通信制高校の勉強方法はレポート提出、スクーリング、定期テストが3つの柱!

勉強

通信制高校の勉強方法は全日制高校とどう違う?

通信制高校の入学を考えている生徒にとって「毎日の登校が必要がないというのは、どんな勉強方法が実施されているのか?」というのは気になるところでしょう。いったい、通信制高校での学習の流れはどのようになっているのでしょうか。

通信制高校は単位制

通信制高校は基本的に単位制です。全日制高校のように、毎日通学して授業を受け、定期テストをクリアし、一年ずつ進級していきやがて卒業というようなコースとは大きく異なります。

通信制高校では学科74単位、特別活動30単位を取得することで初めて高等学校卒業資格を取得できます。生徒各自が単位認定に向けて自宅学習を進めていくというのが基本的なスタイルとなるのです。

通信制高校での学習は自主性が大事

自宅での自学自習が中心ということは、自分で決めた時間になったら机に向かう意志の強さが問われるということでもあります。全日制高校のようにチャイムがなったら席につけば良いというのではありません。

あまり厳しくない全日制高校ならば、毎日なんとなく学校に通って授業を受け続けていればやがて卒業……ということもあります。しかし、通信制高校ではそのようなことは望めません。具体的には「レポート」「スクーリング」「単位認定テスト」という3つの勉強方法を上手に管理していくことが求められるのです。

通信制高校で単位を取得するには?

通信制高校では「レポート」「スクーリング」「単位認定テスト」という流れを繰り返すことで、卒業に必要な単位を積み上げていきます。この3つの勉強方法を柱としていて、どれかひとつ欠けても高卒資格を取得することはできません。

通信制高校について「学校に行かなくてもいいなんて楽!」と、誤解している人も少なくありませんが、それは間違いです。実際は、多少は学校に足を運ばなくてはいけませんし、テストもあります。また、全日制高校ではあまり要求されることのないレポート提出が大きな比重を占めている点にも注意しましょう。

通信制高校ならではの「レポート」とは?

通信制高校における勉強方法の中でも注目したいのが、全日制高校ではあまり課せられることのないレポートです。通信制高校における学習の大半はレポートなので、しっかりと勉強方法を身に付けるようにしましょう。

学習進度をチェックする通信制高校のレポート

通信制高校のレポートは、自宅学習がきちんと行われているかをチェックすることを目的として実施されます。年間およそ50~60本のレポートの提出が求められますが、数だけ見ると「多い!」と、思う人も少なくないかもしれません。

しかし、通信制高校のレポートの難易度はけっして高くはありません。一般的なレポートのように「○○について述べよ」といった記述式は少なく、選択問題形式など取り組みやすい形式のものがほとんどです。また、教科書や専用テキストの記述以上の内容が問われることはまずありません。

「レポート提出はネット」という通信制高校が増えている

かつて、通信制高校のレポート提出は郵送でやり取りをしていました。切手代もかさむ上、提出してから返却されるまでのタイムラグがあるなどの問題点があったものです。

しかし、最近ではインターネットを活用してレポートの提出と返却を行う学校も少なくありません。生徒自身がどんなレポートを書いたか忘れる前に速やかに返却されるので、より高い学習効果が期待できます。

通信制高校のレポートが学習意欲を高める

通信制高校のレポートは、講師による講評コメント欄も見逃せません。そこには解法のアドバイスなどだけではなく、自宅学習を励ますようなコメントを添えることもできます。つまり、生徒は自分だけのメッセージを受け取ることもできるのです。

全日制高校では毎日学校に通っていても、このような先生との1対1のやりとりはなかなかありません。通信制高校では、日々教室で顔を合わせることはなくても、通信制高校でも先生との絆を感じることは十分に可能ですし、勉強へのモチベーションをアップさせてくれるでしょう。

レポートを片付けるおすすめの勉強方法

通信制高校では卒業までにおよそ200~300枚のレポートを提出する計算になるといわれています。「大変そう!」と、思った人もいるかもしれませんが、3年で卒業するならば1週間にわずか1~2枚というペースです。

気をつけたいのは提出をずるずると伸ばしてためこんでしまうことです。もし、3年で卒業したいならば1日1枚レポートを仕上げるという勉強方法を貫くことをおすすめします。

通信制高校の「スクーリング」では何をする?

通信制高校では一切登校しない勉強方法が採用されているわけではありません。どの通信制高校でもスクーリングと呼ばれる登校日があります。スクーリングは何日ぐらいあり、どのようなことが行われるのでしょうか?

単位取得のための勉強をする通信制高校のスクーリング

通信制高校ではスクーリングに参加しなければ取得できない単位があります。スクーリングへの50分参加を1単位と換算して、科目ごとに「スクーリング4単位」などと必要な分が決められているのです。

そのため、スクーリングでは学科の勉強がおもに行われます。あわせて、ホームルーム活動、生徒会活動などの特別単位もスクーリングに参加することで取得できるようになっています。

通信制高校のスクーリングはどこで行われる?

通信制高校のスクーリングは基本的には本校校舎、全国各地のサテライトキャンパスなどで実施されます。最近では、リゾート地のホテルなどで合宿形式のスクーリングを行っている通信制高校も増えつつあり、人気を呼んでいます。

多くの通信制高校では年間20日程度のスクーリングが必要となります。もっと登校日が少なくてすむ通信制高校を希望するならば、ルネサンス高等学校のようにメディア授業で代替して年4日程度の集中スクーリングを実施している学校を選択すると良いでしょう。

メディア授業という学習方法について

メデイア授業とは、インターネット上の動画、CD-ROMなどを利用して、生徒が自宅で講義を受けられるようにするものです。スクーリングの単位にいくらかは代替できますが、それでも登校日ゼロにはできない点に注意しましょう。

スクーリングで勉強以外のことをする通信制高校も!

通信制高校によってはスクーリングで勉強以外の貴重な体験ができる場合もあります。たとえば、美容師や調理師の国家資格取得に向けた勉強もできる通信制高校ならば、ヘアサロンやカフェで職業体験ができることも!

また、宿泊形式のスクーリングをしている通信制高校ならば、大自然の中でマリンスポーツを楽しめることもあります。スクーリングは体育の単位を取得するための機会でもありますが、レジャー感覚でチャレンジできるので運動が苦手な人でも苦にならないかもしれません。通信制高校人気ランキング一覧などの資料から、それぞれどのようなスクーリングを行っているか調べてみてはいかがでしょうか。

「定期テスト」のための勉強方法とは?

意外に思われるかもしれませんが、通信制高校でも定期テストはあります。どのような点に注意して取り組めば良いのでしょうか。

通信制高校の定期テスト対策はレポート提出!

通信制高校の定期テストはさほど難しいものではありません。日頃のレポート提出をしっかりとこなしていれば解ける問題ばかりです。

したがって、全日制高校のように定期テストに向けての試験勉強はあまり必要ありません。それよりも、レポートにコツコツと取り組み、確実に知識を身に着けていくことの方が大事なのです。

定期テストによる落第の心配がない通信制高校

全日制高校では定期テストで及第点を取らなければ留年してしまいます。一方、単位制の通信制高校にはそもそも「落第」という概念がありません。ただ、合格点を取れなかった科目はもう一度勉強し直さなければいけない点に注意しましょう。

留年こそないものの、同じ科目を何年も履修していては、卒業までに3年以上かかることは間違いありません。履修届けを出した科目は、その年に必ず単位を取得するというペースをキープするようにしてください。

通信制高校の定期テストを確実にクリアするには?

自学自習ではどうしても理解が追いつかないこともあるものです。わからなくなった部分をそのままにしていて、定期テストの前に大慌て!というようなことがないようにするには、サポート校を利用するのも良いでしょう。

サポート校とは通信制高校の学習を補完するための学校です。通信制高校によってはサポート校と提携していることもあります。学習計画を自分ではなかなか立てられないという人も、ぜひサポート校を利用してみてはいかがでしょうか。

勉強方法のコツをつかんで通信制高校を卒業!

通信制高校では「レポート提出」「スクーリング」「定期テスト」という3つの勉強方法が柱になっています。全日制高校のようにただ受身的に授業に参加していれば良いというわけではなく、能動的に勉強していく姿勢が問われるでしょう。

なかでもカギを握るのがレポート提出です。ここをしっかりとこなしておけば、スクーリングに自信を持って参加できますし、定期テストも難なくクリアできるでしょう。

全日制高校とはかなり違った勉強方法を取り入れている通信制高校。学校での勉強を「押し付けられている」と感じがちだった人も、今度こそ学びの面白さに目覚めることができるかもしれません。勉強が軌道に乗るまではサポート校を利用してみるのもひとつの方法でしょう。ぜひ、トライしてみてはいかがでしょうか?

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら