通信制高校を卒業するのに必要な単位数は?学年制と単位制との違いとは?

講義

通信制高校が採用する単位制はどんな仕組み?

通信制高校は高等学校卒業資格を取得できる、全日制高校同様れっきとした高校の一形態です。全日制高校との違いがあるとしたら、学年制か単位制かというところでしょう。通信制高校が採用する単位制とはどのようなものなのでしょうか。

レポート提出とスクーリングが要の単位制

通信制高校は学年制ではなく単位制を用いている点が大きな特徴です。学年制を用いている全日制高校のように、一定の成績と出席日数を満たせば次の学年に進級できて3年後には自動的に卒業できるというものではありません。自分で計画を立て74単位を取得しなければ卒業できないのです。最短で3年で卒業可能ですが、それ以上かかることもあります。

しかし、じつは全日制高校でも卒業には74単位以上を必要としています。学年制では単位を意識させられることは少ないものの、卒業要件となる単位数ということでいえば全日制も通信制も変わりはないのです。ただし、全日制高校と単位制高校では単位取得の条件が異なります。全日制高校では1単位=50分として年間35単位以上の授業を受け、定期テストで一定以上の点数をとらなければいけません。

一方、単位制の定時制高校ではレポート提出とスクーリングと呼ばれる面接指導をクリアすることで単位取得となります。単位認定試験のある科目もありますが、基本的にはレポート提出とスクーリングがメインです。スクーリングは少なければ年に5日程度の登校という学校もあり「毎日、学校に通うのがつらい」という人でも、高等学校卒業資格を取得できるようになっています。

通信制高校を卒業するのに必要な単位の種類

通信制高校を卒業するには国語、数学、理科、社会などの74科目の単位の他、特別活動30単位も必要です。特別活動とは、ホームルーム、学校行事、生徒会活動などで、これを1単位=50分として25時間参加しなければいけません。

全日制高校がホームルーム活動だけで年間40時間は参加する必要があることを考えると、通信制高校では特別活動の負担は小さいといえます。最近では、これまでスクーリングで行っていた内容をオンライン授業として提供している学校も少なくありません。そのような学校では、体育の授業のみ登校するというスタイルも十分可能です。できるだけ学校に足を運びたくない人にもおすすめといえます。

一方、通信制高校の中には週に5日の登校日を設けているところもあります。一人での学習が不安な場合は、こういったタイプの通信制高校を選択することも可能です。制服も用意されていることが多く「通信制高校でもかわいい制服を着たい!」という希望を叶えることもできます。たとえ制服があっても、着用するのもしないのも生徒の自由というのも、通信高校らしい長所といえるでしょう。

単位制ゆえの通信制高校ならではのメリット

結局必要な単位数は74単位ということもあり「学年制も通信制もあまり変わらないのでは?」と、思う人もいるかもしれません。しかし、通信制には学年制にはない大きなメリットがあります。

通信制高校ならば編入・転入で遅れを取らない!

全日制高校から全日制高校では学年制ゆえに一つ下の学年に編入・転入しなければいけないケースもあります。入学式も基本的に4月の1回しかありません。

一方、通信制高校は単位制なので学年というものがありません。したがって「一つ下の学年になる」という事態が発生し得ないともいえます。全日制高校で取得した単位もそのまま引き継がれるので無駄もありません。通信制高校を卒業するには最低でも3年間在籍している必要がありますが、全日制高校の在籍期間も加算されます。タイミングがよければ、場合によっては同級生に遅れをとらずに高校を卒業できるというわけです。

通信制高校には年2回入学式がある

多くの通信制高校は4月と10月の2回、入学式を開催しています。これも、学年制のように年度初めにいっせいに授業がスタートするカリキュラムではなく、各自のペースで学習する通信制高校だからこそできることです。

編入・転入は随時受付けている通信制高校ではありますが、やはり入学式や卒業式はきちんとしたいという人も多いでしょう。全日制高校のように次の4月を待って1年を棒に振るということもなく、春入学だけではなく秋入学で勉強を開始できるのもメリットといえるです。

通信制高校ならば留年の心配がない

通信制高校には学年がないので、留年の心配はありません。スポーツや芸能活動との両立を目指して通信制高校を選択した人も、なかなか勉強する時間がとれないシーズンがあったとしても安心です。

しかし、勉強をおろそかにしたままついズルズルと過ごしてしまうと、いつまでたっても卒業できないということにもなりかねません。比較的時間がある時期には集中的に勉強するなど、年間通じた計画が必要となってくるでしょう。

通信制高校で卒業要件の単位数をどうクリアする?

通信制高校は最短で3年で卒業することが可能です。もちろん、それ以上かかっても問題ないわけですが、3年できっちりと卒業するにはどのように単位を取得すればよいのでしょうか。

通信制高校によって1年に習得可能な単位数が違う

1年間に習得できる単位数は通信制高校によって異なりますが、30単位を上限としている学校がほとんどです。なかには30単位以上を取得できるようになっている学校もありますが、あまり欲張るのはおすすめできません。

通信制高校では登録した科目の単位を取得できなくても、学校に呼び出されるようなことはありません。全日制高校で赤点を取るのとは違うのです。しかし「単位取得できなくても問題ない」ということが続くと、学習に対するモチベーションが下がらないとも限りません。「今年はこの科目の単位を取得する!」と、決めたらきっちり実現していくことが、3年で卒業する近道なのです。

1年で取得する単位数はおよそ25がおすすめ

もし、3年で卒業したいとなったら、1年で約25単位は取得しなければいけない計算です。もちろん、最初の2年間はハイペースで30単位ずつ取得し、3年時は14単位を残すのみというプランもあるでしょう。どちらにしなくてはいけないという決まりもとくにありません。

ただ、1年に取得する単位数は25ほどにしておいた方が、プライベートの時間も確保しやすくなります。せっかく昼間は自由になる時間が多い通信制高校を選んだのならば、全日制高校ではできない体験もしたいところです。アルバイトで社会勉強をしたり、世界中を旅して見聞を広めることもできるでしょう。そういった経験をすることは、大学入試や就職に際しても必ず役に立ちます。勉強だけではなく、自分ならではのアピールポイントを磨くことができるという通信制高校のメリットを活かすためにも、過剰に単位取得ばかりにこだわらないのがおすすめです。

通信制高校での単位取得は計画的に

1年で25単位ほどを取得するのが理想といっても、必ずその通りにすることもありません。なぜならば、一人一人が置かれている状況は異なるからです。また、さまざまな環境にある人が等しく自分のペースで学べるのも通信制高校ならではといえるでしょう。

たとえば、全日制高校ですでに多くの単位を取得しているならば、ことさら焦ることはありません。しかし、高校1年生の途中で退学した場合には全日制高校で取得した単位はゼロということになり、通信制高校で74単位すべてを取得する必要があります。高校2年生になる4月を待たずに、できるだけ早く通信制高校での勉強をスタートするようにしましょう。これも入学随時受付の通信制高校だからこそできることで、上手く行けば同級生に遅れることなく卒業できます。

通信制高校から大学受験を目指すなら?

通信制高校から大学受験を目指すならば、やや早いペースで単位を取得したいところです。たとえば、1年次に30単位、2年次に25単位、3年次には19単位を残すだけにできれば理想的でしょう。こうすれば、3年次には大学受験のための勉強に集中することもできます。ただし、無理しすぎないようにするのも大事です。自分にとって一番よいペースを考えながら学習を進めるようにしましょう。

通信制高校は4年かけて卒業するのもあり!

病気や怪我などで通信制高校を選択した人は、逆にゆっくり目のペースでの学習がおすすめです。そうとはいっても、のんびりし過ぎて卒業できない……ということになっては本末転倒です。たとえば、4年間かけて18~19単位ずつ取得するといった、最初からスローペースの計画を立てて、それをしっかりと守るようにするとよいでしょう。

通信制高校卒業に必要な単位数をどう揃えるかは百人百様

通信制高校を卒業するのに必要な単位数は74ですが、これはじつは全日制高校でも同じです。ただ、全日制高校では単位数をあまり意識することなく、1学年ずつクリアしていけばいつしか卒業できる仕組みになっています。これは学年制ならではの特徴ともいえるでしょう。

一方、単位制の通信制高校では、どのようなペースで単位を取得していくか、自分で考えなければいけません。計画を遂行するには強い意志も必要です。どうしたらモチベーションを維持できるのか、つねに工夫しなくてはいけないともいえます。

「一人でそこまでできない!」という人もいるかもしれませんが、たとえば登校日が多く学習計画を一緒に立ててくれるようなサポート体制の整った通信制高校を選択するのもひとつの方法です。通信制高校と一口にいってもさまざまな学校があるので、まずはできるだけ資料を取り寄せて、十分に比較検討してみてはいかがでしょうか。

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら