通信制高校、公立と私立の違いは学費だけではない?

学費

公立通信制高校と私立通信制高校の学費の違いは?

通信制高校も全日制や定時制同様に、公立と私立があります。公立と私立では、まず学費がまったく異なります。もちろん、公立の方が費用は安くすみますが、具体的にはいくらぐらい違うのでしょうか。

公立通信制高校の学費

公立通信制高校の学費は管轄の地方自治体ごとに異なります。たとえば、東京都の場合、入学金は500円、授業料は1単位あたり336円という設定です。

通信制高校を卒業するには74単位の取得が必要なので、卒業までの授業料は合計24,864円になる計算です。自治体により1単位あたり330円などの違いはありますが、いずれにせよリーズナブルであることに変わりはありません。

その他の諸経費を考えても公立通信制高校ならば、3年間で6万円以下、どんなにかかっても10万円以下で卒業することができるでしょう。ただし、3年で卒業できないとなると、当然のことながらさらに学費が必要になります。

公立通信制高校の学費は実質無料になることも!

文部科学省が実施している「就学支援金」は、年収910万円未満の世帯ならば対象となるという、多くの家庭が利用できる制度です。

「就学支援金」は奨学金などではないので無償で受け取ることができます。支給されるのは月額520円ですが、これを利用すれば公立通信制高校で年間に必要な費用は諸経費を考慮しても1万円程度ですむようになるでしょう。

また、さらに手厚い「授業料等減免制度」というものもあります。対象となる家庭はかなり限られてきますが、入学金500円さえ免除になる場合もあり、大変リーズナブルです。

私立通信制高校の学費

一方、私立通信制高校の学費は公立よりもどうしても高くなります。学校によって違いもありますが学費一覧などを調べてみると、入学金は10,000円~50,000円、授業料は1単位あたり5,000円~12,000円となっているようです。

入学金、授業料の他にも施設設備費、教育関連費など学校によってさまざまな費用が必要となります。一般的に私立通信制高校は年間20万円から80万円はかかることになるでしょう。

私立通信制高校でも就学支援金を利用できる

私立通信制高校も世帯年収が910万円未満ならば就学支援金を受けることができます。支給額は公立の月額520円に対して、私立は月額9,900円なので、年間約12万円を受け取ることができるでしょう。

公立通信制高校と私立通信制高校はどちらがお得?

学費の額面だけを見ると、公立通信制高校の方が私立通信制高校よりもはるかにお得に思えるかもしれません。しかし、安い私立通信制高校を選び、なおかつ就学支援金を利用すれば、公立通信制高校と大差ない負担で卒業できるともいえます。

ひとつ注意しなければいけないのは、就学支援金はいつまでも支給され続けるというわけではない点です。公立、私立ともに最長でも4年間しか支給されない決まりになっています。

「通信制高校は3年で卒業するのが難しい」ともいわれますが、実際のところはどうなのでしょうか?公立通信制高校と私立通信制高校の学費以外の違いを比較しながら、どちらがお得なのか検証してみましょう。

通信制高校、私立と公立では学費以外でどんな点が違う?

学費面ではかなりの違いがあるといえる公立通信制高校と私立通信制高校ですが、学費以外にもさまざまな相違点があります。

公立通信制高校と私立通信制高校の数

平成27年度に発表された文部科学省学校基本調査によれば、公立の通信制高校は92校、私立の通信制高校の数は178校となっています。公立に対して私立の方が2倍近く存在している計算です。

私立の生徒数が圧倒的に多い理由

公立の通信制高校は地方自治体の予算によって運営されています。そのため、入学できる生徒はその地域の在住者、勤労者に限定されることがほとんどです。

とくに、全日制高校や定時制高校に併設されている通信制高校の場合、週に1回程度のスクーリングと呼ばれる登校日が設けられていることも少なくありません。そのため、実質、近隣に住んでいないと勉強を続けることが難しいともいえます。

一方、私立の通信制高校の場合、居住地などによる制限はありません。全国どこからでも希望する学校を選択できるのです。また、スクーリングも夏期のみなど、公立ほど頻繁ではありません。遠方に住んでいても学習に支障はないといって良いでしょう。

公立と私立とでは学習環境の自由度が違う

公立の通信制高校は基本的にスクーリングや期末試験の日程が決められていて、それをきちんと守らないと単位を取得できません。登校の必要がないという理由で通信制高校を選択したにもかかわらず、学校に足を運ぶ機会が結構あることにとまどう生徒もいます。

一方、私立ならばそこまで登校日に制約があるわけではありません。登校は月に1回、年に数日などいくつかのコースが用意されていて、自分の都合に合わせて計画を組むことも可能です。

たとえば、体調面などに不安があり、決められた登校日に学校に行けるかどうかわからない人もいるでしょう。逆に、通信制とはいえ、毎日少しでも良いので登校したいという希望がある人もいるかもしれません。そのような場合には、さまざまな状況の生徒に対して柔軟な対応をしてくれる私立がおすすめといえるでしょう。

私立通信制高校と公立通信制高校では卒業率が違う

平成26年版「文部科学統計要覧」で通信制高校の生徒数を見ると、公立71,180人、私立112,574人ということがわかります。

一方「文部科学省による通信制高校の状況別卒業者数」によれば、平成26年度の卒業生は公立通信制高校8,844人、私立通信制高校42,653人となっています。

生徒数に対する卒業生の割合を見ると、公立通信制高校よりも私立通信制高校の方がより卒業しやすいのではないかと容易に予想できます。公立と私立では卒業率もまたまったく異なるのです。

公立通信制高校は3年で卒業できないケースも多い

以上のように公立通信制高校は卒業そのものが難しい上に、3年で卒業できるケースはさらに少なくなっています。もし、公立通信制高校で勉強しようと決めたならば、卒業までに3年以上かかるとある程度は覚悟した方が良いかもしれません。

通信制高校は学費以外も考慮すれば、お得なのは公立よりも私立?

学費の安さこそ公立は私立に勝っていますが、教育内容を見てみると、むしろお得なのは私立ともいえます。いったいなぜ、このような違いが生まれるのでしょうか。

私立通信制高校はフォロー体制が整っていてお得!

公立通信制高校よりも私立通信制高校の卒業率が高く、なおかつ3年で卒業する人が多いのは、フォローが手厚いことが大きな要因です。

たとえば、私立通信制高校ならばインターネットを活用して授業を受けられるe-ラーニングシステムなどが整っていることも少なくありません。最新の教育システム導入などにコストをかけているため、私立の学費は高めなのです。

また、生徒1人1人に対するフォローアップ体制がきめ細やかなのも私立です。これもまた、十分な教師、スタッフを確保するための人件費をかけているからこそできることといえるでしょう。

私立通信制高校にはサポート校もある

私立通信制高校の中にはサポート校を併設しているところもあります。サポート校とは、通信制高校を卒業するまでサポートしてくれる学校のことです。

ただし、サポート校だけでは高等学校卒業資格を取得できないので、必ず通信制高校にも同時に入学しなければならず、学費はそれぞれに必要です。

サポート校の学費は入学金5~20万円、年間授業料は35~80万円となりけっして安くはありません。しかし、レポート、認定試験、スクーリングなど卒業までに必要なすべてをサポートしてもらえます。

さらには、美容師等の資格取得も目指すことができるなど、勉強以外を学べるサポート校も結構あります。高校を卒業した後にあらためて専門学校に通うよりも、時間短縮にも学費節減にもなるともいえるでしょう。

資金に余裕があり、確実に3年間で高等学校卒業資格を取得したい、同時に就職に役立つ資格が欲しいといった希望がある場合は、利用してみるのもひとつの方法です。

通信制高校は学費は高くても公立よりも私立がお得!

通信制高校で勉強する第一の目標は高等学校卒業資格を取得するとうことにあるはずです。たとえば、あまり定期試験などが厳しくない全日制高校ならば、通ってさえいれば卒業できることもあります。しかし、通信制高校ではそのようなことはまずありません。

通信制高校では、1日のうちにいつ何を勉強するかなど、すべて自分次第です。もし、3年間で卒業したいならば、計画性や自主性はもちろんのこと、努力を重ねる強い意志も必要といえるでしょう。

しかし、モチベーションを持続させるのが難しいというのも事実です。挫折しそうになった時、より手厚いフォローを期待できるのは、やはり公立よりも私立といえるでしょう。なぜならば、教育システムの充実などにコストがかけられていますし、教師やスタッフの数も十分そろっているからです。さらに、併設サポート校を利用すればより確実に卒業を目指せます。

学費の安さだけで公立通信制高校を選ぶのはおすすめできません。とにかく私立通信制高校は実施している教育内容もバラエティ豊かです。まずは複数の私立通信制高校に資料請求などして、教育内容を比較検討してみてはいかがでしょうか。

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら