不登校から通信制高校に進学するメリットとデメリット

学習塾

不登校とはどんな状態なのか?

学校を休みたくなってしまうことは誰にでもあるものです。たとえば、一週間ほど欠席が続けばそれは不登校ということになってしまうのでしょうか?気になる不登校の定義や原因について調べました。

30日以上の欠席が不登校の目安

文部科学省の定義によれば、不登校とは「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはしたくてもできない状況にあるために年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたもの」とのことです。

つまり、遅刻や早退が多く学校にいる時間が短くても一応、登校していれば不登校ということにはなりません。また、欠席が多いように思えても、年間30日未満であれば不登校とは見なされないのです。

いじめは不登校の大きな原因のひとつ

文部科学省の調査によれば、友人関係、教職員との信頼関係、部活動への不適応なども不登校を引き起こす大きな原因のひとつです。いじめ、人間関係の問題などによって不登校になっている生徒も少なくありません。

本来、いじめに対しては「いじめは絶対に許されない」という観点から教職員全体がいじめに対応し再発防止に取り組む姿勢が求められます。しかし、実際はいじめがあることを認めようとしない学校もめすらしくないものです。再登校に向けて適切な対応をとってもらえるとは限りません。

学業不振から不登校に陥ることもある

学校の勉強についていくことができず不登校になる児童は、小学校や中学校でもいます。一方、高校ではそれまでどちらかというと勉強は得意だったにもかかわらず学業不振から不登校になってしまう生徒も少なくありません。

「第一志望の難関校に合格したものの、まわりも秀才揃いで圧倒されてしまった」「滑り止めの高校にしか受からず、やる気をなくしてしまい、いつの間にか勉強についていけなくなった」など、学業不振に陥るルートはさまざまです。いずれにせよ、どこかで気持ちを切り替えるようにしなくてはいけません。

無気力による不登校が増えている

最近、いじめや学業不振のようなハッキリした理由がないものの「なんとなく学校に行く気がしない」という生徒が増えているそうです。無気力による不登校といってもよいでしょう。

自尊心が低い、自分の存在感が薄いという理由から無気力になる生徒も少なくありません。まずは、どんなに小さなことでも「自分でやりとげた」という経験を積み重ねることでやる気を取り戻す必要があります。しかし、基本的に与えられたカリキュラムを忠実にこなしていくことが求められる全日制高校では、そういった経験を重ねるのは難しいのも事実です。

不登校から通信制高校に編入するメリット

不登校になった時「どうにか登校を再開できないか」と、頑張るのには限界もあります。どうしても学校に行きたくないこともあるでしょう。そんな時は思い切って全日制高校を退学して、通信制高校に編入してみませんか?

留年の心配がない通信制高校

不登校が原因で他の全日制高校に編入しようとした時、一学年下からのやり直しとなることは少なくありません。一学年下になじめずに再び不登校になってしまう人がいるのも事実です。

しかし、通信制高校は学年制ではなく単位制なので、そもそも学年という概念がありません。つまり、留年の心配がないというのはメリットのひとつといえるでしょう。いつからでも勉強を再開できて、3年間在籍していれば卒業できるのもうれしいポイントです。たとえ不登校でも全日制高校に在籍していた期間も加算されるので、無駄にならないのも見逃せません。

通信制高校ならば高等学校卒業資格を取得できる

義務教育の小学校や中学校は不登校でも卒業できました。しかし、高校で不登校になるとそうはいきません。高校では少なくとも年間133日出席しなければ進級できませんし、6年以上在籍することはできないのです。したがって、不登校のままでは高校中退せざるを得ません。

高校中退では最終学歴は中卒ということになります。高卒でなければ大学を受験できませんし、就職にも苦労するでしょう。「でも、もう学校に通いたくない」そう思っているならば、通信制高校を活用するのもひとつの方法です。じつは高卒資格は全日制高校や定時制高校に通わなくても、通信制高校でも取得できるというのはご存知でしたか?

やる気を取り戻すこともできる通信制高校

通信制高校の勉強は生徒の自主性にまかされているといっても過言ではありません。毎日登校して授業を受ける必要もありませんし、時間割通りに行動しなくてもよいのです。自分のペースで勉強できるというのは大きなメリットといえるでしょう。

「まわりのみんなと同じことをするのが苦手」という人でも、今度こそ、自分の好きなように勉強をするチャンスです。これまで無気力に陥っていた人でも、やる気を取り戻すこともできるかもしれません。最初は簡単な課題でも「自分で学習計画を立てて取り組んだ」という経験を積み重ねていくことで「自信がついた」という生徒も少なくないのです。

通信制高校ならば学費もリーズナブル

学費を自分で工面しなくてはならず、アルバイトに明け暮れているうちに疲れから不登校になってしまった……という人もいるでしょう。学費がほとんどかからない通信制高校ならば、アルバイトを減らして勉強に集中することもできます。

たとえば、公立の通信制高校ならば年間の学費はおよそ3万円しかかかりません。私立の通信制高校では年間25万円程度必要ですが、就学支援金制度を活用すれば年間8万円ほどですむこともあります。まずは県庁などの高校教育課に相談してみることをおすすめします。

不登校から通信制高校に編入するデメリット

不登校になってしまっても通信制高校を活用すればもう一度勉強しなおすことができることがわかりました。高卒資格も取得できますしメリットばかりのように見えますが、デメリットがないかどうかも気になるところです。

自主性が問われるというデメリット

通信制高校での学習は自宅での自学自習が中心となります。先生やクラスメイトの目もないので、いくらでもサボることもできるでしょう。自主性に欠けていると、何もスタートしないというのはデメリットといえるかもしれません。

しかし、それは自主性を育てるチャンスと考えることもできます。「不登校になってしまった自分を変えたい」「不登校は意志の弱さではないことを証明したい」などと考えている人にとってはデメリットとは一概にいえなのではないでしょうか。自主的に勉強を続けていくのは簡単なことではありません。しかし、無事にやりとげて卒業できた時には大きな自信を得ることができるのは間違いありません。

通信制高校は人と触れ合う機会が少ない?

通信制高校の多くはクラス制度をとっていません。少ないところでは年に4日程度の登校で卒業できてしまいます。毎日、級友と顔を合せる必要がないのはホッとする反面「コミュニケーション不足になってしまうのではないか」と、心配な人もいるでしょう。

しかし、じつは毎日登校できるような通学コースを設けている通信制高校もあります。そういった学校ではクラス制度になっていて、担任が1人1人の学習をサポートするだけではなく心のケアにも心を配っていることが特徴です。同じように不登校で悩んだクラスメイトと出会い、気持ちを分かち合えることもあるかもしれませんね。

3年で卒業できないこともある通信制高校

通信制高校では年度初めに登録した科目の単位を取得できなくても留年することはありません。しかし、卒業するには学科74単位を取得しなくてはいけないので、次の年にまた同じ科目を登録……ということを繰り返してしまう人もいます。

もし、3年で卒業したいならば1年に約25単位はきちんと取得していくペースを保つ必要があります。通信制高校では簡単なレポートを提出していけば単位を取得できるようになっていますが、ためてしまうと大変です。毎日コツコツと勉強する習慣を身につけるようにしましょう。

不登校から通信制高校に進むメリットは大きい!

不登校になってしまった時、登校を再開できないか頑張るのも、別の全日制高校に編入するのも間違いではありません。しかし、いずれにせよ、学校に通わなくてはいけないのも事実。「勉強はしたいけど学校はもう嫌だ」という人にとっては最善の選択とはいえないでしょう。

じつは「学校に通うこと」=「勉強」ではありません。学校に通わなくても勉強を続けることは可能ですし、高卒資格を取得することもできます。それを叶えてくれるのが通信制高校なのです。

通信制高校ならば自宅での学習をメインとしながら高校課程の勉強をしっかりと履修できます。いじめや人間関係に悩んで不登校になってしまった人も、今度こそ勉強に集中できるのではないでしょうか。

ただし、一口に通信制高校といってもさまざまな学校があります。毎日登校できるところもあれば、登校日は年に4日程度というところもあるのです。まずは通信制高校一覧などから、自分に合っていそうな学校を探してみてはいかがでしょうか。

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら