不登校で家庭教師を頼むメリット・デメリット

家庭教師

不登校でも家庭教師なら安心

不登校になると、学校に通わないぶん周囲よりも学習ペースが遅れてしまい、学校に復帰しにくい状態になります。

教科書やプリントだけを見ても、先生に直接聞かないと分からないこともありますよね。しかし、学校には行けない。そんな時には、家庭教師を利用するという方法もあります。

家庭教師は家庭で勉強を教える民間の先生

特別な資格は必要なく、大学生や社会人がアルバイトとして携わる場合もありますし、職業として専門的に行っている人もいます。

アルバイトだと不安に思われるかもしれませんが、企業から派遣されてくる家庭教師は、必要な知識や教え方を一通り学んでからやってくるので、あまりひどい先生に出会うことはないでしょう。

もちろんプロに依頼することのできますし、生徒と相性が悪い場合は家庭教師をチェンジすることも可能です。

家庭教師を雇うメリットとは?

家庭教師はマンツーマンですので、その子の学習速度に合わせて勉強を進めることができます。分からないことがあってもその場で質問できますし、納得するまで徹底的に教わることができます。

数学などで多いのは解き方が分からないということですが、先生がいれば一緒に解いてくれるので、「分からない」という状態が起きにくくなります。

自主学習できる生徒も、教科書や参考書をただ見るのと、直接他人から教わるのとではモチベーションが違いますよね。解けない問題が解けるようになれば先生は褒めてくれますし、宿題をサボるなどすれば当然叱り、あるべき状態へと導いてくれます。

もしも、学習がスムーズに進む生徒であれば、自分の能力に応じてより難易度の高い問題に挑戦することができます。進学を考えている人にも家庭教師はメリットの多い学習方法といえるのではないでしょうか。

貴重な人間関係

不登校の生徒にとっては、家族以外の人間と接することができる貴重な機会でもあります。

家庭教師と接することで、人間関係に関する新しい発見が生まれるかもしれませんし、家庭教師と信頼関係を結ぶことで、家族に言えない悩みなどを相談してくれることもあります。

不登校児に対するノウハウを持った家庭教師もいる

家庭教師の中には不登校児の扱いに慣れており、不登校児に対するノウハウを持った家庭教師も存在しています。

これは、家庭教師を利用する生徒の中に不登校で悩んでいる子が圧倒的に多く、普通の子のように勉強を教えるだけでなく、心のケアも必要としている生徒が多いため、家庭教師の派遣などを行っている会社では、そう言った不登校児に対する心のケアもできる先生を用意しているところもあるのです。

今の状態が不登校だから家庭教師をつけて、学力の遅れを取り戻すというのは大切なことではありますが、学力さえ上がればいつまでも不登校でいいと思っている生徒や親御さんはいらっしゃらないはずです。

いつかは学校に行く気を取り戻し、不登校から抜け出したいと思っているのが本音といえるのではないでしょうか?

その不登校からの脱却をサポートしてくれるノウハウを持っている家庭教師もいるので、学力を上げつつ不登校から抜け出したいと考えている場合は、そう言った不登校児の心のケアができるような家庭教師を選んでみるのもいいのではないでしょうか?

家庭教師のデメリットとは?

家庭教師のデメリットは、まず費用がかかることです。マンツーマンの授業ですので、学習塾を利用するよりも授業料がかかります。

また、一緒に学習する生徒がいないので競争心が湧きにくく、周囲に比べて自分がどの程度のレベルなのか分かりにくいという側面もあります。しかし、学習はあくまで自分自身と向き合って行うことですので、周りを意識しないぶん、「かえって集中力が上がった」、「学習に身が入った」という生徒もいます。

一番良いのは、登校できるようになって、学校で学習成果を発揮することです。もしも成績不良で不登校になってしまった場合は、十分実力がついた頃に登校を促してみてはいかがでしょうか。周りよりも成績が良くなると精神的余裕ができますし、成績のことでからかわれなくなると自尊心が育ちます。

勉強がはかどることで、かえって学校に行くことが楽しくなるかもしれません。

どんな家庭教師ともうまくやれない

子供の中には他人との接触を拒み、どんな家庭教師をつけてもうまくいかない場合もないとは言えません。親以外の他人と交流を持つことは不登校から抜け出すためにはとてもいいことですが、相性が誰とも会わず、会話もできない状態が続いてしまうのであれば家庭教師を雇う意味がなくなってしまいます。

そう言った場合には無理に家庭教師をつけようとせずに、小学生や中学生であれば親が勉強を見てあげるか、知り合いの大学生(親戚など)に勉強を見てもらうなどの方法を取った方がいいかもしれませんね。

無理に家庭教師をつけると、余計に他者を拒絶し、学校へ通う気持ちもどんどんなくなり、状況を悪化させてしまう恐れもあります。

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら