけません。このうち、受給資格認定申請書は学校を通じて、入学説明会などの際に配布されます。

一方、市町村民税所得割額が確認できるものとしては、特別徴収税額の決定・変更通知書、納税通通知書などが該当します。もしくは、マイナンバーカードの写し、マイナンバーが記載された住民票、住民票記載事項証明書などを提出しなければいけません。

ただし、提出する書類や提出先は都道府県によって異なります。必ず学校や役所に問い合わせてから準備するようにしましょう。また、就学支援金支給は申し込みの翌月からのスタートになるので、早目の準備をおすすめします。

就学支援金受給資格取得後に提出する書類

就学支援金の受給資格を取得した後も、世帯年収の変化などを申告するために「収入状況届出書」と「市町村民税所得割額が確認書類」を、毎年7月に学校に提出しなければいけません。

収入状況届出書は学校を通じて配布されます。市町村民税所得割額が確認できるものは、市町村民税額決定通知、納税通知書、課税証明書などになります。会社員ならば毎年5~6月に会社から配布される住民税の決定通知書を使えますが、それ以外の場合は市町村窓口で発行できる課税証明書を利用しましょう。

就学支援金の給付を受ける際の注意点

書類を提出し無事に就学支援金の給付資格を取得できたとしても、その後もいくつか注意しなければいけない点があります。たとえば、休学時の扱いなどはどうなるのでしょうか。

休学時も就学支援金はストップしよう!

通信制高校を何らかの事情で休学した際にも、就学支援金は支給対象期間とされています。とくに注意が必要なのは休学中は授業料が発生しない学校です。

就学支援金は基本的に授業料減額という形で支給されます。したがって、授業料無料期間は就学支援金も0円ということになるのです。つまり、実際にはお金を受け取っていないにもかかわらず、支給期間としてカウントされるということになります。そして、上限期間の48ヶ月に達すれば、就学支援金支給は自動的に終了となってしまうので要注意です。

このような無駄を避けるためにも、休学中は就学支援金の支給停止の申出を学校に必ず提出するようにしましょう。そうすれば、支給額は実質0円のまま時間だけが過ぎていくということはありません。

就学支援金は学び直しもサポートする

たとえば、全日制高校に20ヶ月在学した後に通信制に転学した場合、48ヶ月-20ヶ月=22ヶ月分の就学支援金が支給されることになります。ただし、高校を中退してから再入学した場合、卒業までに支給期間の48ヶ月を超過してしまうケースは少なくありません。

そこで活用したいのが「学び直しの支援」です。高校再入学者限定で、最長24ヶ月、就学支援金相当の支援「学び直しの支援」を受けることができるようになっています。「もう一度高校で勉強したい」と考えている人にとっては勇気付けられる制度といえるのではないでしょうか。

就学支援金の給付を利用して通信制高校に再入学!

以上のように就学支援金は通信制高校に通う生徒にも給付があります。とくに私立の通信制高校では全日制高校と同レベルの支援金を受け取ることができるのは見逃せません。

私立通信制高校はやはり公立通信制高校よりもサポート体制が整っているものです。通信制高校での勉強は自主性や自己管理能力が磨ける一方、つい怠けてしまって何年も卒業できずにいる生徒もいます。そのような事態に陥らないためにも、サポート体制が整っている私立通信制高校がおすすめです。「そうとはいっても、私立は学費が高いし……」という人も、ぜひ就学支援金を受給することを検討してみてはいかがでしょうか。

就学支援金を受け取るにはいくつかの必要書類を提出しなければいけません。もし、受給を検討しているならば学校に問い合わせてみてはいかがでしょうか。オープンキャンパスの際に質問してみるのもよいでしょう。

まずは、数ある通信制高校の資料を比較検討して、自分にピッタリの学校を選択することから始めてみてはいかがでしょうか。

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら