スクーリングとは~通信制高校の基本~

スクーリング

通信制高校のスクーリングとは?

スクーリングとは「学校で学ぶこと(登校日)」を意味していますが、一般の学校で授業を受けることについては、あまりスクーリングと言いません。

スクーリングという言葉が使われるのは主に通信教育の場面

通信教育では、郵送やインターネットなどの通信手段を用いて学習することが一般的であり、ほとんど通学することはありません。しかし、通信制高校ではレポートによる通信教育をメインとしているものの、それだけでは十分学習できない可能性があるので、講師が直接指導できるスクーリングを定期的に行っているのです。

通信で勉強しつつ、通学する機会を設けているのが通信制高校の基本パターンといえます。

スクーリングの回数

1科目につき2時間以上、体育など実技が必要な科目については10時間以上行われることもあり、年に20回以上スクーリングすることが一般的です。

スクーリングは減らすことも可能

しかし、平日は仕事をしていて時間が取れない、遠距離で宿泊しないと通学できないなど、学校に来ることが困難な人も多いのが現状です。そのため、レポートの一部をスクーリングとして消化し、学校に来なくても単位を与えるという学校も多く存在しています。

通常であれば、レポートとスクーリングの指定回数を満たすことで初めて単位認定試験を受けられますが、場合によってはレポートだけで試験を受けられるということです。

学校によってスクーリングの扱い方が異なる

もともと通信制高校の卒業条件は、「在籍3年間」「74単位取得」「特別活動30単位時間」という3つの条件以外言及されておらず、スクーリングの扱いについては各学校の裁量に委ねられています。

学生の負担軽減を重視している学校では、科目ごとに学校に来なくて済むよう、夏休みなどにまとめてスクーリングを行うというケースもあります。さらに、仕事をしていたり、家庭を持っていたりする学生にはその事情を考慮して、日帰りスクーリングを日を分けて行ったり、様々な工夫を行ったりしている学校もあるので、時間がとれない…という人は、そういった負担の少ない学校を探してみるのもよいのではないでしょうか?

また、その逆にスクーリングの回数が多い学校もあり、学生とのコミュニケーションを重視している学校では、スクーリングの回数が平均よりも多くなる傾向があります。レポートと自主学習だけでは不安を感じる方、レポート作成が苦手という方にとっては、スクーリングの多い学校は頼りになることでしょう。

スクーリングの回数は増やせる?

ただし、スクーリングは多くても年間40時間ほどであり、積極的に講義を受けたいという方にとっては物足りないかもしれません。

レポートの一部をスクーリングにすることはできても、スクーリングの一部をレポートとして充当することはできないため、もっと直接指導の時間を増やしたいという方は、通信制高校に通うとともにサポート校を利用することをおすすめします。

サポート校なら手厚い指導が可能

サポート校とは、通信制高校に通う学生をサポートするための教育施設であり、中学の基礎学習から難関大学の受験勉強まで幅広くサポートしています。一人ひとりのレベルに合わせて丁寧な指導を受けられるので、学習に不安がある方でも安心です。

サポート校を利用している人の多くは、自分だけでは勉強がうまく進まないという人や、公立の通信制高校を選んだため、講師から思うようなサポートを受けることができず、レポートの作成に行き詰まってしまった人が多いようですね。

レポートの提出をスムーズに行うことができないと、「挫折」につながる恐れがあり、卒業することを諦めてしまう人も大勢いらっしゃるようなので、そうならないためにも、サポート校などを利用して、きちんと卒業することができるように、利用できるものは利用した方が賢いやり方といえるのではないでっしょうか?

通学コースがある通信制高校も選ぶのもおすすめ

通信制高校はレポートによる自宅学習、自主学習が基本的ですが、学校の中には日本全国にキャンパス(学習スペース)を設け、週の何日かはキャンパスに通うことを義務づけている学校や、レポートなどでわからないところがあったら、好きな時にきて講師に指導をしてもらえる学校もあります。

また、講師とのマンツーマンの授業だけでなく、集団授業などを行っているところもあるので、生徒同士のコミュニケーションを図ることも可能です。

通学型の学校の中には高校卒業に必要な勉強だけでなく、学校行事や英会話など特殊な授業をオプション的に行っているとことも多いので、勉強以外のことにもチャレンンジしてみたいという人にもおすすめです。

さらに、勉強のことだけではなく、学習スケジュールに関する相談や進路に関する相談なども講師に行うことができるので、何か悩み事ができた時にキャンパスに行って相談してみるというのもいいと思いますよ。

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら