不登校の原因「いじめ」

いじめ

いじめとは?

いじめの代表的な事例には、無視する、悪口を言う、根も葉もない噂を流して悪者にする、殴るなどの暴力を行うなどがあります。

最近では、いじめのターゲットに金銭を要求するなどといった悪質極まりないものもよくあるケースで、インターネットを活用したいじめなども増加傾向にあるようですね。

いじめの原因としては、自分が受けた精神的な苦痛を他人にぶつけることで解決しようとしたり、過去にいじめられた経験から他人をいじめるようになったりと、人によって様々です。

また、それをいじめだと認識しておらず、ふざけているつもりで行動がエスカレートしていくこともあります。

いじめの定義

そもそも、いじめとは一体何なのでしょうか。

文部科学省は、いじめについて「自分よりも弱いものに対して一方的に身体的・心理的な攻撃を継続的に加え相手が深刻な苦痛を感じているもの」と定義しています。

以前は「学校としてその事実を確認しているもの」という内容が含まれていましたが、現在はその内容を外しており、発生する場所も学校の内外を問いません。

他の提唱者では「集団で1人または少数をいじめる」など、多数が少数に対して攻撃を加えることや、「一過性のものではなく継続して行うこと」などという記述もあります。

いずれにしても自分より弱い存在を一方的に苦しめるという内容であり、いじめに対する認識は概ね一致しています。

当事者の自覚の問題

いじめではしばしば、生徒本人がいじめについて自覚していないケースがあります。

特に加害者としては、過去に自分が受けたいじめなどと比較して「こんなものはいじめではない」と思っていることもあり、自分が与える苦痛について無自覚なことも多いとされています。

また、被害者自身が自分の受けた苦痛について告発しないと、周囲からは「まだ我慢できる範囲なのだ」「本人にとっては苦痛ではない」などと都合の良いように解釈され、傍観されてしまいます。

文部科学省のいじめの定義では、いじめを構成する要素として「相手が深刻な苦痛を感じているもの」とありますが、本人がどれだけ肉体的・精神的な苦痛を受けているかという主観的な感情が、いじめのボーダーラインを決める際に必要不可欠になります。

たとえ加害者が悪ふざけと思っていても、被害者が苦痛を感じるならそれはいじめになります。

第三者の協力が必要不可欠

殴るなどの暴力行為はもちろん、無視や陰口などでも苦痛を感じない人間はいませんが、日本ではいずれの場合も教師が介入してこないケースが多いので、いじめをなんとかしようと思ったら、いじめられている本人が自分の受けた苦痛を第三者に訴えることが必要不可欠です。

とはいえ、いじめを告発するとさらにいじめがひどくなるのではないか、などの不安からなかなか打ち明けられない生徒も多いです。

いじめを受けると、自分の存在を全否定されていると感じ、自尊心を深く傷つけられます。不登校どころか、「自分がこの世にいない方が他人のためだ」などと考えて、自殺してしまう場合もあります。

周囲の方は、生徒が暗くなった、怪我が多くなった、物を失くすようになったなど、いじめのサインを見逃さないことが大切です。

いじめをなくすことはできるのか?

こういったいじめ問題をなくすことはできるものなのでしょうか?答えは正直なところ「不可能に近い」と言わざるを得ないでしょう。ひとつのいじめ問題が解決しても、その学校にいじめが根付いているのであれば、ターゲットを変えてまた新たないじめが始まるだけです。

しかも、今のいじめは多様化しており、親はもとより、先生や、他の生徒さえ気づかないといった深いところで行われている場合も多く、いじめが発覚するのにものすごく時間がかかったり、生徒の自己申告があったりしてもそれがいじめであると認識されないようなケースも多発しています。

いじめが横行している学校では些細なことで、ターゲットにされたり、いじめを受けている子を庇う姿勢を見せただけで次のターゲットにされるケースも少なくありません。自分が被害を被らないためには見て見ぬ振りをするしかないのです。

こんな状況では誰もいじめを止めることはできませんよね。

さらに、いじめをしている生徒もいじめが発覚した後、注意を受けたとしても口先だけの反省で心から申し訳ないと思うことはあまりありません。これは、前述したように、そんなに悪いことをしたという罪悪感がないというのと、いじめられる方に問題があると思っているケースが非常に多いからです。「いじめられる方にも問題がある」という言葉はいじめ問題を議論する上でよく、言われる言葉ですが、いじめた方が悪いに決まっています。

いじめ問題をその場しのぎで解決するのではなく、根本的に解決したいのであれば、いじめた当人にどんなにひどいことをしているのかをわからせ、心から反省させることが必要となってくるのではないでしょうか?

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら