通信制高校の授業内容が気になる!私立と県立で違いはあるの?

学習

そもそも通信制高校で授業があるの?

通信制高校というと、自宅での自主学習を連想する人も多いでしょう。そもそも通信制高校でも生徒が学校に集まって授業を受ける機会があるのでしょうか?

通信制高校でも授業はある!

通信制高校は自学自習を基本としていますが、学校で授業を受ける機会がまったくないというわけではありません。スクーリングと呼ばれる登校日があり、その日は教室に集まって授業を受けるようになっているのです。

スクーリングをどのような頻度で実施するかは学校ごとに異なります。週に1回、月に2回といったところが多いようですが、なかには毎週3~5日と「全日制高校と違いがないのでは?」という学校さえあるのです。

授業がない通信制高校はあるのか?

いじめ、不登校などを経験し学校というものにあまり良いイメージを持っていない人もいるかもしれません。「一人で勉強できる通信制高校に入学したいのに……」という場合「スクーリングがない通信制高校があればいいのに!」と思うのも、もっともなことです。

しかし、残念ながらまったく授業がない通信制高校というのはありません。最低でも3日程度のスクーリングに出席する必要があるのです。通信制高校一覧などの資料をもとにして、できるだけスクーリングが少ない学校を選択してみてはいかがでしょうか。

開催場所によって授業内容も異なる

私立の通信制高校は全国各地にサテライト教室を持っているところもあります。そういった通信制高校では生徒はそれぞれ最寄りの教室に通うことになり、全日制高校のような一斉授業がメインとなるでしょう。

一方、観光地などで3泊4日程度のスクーリングを行う通信制高校もあります。農業、漁業など全日制高校ではなかなか体験できない授業内容が盛り込まれていることもあり、楽しみにしている生徒も少なくありません。

通信制高校ごとに授業内容は異なる?

どのような通信制高校でも、スクーリングという名目のもと年に何回かは授業があることがわかりました。授業内容について学校ごとの違いなどはあるのでしょうか。

どの通信制高校も基本の授業内容は同じ

通信制高校で高等学校卒業認定資格を取得するには学科74単位と、ホームルームなどの特別活動30単位が必要です。単位取得にあたってはレポート提出、テストだけではなく、一定時間スクーリングに参加することが必須となります。

私立、県立を問わず、どの通信制高校でもスクーリングの授業内容は高卒資格を得るための学科授業が中心となります。しかし、もちろんそれだけではありません。

職業体験が授業内容に盛り込まれていることも!

私立の通信制高校の中には、美容師や調理師などの国家資格を取るための勉強ができるところもあります。全日制高校を卒業してから専門学校に通うより、お金も時間もかけずに知識やスキルを身に付けることができるというわけです。

そういった通信制高校では、ヘアサロン、飲食店などでの職業体験が授業内容に盛り込まれていることもあります。憧れの職業の現場を知る、貴重な機会となるでしょう。

趣味のような授業内容が人気の通信制高校も!

アニメ、ゲームなどが好きな人の中には、将来仕事にしたいと考えている人もいるでしょう。意外に思われるかもしれませんが、じつはアニメやゲームの制作に関わる授業を提供している通信制高校もあります。

シナリオ作成、プログラミングなどの授業を受ければ、漠然と抱いていた憧れが、より現実的なものになるかもしれません。また、趣味としてとどめておいた方が良いのか判断する材料にもできるでしょう。

通信制高校の授業内容のレベルは?

以上のように通信制高校の授業内容がバラエティ豊かなのはメリットといえるかもしれません。しかし、レベルも気になるところです。たとえば、大学受験に対応できるようなものなのでしょうか?

通信制高校の授業内容は基本レベル

通信制高校の授業内容は、すでに提出したレポートの復習がメインになります。レポートは教科書の内容をまとめるようなもので、特別難しいというようなことはありません。したがって、通信制高校の授業も基礎レベルといって良いでしょう。

すでに自分で勉強したところの復習になるので、ノートを取る必要もありません。先生が生徒を指名することも少ないので、気楽に参加できそうです。しかし、人によっては簡単すぎることがデメリットとなる場合もあります。

通信制高校の授業内容では大学受験に不十分

多くの通信制高校の授業内容は基礎レベルです。それだけで大学受験を乗り切るのは難しいといわざるをえません。

しかし、通信制高校の中には大学受験に特化したコースを設けているところもあります。予備校講師による授業を実施していたり、合格までの手厚いサポートを期待できたりするケースもあるのです。上手くすれば全日制高校と塾を掛け持ちするよりも学費をかけずに受験勉強をすることもできるでしょう。

中学レベルの授業内容からのやり直しも可能!

通信制高校では中学時代から不登校という人のことも受け入れています。「一般的な通信制高校で行っている基礎レベルの授業内容でも難しい」という人向けに、中学レベルの授業内容からやり直しができる学校もあるのです。

勉強は「わからなくなったところ」からやり直すのが大事です。たとえ高校生でも中学の学習内容を見直すのは恥ずかしいことではありません。そのような、自分にピッタリのペースで勉強を進められるのも通信制高校ならではといえるでしょう。
 

通信制高校で授業を受ける際の注意は?

いざ通信制高校で授業を受けるとなったら、久しぶりの登校に緊張する人もいるかもしれません。「服装は?」「持ち物は?」など、不安に思うことも多いでしょう。登校前にチェックしたいポイントをまとめました。

通信制高校で授業を受ける際の服装

通信制高校で授業を受けるにあたって、服装はとくに気にすることはありません。スクーリングが週に何日も設定されているような学校だと制服も用意されています。購入も着用も義務ではないところがほとんどですが、制服ならばコーディネートを考える必要もないので楽かもしれません。

私服もよほどのことがない限り注意されることもないでしょう。とくに美容系の授業がある通信制高校では、髪を染めていたりメイクをしていたりする学生も少なくありません。もちろん「校則違反!」などといわれることもなく、自由におしゃれを楽しめるのは魅力です。

通信制高校でも遅刻はNG!

通信制高校というと遅刻に厳しくないイメージを抱いている人もいるかもしれませんが、それは間違いです。なぜならば、通信制高校のスクーリングは50分参加ごとに1単位として認めるというような時間制になっているからです。

学校案内にも「遅刻は認めない」と明文化しているところも少なくありません。せっかく足を運んだのにスクーリングを参加したことにならなかった……ということにならないように、くれぐれも注意しましょう。

通信制高校のデリケートな人間関係に注意

通信制高校に通う生徒は、必ずしもコミュニケーションが上手な人ばかりではありません。お互いのほんの少しの誤解から関係がこじれてしまうこともあります。

しかし、通信制高校の多くは生徒の心の問題に対して敏感です。定期的なカウンセリングを実施している学校も少なくないので、困ったことがあったらすぐに相談してみるようにしましょう。

個別指導の通信制高校を選択するのもおすすめ

一般的に通信制高校のスクーリングでは一斉授業が行われます。大人数の授業というケースは少なく、10人未満の少人数制授業だったり、なかには個別指導を受けられたりすることも。もし、どうしても集団生活に不安があるならば、個別指導を選択するのもおすすめです。

授業内容を確認してから通信制高校を選ぼう!

どんな通信制高校にもスクーリングと呼ばれる登校日があり、まったく学校に通うことなく卒業するというのは残念ながら不可能です。ほぼ毎日通える通信制高校がある一方で、年に3泊4日程度の宿泊形式のスクーリングに参加すればOKという通信制高校もあります。また、個別指導を実施しているところなどもあるので、集団生活が苦手だとしても不安に思うことはありません。

通信制高校の授業内容を見てみると、全日制高校にはないユニークさが溢れています。ヘアサロンや飲食店での職業体験ができる通信制高校もあり、美容師や調理師を目指す学生に好評です。また、アニメやゲームなどについて専門的に学べる授業もあり、将来の夢に向けて具体的な一歩となる経験を積めるかもしれません。

学科に関しては通信制高校の授業内容の難易度が気になるという人もいるでしょう。確かに基礎的な内容がほとんどなので、より難しい内容を勉強したいならば大学受験向けのコースを設定している通信制高校を選択することをおすすめします。

また、その逆に「中学レベルから学び直したい」という人のためのコースを設けている通信制高校もあります。一口に通信制高校といってもその授業内容はさまざまなので、まず一覧資料などを取り寄せて各校を比較してみてはいかがでしょうか?

ぜっかく授業が受けられるならば、できるだけ楽しく参加したいものです。自分が興味を持てるような授業を実施しているような通信制高校を選択してみてはいかがでしょうか。

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら