家庭生活が原因で不登校に……通信制高校でリベンジできる?

夫婦喧嘩

家庭生活に原因があり不登校になることもある?

不登校というといじめ、学業不振など学校生活に起因するイメージかもしれません。しかし、家庭生活に原因があって不登校になる生徒も少なくないことはご存知でしたか?

家庭生活も不登校の原因のひとつ

文部科学省による平成28年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」によれば、さまざまな原因で不登校になっている生徒がいることがわかります。不登校というと、いじめなどの学校生活の問題をイメージする人も多いかもしれませんが、実際はそればかりではないのです。

たとえば、不登校が「家庭生活に起因」しているという高校生は14.9%にものぼりますが、具体的には次のような原因があるといわれています。
・家庭の生活環境の急激な変化
・親子関係をめぐる問題
・家庭内不和
それぞれ、どのようなものなのか詳しく見てみましょう。

家庭生活の急激な変化で不登校に

リストラ、離婚などによって家庭生活が急激に変化したことをきっかけに不登校になる子どもも少なくありません。このような状況下では親自身も大きな不安を抱えていて、子どものことが二の次になってしまい「気づいたら不登校になっていた」ということも。

ストレスを抱えた親に八つ当たりされたり、親が抱える不安を敏感に察知したりして、精神的に不安定になる子どももいます。とくに、中学校から高校にかけては思春期特有の敏感な時期でもあり、ささいな家庭生活の変化から不登校になってしまう例もあるのです。

親子関係をめぐる問題で不登校になることも

高校生ともなれば反抗期が落ち着いてくる頃ですが、こじれた親子関係を修復できずにいて、不登校の原因となることもあります。また、虐待を受けているなど、特殊な親子関係も不登校の原因です。

親にも子にも自覚がなくても、歪んだ親子関係が不登校という形で表出することも少なくありません。学校内の人間関係にとくに悩んでいる様子もない子どもが不登校になっていたら、親子関係に問題はないかどうか見直してみる必要があるといえるでしょう。

家庭内の不和による不登校

親子関係に問題はなくても、両親の離婚、同居中の祖父母とのトラブルなど、家庭内の不和もまた子どもに大きなストレスを与えます。家庭が子どもにとって安らげる場所ではなくなってしまい、勉強どころではないという状況になっているのかもしれません。

子どもは家の中でしわ寄せを最も受けやすい存在です。家庭内の不和から心身ともに不調をきたし、学校に行く気力を奪われる子どももいます。登校せずに家にいることで、余計にギスギスした雰囲気にさらされて、ますます病んでいく……という悪循環に陥りがちなので要注意です。

家庭生活に著しい問題があるなら避難所へ!

家庭生活の問題が、日常的に暴力被害を受けているなどの虐待の域に達しているならば、一刻も早く自立援助ホームを活用することをおすすめします。自立援助ホームとは15歳から20歳までの何らかの理由で家庭にいられなくなった青少年に暮らしの場を与える施設です。

自立援助ホームは全国各地にあり、それぞれ10人以下の少人数で共同生活を営んでいます。近くの自立援助ホームについては全国自立援助ホーム競技会サイトの一覧表から探してみてください。

家庭生活が原因で不登校になったらどうする?

家庭生活が原因で不登校になった時、そのままでは高校中退ということにもなりかねません。最終学歴は中卒となり、進学にも就職にも不利です。不登校でも勉強を続けたい時、いったいどうすればよいのでしょうか。

不登校になったら家庭教師という方法もあるが……

不登校になった時、家庭教師を依頼して勉強を続けるという方法もあります。家庭教師派遣センターの中には不登校の生徒を対象としたサービスを提供しているところもあるので、相談してみるのもよいでしょう。

家庭教師ならば、本人の学習進度にマッチしたマンツーマン指導も期待できます。勉強面の遅れが心配な人にとっては心強いものです。しかし、どんなにしっかり勉強しても不登校のままでは高等学校卒業資格を取得できないという点を忘れてはいけません。

不登校の生徒対象のフリースクールもあるが……

自治体やNPO法人によるフリースクールは、不登校の生徒を支援する施設です。小学校や中学校ならばフリースクールへの出席を学校へ登校としてカウントして、卒業することもできます。しかし、高校ではそうはいきません。

不登校の高校生もフリースクールに通うことはできます。昼間、どこへも行かずに何もしない……という状況は改善できるでしょう。しかし、どんなにフリースクールで一生懸命勉強したとしても、不登校のままでは高等学校卒業資格を取得できないのです。

不登校になったら通信制高校を活用しよう! 

不登校の悩みは「どうにか登校を再開したい」と、考えている限りなくならないといってもよいでしょう。しかし、登校することが必ずしも正解とは限りません。どうにか高校は卒業したものの、進学も就職もせずに引きこもりになってしまう人もいます。

そうならないためには、無理なく高校を卒業できる方法を他に探すのもひとつの賢い選択です。家庭生活に原因があって全日制高校に通い続けるのが難しいならば、通信制高校に編入するという方法もあるのはご存知でしたか?

通信制高校はいつからでも編入できる

通信制高校は入学随時受付というところも少なくありません。「通信制高校で勉強し直そう!」と、決めたらすぐに学び始めることができるといっても過言ではないのです。

全日制高校への編入では、ひとつ下の学年に入らなければいけないこともありますが、通信制高校ならばそのような心配もありません。「年下のクラスメイトとう上手くやっていけるか不安」という人にもおすすめの通信制高校なのです。

通信制高校を利用するメリットとデメリット

家庭生活に何らかの問題があることが原因で全日制高校に通うのが困難ならば、通信制高校に編入してみませんか?通信制高校には次のようなメリット、デメリットがありますが、不登校の生徒にとって役立つものであることは間違いないでしょう。

通信制高校は学費が安い!

通信制高校の大きなメリットは、学費が安いという点です。家庭の経済状況が悪化して全日制高校に通えなくなった生徒でも、就学支援金制度などを併用することで実質無料になることもあります。詳しくは文部科学省サイト「高校生等への就学支援」を参照してみてください。

もちろん、すべての通信制高校がリーズナブルなわけではありません。通信制高校の補習を行うサポート校も併用すれば、公立の通信制高校以上に学費がかかってしまうこともあります。もし「できるだけ学費をかけたくない」と、考えているならば公立の通信制高校を選択してみてはいかがでしょうか。

通信制高校は心のケアも手厚い

通信制高校には学校生活、家庭生活などのさまざまな問題を抱えている生徒も少なくありません。そのため、多くの学校でカウンセラーを配置するなどして心のケアにも十分配慮しています。

全日制高校ではいじめなどの学校生活の問題ですら相談しにくく、まして家庭生活のこととなると「先生に話すわけにもいかない……」と、ためらう人もいるでしょう。しかし、通信制高校にはいろいろな家庭の事情を抱えている生徒がいますし、先生方も対応に慣れているので、思い切って相談してみてはいかがでしょうか。

通信制高校では自分の意志が問われる

以上のように通信制高校は家庭生活に問題を抱える生徒にとってさまざまなメリットがあります。一方で生徒による自学自習を基本としているので、意志の強さが問われる点をデメリットと考えることもできるかもしれません。

しかし、自分で学習計画を立て、コツコツとこなしていくための自主性を養うきかっけになるともいえます。頑張り次第では同級生に遅れととることなく高校を卒業することも夢ではありません。ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

通信制高校の勉強は難しくない

通信制高校での勉強は意志が問われるというと「やっていけるか自信がない」と、ひるんでしまう人もいます。しかし、通信制高校での勉強は、難易度はさほど高くない安心してください。

通信制高校を卒業するには、最低でも74科目の単位を取得する必要があります。1科目あたり年に5~6回のレポート提出があるので、とにかくそれをきっちりとこなしていきましょう。レポートといっても穴埋め形式などになっているので、ためこまずにこなしていけば問題ありません!

不登校の原因が家庭生活ならば通信制高校に編入を!

小学生、中学生の義務教育の子どもでさえ、心安らかに勉強に取り組むという基本的な権利を奪われていることも少なくない昨今です。まして、高校生ともなると、家庭生活が原因で不登校になっていても、見過ごされてしまうことも多々あります。

不登校によって高校を卒業できなければ、最終学歴は中卒です。中卒では就職にも進学にも不利といわざるを得ません。どうにか高卒資格を取得したくても、高校に通えない……という状況ならば、通信制高校を活用してみませんか?

通信制高校ならば、ほとんど学費をかけなくても高等学校卒業資格を取得することもできます。「もう、親には学費を出してもらえそうにない」という人でも、通信制高校で学び直してみませんか?ますは資料請求などをして、自分にピッタリの通信制高校を見つけることから始めましょう!

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら