40代でも入学できる通信制高校で高校卒業資格を取得する!

履歴書

高校卒業資格がないと就職・転職は難しい?

入社試験の際にまず問われるのが学歴です。実際、高校卒業資格がないとやはり就職や転職には不利なのでしょうか。

就職・転職は高校卒業資格取得からスタート

求人情報を調べてみると、中卒でもOKというところは高卒・大卒と比較して非常に少ないことがわかります。もし、あったとしても応募倍率が高かったり、労働条件が厳しいなど、なかなか思うような案件に出会えないものです。

資格取得にも高校卒業資格が必要

中卒という学歴をカバーするために、何らかの資格を取得しようと考える人もいるかもしれません。確かに、次のような資格ならば年齢制限もなく、中卒でも問題なく取得できます。

中卒で取得できる資格

宅地建物取引士
介護職員初任者研修
行政書士
ネイリスト技能検定試験
日本メイクアップ技術検定試験

しかし、やはり多くの資格は高校を卒業していないと取得できません。とくに国家資格ほどその傾向が強くなっています。

高卒でなければ取得できない資格

栄養士、管理栄養士
美容師免許
保育士
教員免許状
歯科衛生士
看護師、准看護師

高校卒業資格がないと入社後の待遇も違う

もし、運良く中卒で就職や転職に成功したとしても、高卒、大卒の人とは待遇面でどうしても違いがあり、年収面でも差が出てくるものです。「キツイ仕事をまかされているのに、いつまでも収入がアップしない」というような理不尽な目にあって、転職を考えている人もいるかもしれません。

しかし、中卒のまま転職を繰り返しても、また同じような目に会わないとも限りません。そこでおすすめしたいのが、高校卒業資格の取得です。働きながら、もう一度学び直してみませんか?

通信制高校ならばいつでも入学できる?

高校の勉強をやり直すといっても、一定以上の年齢になってしまうと「今さら学校に毎日登校するのは無理」というのももっともです。なかには「自分の子どもが高校生」という40代もいるでしょう。そこでおすすめしたいのが通信制高校です。

通信制高校ならば40代でも入学できる!

通信制高校は15歳以上ならば誰でも入学することができます。実際、社会人から主婦まで、さまざまな方が通信制高校で勉強を続けています。たとえば、40代からでも十分、学習をスタートすることができるのです。

「40代では、まわりの生徒から浮いてしまうのでは」と、心配する人もいるかもしれません。確かに、全日制高校や定時制高校ではそのようなケースもあるでしょう。通信制高校の生徒の平均年齢も、文部科学省「平成27年度 学校基本調査」によれば19歳です。生徒の大半は10代、20代という中で40代が少数派というのは事実ではあります。

しかし、通信制高校は毎日の授業で生徒同士が顔を合わせるようなことは基本的にはありません。たとえ40代でも自分の年齢を気にせずに勉強に集中できるのです。

社会人コースのある通信制高校も!

それでも、他の生徒との年齢差がまだ気になる人もいるかもしれません。そんな時は、社会人コース、母親コースなどを設定している通信制高校を選択するというのもひとつの方法です。そういったコースならば平均年齢は高めなので、スクーリングと呼ばれる年に数回の登校日に気後れする心配もないでしょう。

また、10代向けの通信制高校には、全日制高校のようにほぼ毎日登校するタイプのところもあります。やはり、学園生活をエンジョイし、青春を謳歌したいというニーズもあるためでしょう。しかし、社会人コース、母親コースなどは、年に数日登校すれば卒業できるようになっているところも少なくありません。仕事、育児、家事などに忙しい毎日を過ごしていても、無理なく両立できるカリキュラムが用意されているのです。

40代におすすめなのは公立、私立どちらの通信制高校?

通信制高校には公立と私立があります。もし、40代から入学するならば、どちらがおすすめなのでしょうか。

公立の通信制高校は学費が安い

公立の通信制高校の魅力は学費が安いという点でしょう。公立の通信制高校の学費は各都道府県ごとに異なりますが、およそ1単位あたり175~700円といった設定になっています。

通信制高校を卒業するには74単位を取得しなければいけないので、トータルで数千円から数万円で済むという計算です。こんなにリーズナブルなのに、添削指導、面接指導などもきちんと受けられることはいうまでもありません。

40代ともなると、自分の子どもに教育費がかかり、自分自身の勉強代どころではないという人もいるでしょう。しかし、公立の通信制高校ならば、少しレジャーや趣味を我慢すれば十分学費に当てることができるのです。

公立の通信制高校は教員数が少ない

リーズナブルな学費が魅力的な公立の通信制高校ですが、教員数は決して多くはない点は注意が必要です。たとえば総生徒数が600人以下の学校では、生徒46.2人に対して1人の教師を配置すれば良いことになっています。全日制高校ならば少なくとも生徒20人に対して教師1人が置かれているのとはかなり違いがあることがわかります。

じつは公立の通信制高校を3年で卒業できる人はけっして多くはありません。これも、教員数の少なさと無関係ではないでしょう。

私立の通信制高校はきめ細やか

もし「通信制高校をきっかり3年で卒業したい」というような強い希望を持っているならば、おすすめは私立の通信制高校です。生徒1人1人へのサポート体制の充実度でいえば、やはり公立よりも私立の通信制高校の方が勝っているといえるでしょう。

通信制高校には時間割があるわけではないので、忙しい毎日を過ごしていると「今日も勉強できなかった……」というような日が続いてしまいがちです。しかし、私立の通信制高校では、多忙な生徒でも無理なく学び続けることができるように、学習計画を立てるところから面倒を見てくれるところも少なくありません。

学生時代は勉強が苦手だったという人も、それはもしかしたら勉強の仕方がわかっていなかっただけかもしれません。私立の通信高校で勉強についてのちょっとしたアドバイスをもらい「こんなに面白いものだったなんて!」と、開眼することも期待できます。

私立の通信制高校は学費がかかる

手厚く指導してくれる私立の通信制高校ではありますが、そのかわり、どうしても公立よりは学費がかかります。入学金は2~5万円、授業料は年間18万円ほど必要で、公立高校よりはかなり負担が大きくなります。

全日制高校や定時制高校よりは安いとはいえ、たとえば、40代が住宅ローンなどを抱えながら支払うとなると、なかなか厳しいものがあるかもしれません。そんな時は、高等学校等就学支援金を利用するのも良いでしょう。

高等学校等就学支援金は国からの支給される返済の必要のない支援金です。年齢、国籍に関係なく高校に通う生徒ならば誰でも申請することができます。ただし、修業年限内に卒業できなかった場合には打ち切られてしまうので注意しましょう。

通信制高校のメリットとデメリット

以上のように通信制高校は40代でも勉強に集中できる環境が整っています。にもかかわらず「高卒資格は欲しいけど、今さら勉強なんて……」と、ためらうならば、今一度、通信制高校のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

通信制高校のメリット

通信制高校は自宅での学習がメインになります。最近ではeラーニングを取り入れている学校も多いので、通勤時間にスマホで講義を閲覧することもできるでしょう。また、課題提出も基本的にインターネットを利用して行われるので、郵便局に行く手間もありません。

また、通信制高校ではひとつの教室に集まって授業を受けるということもほぼありません。何か質問がある場合は、メールなどで先生と生徒が直接やりとりをします。そのため「今さらこんなことはずかしくて聞けない」というような内容でも、他の生徒に知られることなく堂々と聞けるのも大きなメリットです。

勉強への苦手意識を克服するには、まず、どこでつまずいたのかを正確に把握することが大事です。40代だとしても、もし中学レベルのことでわからないところがあるならば、そこに立ち戻れなくてはいけませんが、一斉授業ではなかなか難しいものです。しかし、通信制高校ならば、まわりの目を気にすることなく、いつでもやり直しができるのです。

通信制高校のデメリット

通信制高校のデメリットは、すべてが自主性・自己管理能力にかかっているという点かもしれません。とくに40代ともなると、会社の人とのお付き合いで夜遅くまで飲み会……というようなこともあります。また、睡眠時間も十分に確保できないほど子育てに追われている人もいるでしょう。

40代にもなれば、どんな人でもある程度の自主性・自己管理は備わっているかもしれませんが、10代や20代にはなかった大変さがあるのも事実です。そんな中で通信制高校で勉強を続けていこうとするのは、若者以上の自主性・自己管理能力を問われているといっても過言ではありません。

しかし、そんな通信制高校のデメリットは、心がけ次第で自分を成長させるきっかけにもなるのです。簡単なことではありませんがチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

通信制高校で高校卒業資格を取得して転職するなら40代!

通信制高校は15歳以上のあらゆる人に門戸を開いています。シニアになってから学び始める人も確かにいます。しかし、高校卒業資格を取得して、なおかつそれを転職に活かしたいと考えるならば、40代以上のタイミングはないともいえるでしょう。

働き盛りで子育て世代の40代が勉強を再開するのはたやすいことではないかもしれません。それでも、まだまだ気力、体力が充実している40代ならば、最短の3年間で高校卒業資格を取得することもできるでしょう。

通信制高校の中には40代が学びやすいコースを設定している学校もあります。まずは、通信制高校人気ランキングなどから気になる学校を選び、資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら