不登校を経験しても通信制高校から卒業資格を取得!

卒業証書

不登校から高校中退。その後に待っている困難とは?

小学校や中学校は義務教育なので不登校でも卒業することはできます。しかし、高校ともなるとそうはいきません。高校で不登校になった場合、高校中退せざると得ませんが、そうなると、さまざまな困難が予想されるのも事実です。

不登校からの高校中退は大学進学を困難にする

高校中退してしまったとしても「大学に進学すれば、最終学歴は大卒になるから問題ない」と、考えている人もいるかもしれません。しかし、じつは高校中退のままでは大学を受験する資格がないことはご存知でしたか?

大学はもちろん多くの専門学校が受験資格を高等学校卒業・卒業見込みとしています。不登校から高校中退してしまった場合、受験にチャレンジすることすらできないのです。

不登校から就職することの難しさ

不登校によって高校を中退してしまうと最終学歴は中卒のままです。人間の価値は学歴だけで評価されるべきではありませんが、実際のところ中卒では就職は難しいといわざるをえません。正社員はもちろんのこと、アルバイトやパートでも中卒求人というのは数えるほどしかないものです。

運良く求人を見つけて採用試験にのぞむことができたとしても「なぜ、高校中退したのか?」というのは、必ず聞かれるしょう。その時「不登校だったので」という答えが果たしてプラスになるでしょうか?高校中退の中でも不登校は病気・経済的な理由以上に偏見を抱かれやすいリスクがあるのも事実です。

不登校からの高校中退が自分自身を傷つける

不登校から高校中退に至るまでにはいじめ、人間関係の悩みなどさまざまな悩みがあったことでしょう。原因は不登校になった本人ではなく、まわりの生徒というケースが大半です。

しかし、不登校になった時、自分ばかりを責める人も少なくありません。「まわりと上手くやっていけなかった自分」「勉強をやめてしまった自分」と、劣等感がつのるばかりではつらすぎます。そんな毎日から抜け出す方法はないのでしょうか?

不登校でも勉強を続けられる?高卒資格も取得できる?

不登校のままでは、何も勉強しない時間が長引いていくばかりです。毎日、何もしないでいては、ますます自分に自信を持てなくなってしまうでしょう。新しい一歩を踏み出すにはどうすればよいのでしょうか。

不登校から別の全日制高校に編入する

ひとつの学校で上手くいかなかったからといって、あきらめることはありません。もしかしたら、別の全日制高校に編入すれば、今度こそクラスメイトにも恵まれて楽しく過ごせることもあるでしょう。

しかし、全日制高校の場合、タイミングによってはひとつ下の学年に編入しなければいけないこともあります。10代の頃はほんの1歳違うだけでも学年色の違いにカルチャーショックを受けることもあるものです。居心地の悪さから再び不登校に……という例も少なくありません。

不登校から高等学校卒業程度認定試験を目指す

高校中退者が勉強を続けたいと考えた時、高等学校卒業程度認定試験いわゆる高認合格を目指すという方法もあります。高認にパスすれば大学や専門学校を受験する資格を得ることもできますし、難しい試験ではないので誰でもチャレンジ可能です。

しかし、注意しなければいけないのは高認では高卒資格を得られないという点です。もし、大学受験に失敗したり大学を中退したりするようなことがあれば、最終学歴は中卒になってしまうリスクがあることを肝に銘じなくてはいけません。

不登校から通信制高校に編入する

以上のように全日制高校に編入する、高認を目指すというのにはそれぞれデメリットがあります。そこで、おすすめしたいのが通信制高校という選択肢です。

通信制高校ならばいつからでも編入できますし、全日制高校のように同じ学年をやり直すというようなこともありません。また、れっきとした高等学校の一形態なので高卒資格を取得することもできるといわけです。

通信制高校は誰でも入学できる?どんな学校?

不登校の状態をどうにかしたいと考えているならば、通信制高校で勉強し直してみませんか?もちろん、入学試験もありますがチャレンジしてみる価値は大いにあります!

通信制高校の入学試験は難しくない

通信制高校の入学試験は「受け入れるための試験」ともいわれています。簡単な筆記試験と面接試験がありますが、よほどのことがない限り落とされるようなことはないようです。まして「不登校だったから」という理由で不合格になることはまずありません。

また、多くの通信制高校が年間に複数回の入学タイミングを設けています。つまり、4月を待たずに勉強を再開することができるというわけです。不登校になってしまったものの「できるだけ早くもう一度勉強を始めたい」と、考えている人にとってもピッタリといえるでしょう。

通信制高校は学年制ではなく単位制

通信制高校は一学年下への編入はもちろん留年もありません。なぜならば、通信制高校は学年制ではなく単位制になっているからです。自分のペースで学習を進めて、高校課程で必修とされている学科74単位を取得すれば、高卒資格を取得できます。

全日制高校のように一斉授業もないので、登校する必要もありません。したがって、そもそも不登校が問題視されることもない通信制高校。不登校を経験した生徒はもちろんのこと、芸能活動やスポーツなどで学校に通う時間がない生徒の利用者も多い新しい教育方法といえるでしょう。

通信制高校の勉強はレポート提出がメイン

通信制高校で単位を取得するには、定期テストと1教科あたり年に5~6回設定されているレポート提出をクリアしなければいけません。定期テストといっても全日制高校のように難しいものではなく、レポートを復習すれば十分に合格点を取ることができます。

通信制高校の勉強で大事なのは、しっかりとレポート提出をこなすことです。レポートといっても難しいものではなく、穴埋め問題程度のものになっています。最近ではネット経由で提出できるので切手代もかかりません。ただし、簡単なレポートではあってもためてしまうと負担になるのでペース配分に注意するようにしましょう。

登校日がゼロというわけではない通信制高校

基本的に毎日登校しなくても卒業できるとはいえ、通信制高校は登校日がゼロというわけではありません。なぜならば、高卒資格を取得するにはホームルームなどの特別活動で30時間単位取得しなくてはいけないからです。

週に1~2日程度の登校日を設けている通信制高校が多いようですが、なかには年に4日程度の登校でOKという学校もあります。一方、毎日登校できて制服が用意されている学校もあるので「1人で勉強するのは不安」という人はいかがでしょうか。

不登校経験者へのサポートが手厚い通信制高校

通信制高校ならば人間関係にわずらわされることなく、勉強に集中することもできそうですね。さらに、不登校を経験した生徒の支援に特別に力を入れている次のような通信制高校ならばさらに安心でしょう。

常勤講師だけの通信制高校「中央高等学院」

「いじめを相談したのに、きちんと対応してもらえなかった」というような先生への不信感から不登校になった人もいるかもしれません。中央高等学院は講師陣のクオリティにこだわる通信制高校です。全先生が常勤で、勉強のことはもちろん生徒が抱えるさまざまな悩みに対応しています。

中央高等学院のサイトには先生紹介のコーナーがあり「こんな高校生でした!」「先生になった理由・きっかけ」「学校探しをしているあなたへのメッセージ」などをブログ感覚で読めるようになっています。今度こそ、気が合いそうな先生を見つけることもできるのではないでしょうか。

専門分野を学べる通信制高校「ヒューマンキャンパス高等学校」

「学校の勉強に興味が持てない」という理由から不登校になる人もいます。そんな生徒の受け入れに積極的なのがヒューマンキャンパス高等学校です。ここで学べるのは国語・数学・理科・社会などだけではありません。

ヒューマンキャンパス高等学校は専門教育期間との連携によって、デザイン、メイク、ファッション、ゲーム、スポーツなどの分野の専門的な勉強もできるようになっています。資格取得へのサポートもあり、将来の目標や夢を見つけて頑張っている元・不登校の生徒も少なくありません。

登校日が最小の通信制高校「ルネサンス高等学校」

不登校を経験した人の中には「なるべく学校に足を運びたくない」と、考えている人も少なくないでしょう。そんな人におすすめなのが、ルネサンス高等学校です。

ルネサンス高等学校ならば、年に4日だけ登校すれば高卒資格を取得することも可能です。インターネット学習がメインで、スマホ、タブレット、PCなどでスキマ時間に勉強することも可能。アルバイトなどと両立することもできそうです。

不登校ならば通信制高校で高卒資格を取得しよう!

一度、不登校になってしまうとそこからまた登校を再開するのは難しいものです。義務教育ではない高校は、不登校のままで卒業できるということはまずありません。したがって、最終学歴は中卒となってしまいます。

中卒のままでは大学進学もできませんし、就職先もほとんどありません。できれば、高卒資格だけは取得しておきたいところです。そうとはいっても「もう高校に通いたくない……」という人もいるでしょう。

そんな時におすすめしたいのが通信制高校です。毎日登校する必要がない通信制高校には、そもそも不登校というものがありません。また、不登校を経験しているからといって入学試験で不利になるということもないのです。

実際、不登校から通信制高校への編入を選択する生徒は少なくありません。そのため、多くの通信制高校が不登校を経験した生徒へのケアに力を入れています。不登校がトラウマになっているならば、通信制高校で勉強への意欲だけではなく、生きる気力を取り戻してみませんか?

不登校を解決するには「無理をしてでも学校に行く」のが最善とは限りません。「無理をせずに登校の必要がない通信制高校に編入する」というのも賢いひとつの選択です。心の中のモヤモヤをスッキリ捨てて勉強に集中したいならば、ぜひ通信制高校を選んでみてはいかがでしょうか。

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら