不登校からフリースクール、通信制高校に進むメリット・デメリット

園芸

不登校とは具体的にどんな状態のこと?

学校を長期欠席していて「もしかして、自分は不登校なのかもしれない」と、不安に思っている人もいるかもしれません。不登校とは具体的にはどのような状態のことなのでしょうか?

30日以上欠席していたら不登校の可能性大

文部科学省では不登校について「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはしたくともできない状況にあるために年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたもの」と定義しています。

病気や貧困などで学校に通えなくなった場合は不登校ではありません。しかし、その他の原因で30日以上欠席が続いているようならば、不登校ということです。

不登校になる原因はひとつではない

不登校はいじめ、非行など原因が明白な場合ももちろんあります。一方、最近増えているのが「理由がいくつもあって、これと決められない」という複合型の不登校です。また、やる気の欠如から不登校になってしまう例もあります。

不登校の子どもに対して大人は「なぜ学校に行けないのか?」と、問い詰めそうになるものですが、絶対にやめましょう。なぜならば、生徒自身、不登校の原因を自覚できていないことも少なくないからです。子どもが自分で話をしたくなるまで待つようにしましょう。

発達障害から不登校になる子どもも

最近、不登校の原因として注目されているのが発達障害です。注意欠陥/多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などの子どもは、学習のつまずきから不登校になる例も少なくありません。

見過ごされがちなのがアスペルガー症候群(ASD)です。ASDは成績優秀な反面、コミュニケーションの独特さが目立つ障害でもあります。そのため「勉強だけできる友達と上手くやれない生徒」などとレッテルを貼られがちで、不登校に陥ることも多いのです。

不登校になったらフリースクールがおすすめ?

学校に通えない日々を過ごしていると、どうしても勉強がおくれてしまいます。久しぶりに登校してみたものの、授業がまったくわからずにくじけてしまった……と、ならないためにはフリースクールで学習を続けるというのもひとつの方法です。

不登校でもフリースクールなら入学できる

フリースクールとは、何らかの理由で学校に行けない子どもに提供されている学びの場です。主催しているのは個人塾経営者、NPO法人、ボランティア団体などさまざまで、教育理念も費用も一様ではありません。同じフリースクールといっても多種多様なので、まずは自分にピッタリの学校を探すことが大事です。

フリースクールは、基本的に入学試験などはありません。これといった入学資格もなく、誰でも入学できるのが特徴です。「どうにかして登校を再開したい」と、考えているならば、一時的にフリースクールに通ってみるのもひとつの方法でしょう。

フリースクールのメリット

フリースクールは「子どもの居場所作り」に主眼を置いているところもあります。そのため、不登校だった子どもでも無理なく通えていることも少なくありません。「不登校で人とのコミュニケーションが絶えてしまうのが不安」という人も利用してみてはいかがでしょうか。

また、勉強をメインにしているフリースクールもあり「不登校の間に勉強の遅れを作りたくない」という人におすすめです。学校以上に高度な授業を提供しているフリースクールもあるので、学校の勉強が退屈だった人も満足できるのではないでしょうか。

フリースクールのデメリット

クラスメイトとコミュニケーションや勉強がしっかりできるフリースクールに通ってさえいれば「別に高校に戻る必要はないのでは?」と、思う人もいるかもしれません。しかし、フリースクールでは絶対に叶えることができないことがあります。

じつは、フリースクールでは高等学校卒業資格を取得することができません。どんなにフリースクールで難しい勉強をしていても、それだけでは大学受験資格を取得できないということです。そのため、フリースクールは「全日制高校への登校を再開できるまでのつなぎ」と、考えるのが妥当といえます。しかし、不登校の人のなかには「2度と登校したくない」という人もいるでしょう。いったいどうすればよいのでしょうか。

高認合格を目指すフリースクールもある

大学受験資格を得るには高等学校卒業程度認定試験いわゆる高認に合格するという方法もあります。フリースクールのなかには高認対策コースを設定しているところもるので、そういった学校を選択するのもよいかもしれません。

しかし、高認もまた高等学校卒業資格ではない点に注意してください。つまり、高認だけでは最終学歴は中卒になってしまうリスクも大いにあるということです。

不登校になったら通信制高校がおすすめ?

不登校になって登校を再開できる見込みがない場合、通信制高校に編入するのもおすすめです。芸能人やスポーツ選手が在籍していることでも最近ニュース記事などになっている通信制高校ですが、いったいどのような教育をしているのでしょうか。

通信制高校ならば不登校も問題にならない!

通信制高校とは文字通り通信教育で高校課程の勉強ができるようになっている学校です。自宅での自学自習をメインにしているので、そもそも不登校が問題になることもありません。

もし、どうしても学校に足を運ぶのが苦痛ならば、通信制高校に編入するのもひとつの方法です。全日制高校に登校できない自分を責め続けるのではなく、通信制高校という新しい学びの場で勉強を再開してみませんか?

通信制高校も登校日はゼロではない

毎日登校する必要がない通信制高校ですが、登校日がゼロというわけではありません。基本的に週に1~2日程度の登校日があります。これは、高校課程ではホームルーム、クラブ活動、行事などの単位も取得しなければいけないからです。

しかし、なかには年に4日程度の登校ですむ学校もあるので心配ありません。逆に「1人での勉強が不安」という人のために、毎日通える学校もあります。通信制高校と一口にいっても教育方針はさまざまなので、まずは情報をしっかりと収集してみてはいかがでしょうか。

通信制高校ならではのメリット

通信制高校は全日制高校、定時制高校などとならぶ正式な高等学校の一形態です。そのため、高等学校卒業資格を取得できるとうのは大きなメリットといえるでしょう。

学年制ではなく単位制の通信制高校では、高卒資格を取得するには学科74単位を自分のペースで取得しなければいけません。卒業には最低でも3年間在籍している必要があるので、年に約25単位ずつ取得していくのが望ましいでしょう。一般的に通信制高校での勉強は難しくはありませんが、毎日少しずつでもコツコツ勉強する姿勢が求められます。

通信制高校で学ぶデメリット

一斉授業を中心としている全日制高校や定時制高校と違って、通信制高校では「他人が見ていないところでも勉強する」強い意志が必要です。誰に見られているわけではなくても、自分を律して勉強していかなくてはいけません。

「自分のペースで勉強できる」というメリットも、人によっては「どう勉強したらよいかわからない」というデメリットに感じるかもしれません。しかし、むしろ自主性を鍛えるチャンスともいえます。ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

通信制高校にはサポート校もある

自主性に自信がない人はサポート校を利用してみてはいかがでしょうか。サポート校とは通信制高校での勉強を補佐する補習塾のようなもので、併設している通信制高校も少なくありません。

ただし、学費は通信制高校とサポート校と2倍かかることになります。そうとはいっても全日制高校と塾に通うよりは安くすむでしょう。とくに「3年キッカリで卒業したい」と考えているならば、利用して損はないサポート校なのです。

不登校になったら通信制高校という新しい学びの場へ!

全国的に不登校児童・生徒のためのフリースクールが増えています。不登校になったらまず「フリースクールにでも通おうか」と、連想する人も少なくないでしょう。

確かにフリースクールは不登校児童・生徒のためにさまざまな取り組みをしています。フリースクールを活用することで小学校、中学校を卒業できた児童がいるのも事実です。しかし、高校に限っては、いくらフリースクールにまじめに通っても卒業できないというデメリットに注意しなければいけません。

たとえ不登校になっても少なくとも高卒資格は取得しておくべきです。高卒資格がなければ大学受験もできませんし、就職も不利になるでしょう。そして、高卒資格取得を主な目的とするならば、フリースクールではなく通信制高校がおすすめなのです。

通信制高校は通信教育を中心とした新しい学びの場です。自宅での自学自習を中心としていますが、少なくとも年に4日程度の登校日が設定されています。文化祭、体育祭などを開催する通信制高校もあるので、オープンキャンパスがあれば見に行ってみるのもよいかもしれません。

通信制高校での勉強は自主性を問われるという点をデメリットに感じる人もいます。しかし、自主性を鍛えることができるのはむしろメリットと考えることもできるのではないでしょうか。いざとなったらサポート校を利用できますし、高卒資格取得を目標に頑張ってみませんか?

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら