子どもが不登校になったら、どう対応するべき?

相談

まずは相談しよう

不登校について知っていても、いざ自分の子供が不登校になってしまった場合、どうしたらよいのか分からず混乱してしまう人も多いのではないでしょうか?

焦る必要はありません

まずは学校に連絡して生徒について話し合い、次に教育委員会の「教育センター」や「教育相談所」などに相談し、対応について考えましょう。

不登校について思い当たる節がないと、何が原因なのか分からず、学校でいじめられたのではないか、身体に不調があるのではないかなど、色々心配してしまうと思いますが、不登校の原因は多様であり、生徒本人にも理由が分からない場合があります(学校に行きたいけどなぜか登校直前でお腹が痛くなってしまうなど)。

「教育センター」や「教育相談所」では、保護者が生徒に関する悩み全般を相談することができますが、特に不登校に関する支援が必要なら「教育支援センター(適応指導教室)」を利用しましょう。

教育支援センターとは?

「教育支援センター」では、不登校の生徒本人に対するカウンセリングや教科指導、体験活動などを行っており、引きこもっている生徒に対する家庭訪問も実施しています。

親や教師には話しにくいということも、第三者のカウンセリングによって聞き出せる可能性がありますし、居場所を見失っている生徒にとって、家庭と学校の中間施設である教育支援センターは安らぎの空間となるでしょう。

相談することで、生徒本人の自立が促され、再登校に繋がることも多い

不登校になったからといって悲観せず、まずは様々な相談窓口を利用して、子供にとって最善の策を考えましょう。

その他にも、厚生労働省が所管する「児童相談所」「保健所「精神保健福祉センター」などでも相談活動を行っており、複数の窓口を利用することで新しい解決策が見えてくる場合もあります(各施設の名称は市区町村によって異なります)。

出席について確認しよう

もしも子供が学校以外の施設に通う場合は、出席がどうなるのか学校に確認してみましょう。

施設によっては、出席したことになる場合も

不登校の生徒が学校以外の施設で指導を受ける場合、その施設での学習が一定の要件を満たす場合は、学校に登校していなくても「出席扱い」にすることが可能です。その際、フリースクールなど民間施設を利用することも可能ですが、施設によって指導内容に差があるため、すべての施設が「出席扱い」になるとは限りません。

また、家に引きこもらずその施設に通うこと、いずれ学校に復帰する予定であることが前提となっているため、生徒の態度によっては「出席扱い」にならないこともあります(たとえば家に帰らず遊び歩いているなど)。

出席の可否については、学校長と教育委員会が連携して判断するため、保護者が学校側と十分な協力関係を維持することも大切です。

参考:文部科学省・不登校への対応について

これからを考えていくことが重要

これまで普通に学校に通っていた子供が突然不登校になったら、びっくりしてしまいどうしたらいいのかわからなくなってしまう親御さんも多いことでしょう。しかし、突然変わってしまった子供を腫物のように扱い、何もしなければ状況は悪化していくばかりです。

子供が突然不登校になってしまったら、必ず何らかの原因があり、不登校になる前に何かしらのサインを出していたはずです。そのSOSを見逃さないことが重要といえるのですが、子供は隠すことが上手なので気づかないことの方が多いと言えますね。

子供とのコミュニケーションを心がけて

不登校になってしまった場合は、無理に学校に通わせようとせず、まずは子供とのコミュニケーションをいつも以上にとることを心がけるようにしましょう。なぜ、学校に行かないのかを厳しく問い質すのではなく、これからどうしたいのかを一緒に考えることが重要です。

親はいつまでも子供のための指針であり、良き指導者としての存在意義も忘れてはなりません。

子供ために何ができるのか

前述したように、不登校になってしまっても、子供のためにできることはたくさんあります。専門家に相談して適切なアドバイスをもらいながら、子供と接していくのもいいことだと思いますし、子供に何でも話せるカウンセラーをつけるのも有意義な解決法だと言えます。

勉強の遅れなどが心配な場合は家庭教師やフリースクールを利用するのもいいと思いますし、子供が高校生の場合は、今後の進路にも関わってくることなので、きちんと話し合い、進路はどうしたいのかを聞き出し、高校の卒業資格を取得したいという希望があるのであれば、もう一度学校に通うのか、それとも別の学校に転校するのか、通信制高校で通信教育を受けて資格を取得するのかなど、将来に向けた話し合いも必要となってくるでしょう。

学校に通うことがどうしてもできないというのであれば、通信制高校で通学日数の少ない学校を選んで、通信教育で勉強し、高校卒業の資格を取得することをおすすめします。

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら