高校中退でも、今から栄養士を目指す

栄養士

栄養士になるには

栄養士の資格を取得するためには、厚生労働大臣から栄養士養成施設として指定された学校に入学し、卒業する必要があります。

かつては栄養士になるための国家試験がありましたが、現在はその制度も廃止されており、単純に栄養士養成施設に入学し、卒業すれば、栄養士の免許を申請できます。

栄養士養成施設の種類

栄養士養成施設とは、栄養士養成課程のある専門学校・短期大学・大学のことです。

大学の場合は「管理栄養士養成施設」と「栄養士養成施設」の2つがあり、どちらも修業年数4年制となっています。短期大学は2年、専門学校は2~3年の修業年数となりますが、どの学校を卒業しても取得できる栄養士の資格は同じです。

管理栄養士になるには?

すぐに栄養士になりたい場合は短大や専門学校でよいですが、国家資格である管理栄養士になりたい場合は、大学の「管理栄養士養成施設」を卒業し、国家試験を受けるのが一番早い方法です。

短大や専門学校を卒業しても、栄養士の資格取得後に厚生労働省の定める施設で一定期間栄養の指導に従事すれば受験資格を得られますが、その一定期間というのは5年から栄養士養成施設の修業年数を差し引いた年数(短大なら3年間)ですので、最短でも5年かかります。

高校卒業資格が必要

以上のように、栄養士になるには特定の学校を卒業すればよいだけですので、それほど難しくはありません。

栄養士の免許を取得すれば、そこから国家資格である管理栄養士を目指すことも可能です。ただし、卒業するためには当然、学校に入学しなくてはなりません。

栄養士養成施設は、いずれの場合も高校卒業程度の学力を証明しないと受験に申し込むことができないので、高校卒業程度の学力を証明するためには、とりあえず高校を卒業するか、高認試験(高等学校卒業程度認定試験)を受けて合格する必要があります。

高校の授業内容などすっかり忘れてしまった人やあるいはもともと勉強していないという人は、いきなり高卒認定試験を受けても合格する可能性は低いので、まずは通信制高校か定時制高校に入学し、必要な学業を修めて高校を卒業してから栄養士になるための学校への進学を目指すのがベストな選択と言えるでしょう。

また、通信制高校なら昼夜を問わず自分のペースで学習できますし、定時制高校なら昼間働いている人でも夜間に通学することができるので、自分の生活スタイルに合った学校に通うのが理想的と言えます。

仕事をしている人は注意

ただし、高校卒業資格を得て栄養士養成施設に入学できるようになっても、注意しなくてはならないのがその修学時間です。

栄養士養成施設はいずれも昼間の学校であり、通信制や夜間部などはありません。通信制や夜間部のある専門学校もありますが、それは指定認可された学校ではないので、その学校を卒業しても栄養士にはなれません。

ですので、栄養士養成施設に通う数年間は昼間の仕事などをすることはできないと思っていた方がいいですね。昼間忙しいという人は、修学のために生活環境を調整する必要があります。

高校の卒業資格は通信制高校であれ、定時制高校であれ、高認試験を受けるのであれ、自分のペースで勉強することができたり、昼間は仕事をして夜は学校に行けたりと、割と自由に時間を使うことができますが、栄養士養成施設に通いながら仕事をするというのはなかなか大変そうですね。

しかし、せっかく高校卒業の資格を取得し、栄養士養成施設に通うのであれば、栄養士養成施設での勉強を優先すべきと言えるでしょう。仕事をやりながら勉強して共倒れ、または勉強できない、栄養士養成施設へ通えないとなってしまっては元も子もありません。

栄養士の仕事

栄養士の仕事は現場で調理に携わるものが主な仕事内容になります。割合的に女性の方が多いので、結婚や育児などの事情により人の入れ替わりが激しく、それによって、人手不足となり求人募集を行っているところも少なくないので就職先に困るということもあまりないようですね。

主となる仕事先の例

  • 病院の栄養士
  • 給食会社の栄養士
  • 保育園、幼稚園の栄養士
  • 学校の栄養士
  • 介護施設の栄養士
  • 公務員(保健所)の栄養士
  • フリーランスの栄養士

栄養士の年収は250万円~400万円程度が一般的と言われているので、そんなにも高収入というわけではありませんが、勤め先で変動するので、職場を選ぶ際にはその点にも注意が必要と言えるかもしれません。

また、年齢が上がると年収も上がるというケースも多く、若い栄養士さんよりベテランの栄養士さんの方が待遇がよくなるのが特徴的です。

どんな職場で働くか、どんな栄養士になりたいのかは人それぞれですが、健康に気を遣う人、食に気を遣う人が増えてきている今、栄養士にできることはたくさんあると言えるのではないでしょうか?

食は人間の命の基本。インターネットの普及により、様々な情報が散乱する今、栄養士としてより正しい情報を発信していくことも、栄養士の立派な仕事と言えるのではないかと思います。

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら