不登校に保護者はどう対応する?通信制高校という道もある?

相談

子どもの不登校に保護者はどう対応すべき?

現在、不登校の高校生は約5万人いるといわれています。全国に不登校の子どもを抱える保護者もそれだけいるということになりますが、どう対応したらいいのかお悩みの方も少なくないでしょう。もし、子どもが不登校になったらどう対応するのが正解なのでしょうか。

不登校の子どもに家庭だけで対応するのはNG

子どもが不登校になると、どうしてよいかわからないのは当然のことです。もし、親御さん自身が不登校を経験していれば何らかのアドバイスもできるかもしれませんが、そうではない方が大半でしょう。一方、少なくとも学校の先生は、これまでも何人かの不登校の生徒に対応してきたはずなので、まずは相談してみることをおすすめします。

しかし、先生に相談しても、望むような対応をしてもらえないこともあります。たとえば、いじめが原因で不登校になっているのに、いじめがあることを認めようとしない学校があるのも事実です。そんな時には、学校以外に相談できる場所もあるので、とにかく家庭内だけで対応しようとするのはやめましょう。

不登校は教育支援センターに相談する

不登校の悩みは教育支援センターに相談することもできます。適応指導教室ともいわれる教育支援センターとは、市町村の教育委員会が主に不登校の小中学生を支援するために設置している教室です。高校生も利用できるので、相談してみてはいかがでしょうか。

教育支援センターでは、不登校の生徒に対するカウンセリングも行っています。親には話しにくいことでも、カウンセラーにはいえることもあるかもしれません。専門家が対応してくれるので、解決の糸口が見つかることもあるのではないでしょうか。

児童相談所も不登校の相談ができる

児童相談所というと、児童虐待を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、じつはそれ以外の子育てに関する相談にも対応しています。10歳から17歳の子どもの教育に関する各種相談を行うのが児童相談所ですが、不登校に関する問題は「育成相談」というカテゴリーです。

児童相談所は各自治体に設置されています。まずは最寄りの児童相談所に電話をかけて相談してみてはいかがでしょうか。ソーシャルワーカー、カウンセラー、医師などの専門家が対応してくれるので安心です。

不登校に対応するメンタルフレンド

メンタルフレンドとは、不登校や引きこもりの子どもをサポートする、大学生や30歳までの若者のボランティアのことです。不登校経験があるスタッフも多く、保護者では理解しきれない心の問題を、兄や姉のように共感してもらえるかもしれません。

利用にあたっては、最寄りの児童相談所にまず相談してみましょう。児童相談所で話し相手になってくれたり学習指導をしてくれたりする他、家庭訪問サービスもあります。いずれも無料で利用できるので安心です。

不登校はどうなれば「解決」なのか?

以上のように不登校を相談できる機関にはさまざまなところがあります。実際に相談したとして、どうなれば不登校が解決したといえるのでしょうか?もちろん、無理なく登校を再開できれば問題ないかもしれませんが……。

不登校から登校再開して引きこもりになるケースも

どうにか登校を再開できて、高校を無事に卒業する生徒もいます。しかし、そこで心身ともに疲れ果ててしまい、大学進学も就職もせずに引きこもりになるケースもあります。それでは本末転倒といえるでしょう。

不登校を解決したいならば「登校を再開できさえすればよい」と、考えるのは間違いです。むしろ、大事なのは高校卒業後の進路です。高校生活はほんの3年ほどのことですが、その後の人生の方が長いということを忘れてはいけません。

自分の幸せを感じられてこそ不登校の「解決」

登校を再開した動機が「親に心配をかけたくなかった」という例は少なくありません。しかし、本当はそれよりも「自分がどうしたいのか」「自分がどうするのが幸せなのか」というのが一番大事なことです。不登校についていろいろなところに相談する際にも、本人の意志を最優先することを忘れないようにしてください。

もし、登校を再開して本人が幸せと感じられるならば問題ありません。しかし、不登校に至った原因が解決されないまま、苦しい学生生活に戻るのは本当の解決とはいえないでしょう。「でも、登校しなければ高等学校卒業資格を取得できない。進学や就職で苦労させないために高卒にしてあげたい」という親心が仇になることもあります。もう一度、登校してみたものの本格的な不登校になってしまい結局、高校中退となり、最終学歴が中卒になってしまうこともあるのです。

不登校から高卒資格を取得するなら通信制高校!

不登校の生徒が無理なく高卒資格を取得するには、まず「高卒資格は全日制高校でなければ取得できない」という思い込みを捨てましょう。通信制高校に入学するというもうひとつの道に目を向けてみませんか?

通信制高校は毎日登校する必要がないので、そもそも不登校が問題になりません。「学校に行かなくても勉強を続けられる場所がある!」と、知ることは子どもにとっても励みになるでしょう。最近では通信制高校から難関大学に合格した人のブログなどもあるので参考にしてみてもよいかもしれません。

不登校からフリースクールを利用する方法もあるが……

不登校の生徒を受け入れてくれるフリースクールもまた、新しい学びの場のひとつです。「学校だけが勉強するところではない」と、価値観が多様化するのは悪いことではありません。

しかし、フリースクールでは高等学校卒業資格を取得できない点は要注意です。どんなにフリースクールで難しい勉強をしたとしても、大学受験資格さえ取得できません。もし、高校卒業後の進路について真剣に考えるならば、やはりおすすめは通信制高校です。

通信制高校ってどんなところ?

不登校について悩み「人生、行き止まり」のように思っている子どもも少なくありません。そんな子どもには「通信制高校という道もある!」と、対応して励ますことも時には必要です。それにはまず、通信制高校について正しく理解するようにしましょう。

通信制高校は学年制ではなく単位制

不登校のため年間50日以上欠席してしまうと、次の学年に上がることができません。留年してしまうと、ますます学校に行きにくくなるものです。しかし、通信制高校は学年制ではなく単位制なので、いつ編入しても「同じ学年をやり直し」という心配もありません。

単位制なので「高校課程の学科74単位、特別活動30時間単位」を取得すれば、通信制高校を無事に卒業することができます。どの科目の単位をいつ取得するか、自分のやりたいように計画を立てられるのもメリットといえるでしょう。

自由だからこそ計画性が大事な通信制高校

通信制高校は極端にいえば、卒業に必要な74単位を1年間で取得してしまうこともできます。しかし、だからといって飛び級で卒業することはできず、最低でも3年間在籍しなければいけません。

そして、3年で卒業するとなると、1年間に25単位は取得しなければいけない計算になります。通信制高校での勉強は難しいものではありませんが、コツコツとなまけずに続ける必要があるといえるでしょう。

通信制高校での勉強はレポート提出がメイン

通信制高校の単位は、科目ごとに年に5~6回のレポート提出と定期テストをこなすことで取得できます。メインになるのはレポートですが、穴埋め問題などになっていて、取り組みやすいことが特徴です。しかし、ためてしまうと後で大変なので、週に1本は提出するようにしましょう。

定期テストはレポートの内容を確認するようなもので、全日制高校のように試験勉強が大変ということもありません。ただし、これまでのレポートの内容を問われるので、返却されたデータなどを消してしまわないようにしてください。

通信制高校ならば不登校の生徒への対応も万全!

通信制高校はこれまでも数多くの不登校の生徒が利用してきました。なかには不登校の生徒専用のコースを設けている通信制高校まであります。不登校の生徒に対して、行き届いた対応を期待できると考えて間違いありません。

たとえば、じつは通信制高校にも登校日がありますが、生徒にストレスがかからないよう配慮されています。だいたい週に1~2回程度の登校日がありますが、いじめなどが発生しないように細心の注意が払われているのです。全日制高校で嫌な経験がある生徒にも、人間関係のリハビリとして利用することをすすめてみてはいかがでしょうか。

それでも、登校するのがつらいというならば、年に4日程度の登校で高卒資格を取得できるようになっている通信制高校を選択する方法もあります。通信制高校と一口にいっても、さまざまな学校があるので、まずは資料請求などをして情報収集してみてはいかがでしょうか。また、オープンキャンパスがあれば、実際に足を運んでみるのもよいでしょう。

いずれにせよ、不登校の子どもにどう対応すべきか悩んでいるならば、まず親御さんから「どうしても全日制高校に通わなくてはいけない」という偏見を捨ててください。通信制高校という新しい学びの場で未来に向かって一歩前進しませんか?

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら