通信制高校ならばアルバイトをするのもOK? 学費やお小遣いを自分で稼ごう!

アルバイト

通信制高校ならばバイトもできる?

全日制高校は基本的にアルバイトは禁止という学校が少なくありません。一方、自主性を重んじる通信制高校ではどうなのでしょうか。

通信制高校ならばバイトができる!

通信制高校は全日制高校のように毎日登校する必要がありません。さらに、アルバイトOKという学校がほとんどです。そのため、空き時間を有効活用してバイトをする学生も少なくありません。

一方、全日制高校は基本的にバイトは禁止というところがほとんどです。全日制高校は昼間に授業があるため、もしもバイトをするとしても夜間の仕事になってしまうでしょう。やはりそれは、生徒の安全のためにも好ましいとはいいがたいところです。

通信制高校は自分の好きな時に勉強できるのが大きな特徴です。昼間は仕事をして夜は勉強するというライフスタイルも十分実現できます。10代が働くのにふさわしい健全な仕事をいくらでも選択することもできるでしょう。

通信制高校に入学してすぐはバイトできない?

バイト採用の歳に16歳以上を条件としているところもあります。中学を卒業してすぐに通信制高校に進学した人の中には、まだ15歳という人もいるでしょう。そのような場合はバイトはできないのでしょうか。

労働基準法では「児童が満15歳に達した日以降の最初の3月31日が終了するまで、これを使用してはならない」と定められています。したがって、中学を卒業した年の4月1日を過ぎていれば、法律的にはアルバイトをしても問題ないというわけです。

高校生OKとしているところならば、これから16歳という人でも働くことができるでしょう。心配ならば、事前に採用担当者に相談しておくことをおすすめします。

高校生可のアルバイトにはどんなものがある?

通信制高校ならばバイトをしても学校から注意される心配はありません。全日制高校でも学校に届け出をして特例としてバイトが認められることもありますが、通信制高校はそのような手続きは不要です。とくに、二十歳を過ぎて通信制高校で勉強し直している人ならば、問題なくどんな仕事でもできるでしょう。しかし、まだ10代のうちは高校生可の仕事を探す必要があります。通信制高校といっても高等学校の一形態であることに変わりはなく、在校生はまぎれもない高校生なのです。

コンビニエンスストアのバイト

コンビニエンスストアの中には高校生可としているところも少なくありません。どのチェーンでも、働き方のポイントをまとめたマニュアルが用意されているので、接客業は初めてという人でも安心です。

コンビニエンスストアは店舗数が多いので、自宅から歩いていけるところを選択することもできます。交通費と時間の節約にもなるでしょう。また、シフトの融通も利きやすいので、仕事ばかりにのめりこまず、勉強と両立させやすいともいえます。

ファーストフードのバイト

ファーストフードもマニュアルや研修が整っているので、まだ働いたことがない高校生でもなじみやすい職場です。校則が比較的自由な全日制高校の生徒を含め、高校生がたくさん働いていることも特徴といえます。バイト仲間との出会いも楽しみな仕事です。

倉庫や工場での軽作業

ベルトコンベアーで運ばれてくる商品や荷物の仕分け、箱の中身に不備がないか検査する検品、倉庫から荷物を集めてくるピッキングの他、袋詰め、箱詰め、シール貼り、梱包などの仕事になります。どれも、覚えやすく難しいものはありません。

単発や短期での採用もたくさんある仕事なので、勉強が忙しくない時だけに働くこともできます。バイトをせずに勉強だけに集中する時期を作りたい人にもおすすめです。

通信制高校がバイトをする理由

半数以上の生徒がバイトをしているという通信制高校も少なくありません。やはり、これは全日制高校にはない特徴といえるでしょう。いったいなぜ、通信制高校の学生はバイトに熱心なのでしょうか。

学費を稼ぐためのバイト

金銭的な理由から全日制高校をあきらめて通信制高校に進学する人もいます。通信制高校の学費は全日制高校と比較してリーズナブルなので、アルバイト代で支払うこともできるでしょう。

通信制高校の学費は学校ごとに異なりますが、一年にかかる費用は公立でおよそ3万円、私立で20~30万円というのが相場です。ただし、なかには一年に100万円近くかかる私立通信制高校もあります。もし、自分で学費を稼ぎたいと考えているならば、まず事前に学費をきちんと調べるようにしましょう。

社会経験のためのバイト

アルバイトを通して基本的な社会人としてのマナー、コミュニケーション能力などを高めようとアルバイトをする人もいます。自宅での勉強が中心となる通信制高校では、人と接する機会はどうしても少なくなりがちなので、バイトで社会に接しようというわけです。とくに接客業などのバイトを経験する中で、相手が何を欲しているのか見抜く力を磨くこともできるでしょう。

今後、大学受験で面接のある学校を選ぶ人もいるかもしれません。バイトを通して初対面の相手とも堂々とコミュニケーションできるようにしておけば、あわてずにすみそうです。また、社会人となった時にも、バイトによって身に付けた基本的なマナーは必ず役に立つでしょう。

将来就きたい仕事のためのバイト

すでに将来の夢をしっかりと持っていて、いち早くその業界のことを知るためにバイトをするという人もいます。たとえば、福祉関係の仕事をしたいと考えていて、シニア向けマンションのコンシェルジュのバイトをしている人もいるのです。

また、いつかは起業したいと考えていて、ITベンチャーでバイトをする人もいます。IT系ならば比較的求人がたくさんありますし、プログラミングやデザインなどの技術を身につけることもできるかもしれません。さらに、創立されたばかりの小さな会社ならば、起業家に直接お話を伺う機会も多いのではないでしょうか。

通信制高校の学生がバイトに採用されやすい?

通信制高校の学生はバイトの面接に不利なのでは……と、不安に思っている人もいるようですが、そんなことはありません。むしろ、通信制高校に通っていることは有利に働くこともあるのはご存じでしたか?

通信制高校を歓迎するバイト先もある!

バイトを雇う側としては、できるだけ時間がありなおかつ融通の利く人を欲しいものです。そのため、通信制高校の生徒をむしろ歓迎しているところも少なくありません。履歴書には臆することなく通信制高校在学中ということを書きましょう。

そのように、一見デメリットのように思えてしまう個性こそが、有利に働くことはあるものです。10代と若すぎることが不利なのではないかと考える人もいますが、10代だからこそできる仕事もあります。たとえば、かわいい制服のある飲食店などは、やはりある一定以上の年齢になってしまうと厳しいものです。

より採用されやすい履歴書とは?

正直なところ「バイトはお小遣い稼ぎ」ぐらいの感覚の人もいるでしょう。実際、通信高校生の中にはバイト代はすべてお小遣いという人もいますし、好きな音楽やゲームをどんどん購入できるというのも、全日制高校生にはないメリットかもしれません。

しかし、やはり履歴書には「お小遣いが欲しいから」よりも「学費のために」と書いた方が印象が良いのはいうまでもありません。「学費のために働きたいならば、すぐに辞めたりしないだろう」と、判断されるからです。ただし、嘘はよくありません。もし、履歴書に学費のためと書いたならば、すべてお小遣いにしてしまうのではなく、多少なりとも学費の足しにするようにしましょう。

バイトのデメリットはないの?

せっかく、採用されやすいというアドバンテージもあることですし、通信高校生ならば一度はバイトをしてみたいものです。しかし、通信高校生がバイトをするデメリットはないのでしょうか。

バイトによって勉強がおろそかになる

通信制高校の勉強は自主性にまかされています。スクーリングと呼ばれる登校日も週に1日程度で、あとは自宅学習のみというコースも少なくありません。そうなると、ついバイトに夢中になってしまい、勉強がおろそかになりかねないのは要注意です。

通信制高校に入学したからには、晴れて卒業して高等学校卒業資格を取得することが一番の目標といっても過言ではないでしょう。学費を稼げたり社会勉強ができたとしても、バイトをメインとした生活に陥ることのないように注意しましょう。

通信制高校卒業後にフリーターになってしまう

平成25年の文部科学省の調査によれば、通信制高校の卒業生の約4割が、卒業後の進路が未定だったそうです。その4割の中にはフリーターも含まれています。高校時代の延長で、ついバイト生活を続けてしまう人も少なくないのです。

ひとつのところで長くいバイトをしていたりすると、卒業後も働いてくれるように頼まれることも結構あるものです。義理を感じてしまう人もいるかもしれません。しかし、強い意志を持ってバイトは高校時代までと決め、その後は就職または大学生進学を目指すようにしましょう。

通信制高校生だからこそバイトも勉強!

通信制高校生は全日制高校生よりもバイトをしやすい環境にあります。自主性と自己管理能力さえあれば、バイトと勉強の両立も難しくはないでしょう。全日制高校生にはできないような、一足早い社会勉強もできます。

これまで、自分でお金を稼いだことのない人は、一度体験してみるのもよいかもしれません。一万円を稼ぐだけでもどれだけ大変か、身にしみて理解することができるでしょう。ご両親が学費を払うために、どれだけの苦労をしているのか理解すれば、無駄にできないと思うのではないでしょうか。

バイトと勉強の両立は大変なこともあるかもしれません。しかし、人間的に大きく成長するチャンスであることは間違いないでしょう。ぜひ、通信制高校でバイトと勉強に頑張ってみてはいかがでしょうか。

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

同じカテゴリの関連記事

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら