自分にピッタリの通信制高校を探そう!

通信制高校なら「高校を卒業できる」「やりたいことが出来る」「働きながら通える」の3つが実現できます。まずは気になる高校に資料請求してみよう。

5部門ランキング
通信制高校[満足度]ランキング
通信制高校[生徒数]ランキング
通信制高校[学費]ランキング
通信制高校[卒業]ランキング
通信制高校[自由度]ランキング

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

通信制高校の学費(費用)目安

費用面で見ると、公立の通信制高校の方が学費は安くなっています。私立の方が全体的に割高な設定になっていますが、その分サポート体制が整っているので「少し不安がある」「卒業したい」と考えている人は、私立の通信制高校を選んだ方がよいでしょう。

公立通信制高校<参考>
入学金500円程度
受講料年間1~3万円
その他費用年間3万円程度
私立通信制高校<参考>
入学金1~5万円程度
受講料年間15万円程度
その他費用年間3万円程度

※費用はあくまで目安です。詳細は各通信制高校にてご確認ください。

通信制高校の魅力は何?

通信制高校を比較するなら一括資料請求

【簡単3ステップ】通信制高校の資料が届いて、じっくり検討しよう!

通信制高校選びで迷ったら、無料で資料請求

1分で完了最大10校完全無料

【簡単 & 無料】都道府県と資料請求者を選択してクリック!

都道府県を選択 資料請求される方

資料請求できる通信制高校一覧

下記の有名通信制高校以外にも数十校から、お住まいの地域に合った通信制高校を比較することができます。

通信制高校総合ランキング

ネットで評判の通信制高校を口コミ・満足度・生徒数・学費・卒業・自由度などから総合的にランキング

通信制高校を検討中の方へ。学費だけではなく目的も考えて

通信制高校の魅力とは

通信教育で高等教育課程を修了する高等学校

最近テレビなどのメディアをはじめとして世間から大きな注目を浴びている教育課程があります。それは通信制高校です。通信制高校とはその名の通り、通信教育にて高等学校の教育課程を修了できる学校の事です。

通常、高校での高等教育課程を修了するには最低でも3年以上の在籍期間が必要となることが、学校教育法により定められています。そのため、通信制高校の場合も最低3年間は通信での教育課程を受ける必要があります。卒業要件を満たすと全日制の高等学校と同様に、高校卒業資格を得ることができるので、その後の進学、つまり大学や専門学校への進学も可能です。

全日制や定時制のような登校の義務もありません

通信制高校には全日制や定時制の高等学校と比較して様々な違いがあります。まず最も大きな違いとしては、通信教育で教育課程を修了するので全日制や定時制のように毎日学校に登校する必要がありません。そのため、様々な事情を抱えた人に対しても広く門戸が開かれており、最近注目を集めています。

通信制高校の魅力は誰でも高校卒業を目指せること!

通信制高校の最大の魅力は、自分のペースで高校卒業を目指せるということです。少子化にも関わらず通信制高校に通う生徒の数は年々増加傾向で、それに伴い通信制高校の数も増えています。

スポーツ系や芸能系など種類も多く、どの通信制高校に通えばいいのか迷うほど魅力的な高校がたくさんあります。

通信制高校のシステム

通信制高校は全日制と仕組みが異なる

通信制高校は、一般的な全日制や定時制の高校と違って、毎日学校に通う必要はありません。基本的には、年に2回の入学時期を設けている学校が大多数です。その他、転入や転出も認められており、転入は随時募集の形をとっている学校が多いです。卒業時期も入学時期に合わせて年に2回設けられている場合がほとんどです。

インターネットを介した通信教育システム

学習の進め方は、主にインターネットを利用したプログラムを自宅で受講します。それに対して課題のレポートを提出し、テストを受けて合格することで単位を取得していくシステムになります。通信制教育の特性から学年生ではなく、単位制を採用している学校がほとんどです。これは、生徒側に様々な事情があり個人のペースで学習を進めていくため、単位制の方が都合が良いためです。

大学のような単位制で学んでいきます

以前は課題レポートは郵送での提出が一般的でしたが、最近ではオンラインを利用した提出方法が広く普及してきています。基本的に自分で学習を進めていくことになるので、その進度や習熟度をはかるためにこのレポート提出は非常に重要です。そして、課題レポートの提出とテストの他に、登校日と呼ばれる日が設定されています。面談形式で行われることが多く、この日に直接さまざまなことを相談することもできます。

いろいろな年代、性別、背景の学生が学んでいます

最近この通信制高校が注目を集めている理由は、これまで不登校やそのほか様々な理由でなかなか全日制の高校に通えなかった人でも高校卒業資格を取得できるからです。価値観が多様化している現代社会では多くの人を受け入れる通信制高校の可能性が注目されています。

通信制高校に通う生徒の特徴

不登校、落ちこぼれ、いじめを受けた生徒も卒業を目指せます

現代社会においては様々な事情を抱えた人がおり、社会のニーズや価値観はますます複雑化してきています。そのような環境で他の生徒のように学校に通えない引きこもりの生徒や、いじめによる不登校に苦しむ生徒が増えています。通信制高校はそうした人たちにも広く門戸を開いており、高校卒業資格を取得する機会を用意してくれているのです。

働く社会人にも開かれた定時制とは異なる高校です

全日制高校をドロップアウトした方に注目が集まっていますが、逆に定時制の代わりとしての通信制高校にも注目が集まっています。特にすでに働いていて全日制や定時制に通うのが難しい人でも、高校卒業資格を取得することができる点が仕事を持った社会人には注目されています。

芸事や競技スポーツに打ち込む人なども通学しています

さらに、対人関係に問題があって、なかなか学校に通えないという人でも、そうした問題に頭を悩ませることなく自分のペースでしっかりと勉強をすることができるのもメリットです。

また、障害がある人や、芸能活動や囲碁や将棋などの競技、スポーツに打ち込んでいる高校生など、様々な人が最近は利用するようになってきています。通信制と言うシステムは、多くの方に高校卒業の可能性を提供するという点で、近年最も注目を集める教育制度となっています。

みんなの通信制高校ナビで高卒認定を目指す

安易に入学を決める前にしっかり比較しよう!

通信制高校にかかる学費は決して安くはありません。実際にどの高校にするかを決める前に必ず各高校の資料を取り寄せて、比較することをおすすめします。

当サイトは、各高校への個別の資料請求から一括の資料請求までニーズに合わせて、行えるようにしています。自分の条件に合う高校を一つでも多く資料請求する方が良いでしょう。

卒業だけが目的ではない!卒業後を視野に入れよう!

見ための楽しさや評判、校風ばかりに目を向けず、スクーリングや課題、授業内容などの具体的な内容もしっかりチェックしておきましょう。通信制高校は入学して終わりではなく、3年間続けることが大切。そして人生は卒業後も続いていくからです。そのため楽しいだけで選ぶのではなく、本当に学びたいことが学べるのかどうか、無理なく学習を続けられそうかどうかを重視して比較しましょう。

楽しい高校生活と将来のための勉強を両立させましょう

もちろんせっかくの高校生活を楽しむのは良いことです。しかし、多くの人の当面の目的は、きちんと”高校を卒業する”ということだと思います。いくら自由で楽しい通信制高校だったとしても、卒業して高卒の資格を得られなければ、趣味のサークルと同じです。将来に繋がるからこそ学ぶのであり、ただ楽しいだけでは若い貴重な時間無駄にすることになります。

通信制高校とサポート校の違い

「通信制高校」と一括りに言われている学校の中には、通信制高校ではないサポート校が多くあります。通信制高校には正式な高校認定を受けた高等学校と、それら通信制高校に通う生徒をサポートするためのサポート校があります。両者の違いは、前者が正式な学校であるのに対し、後者が私塾に近いものであることです。サポート校で学ぶ内容は別途、入学した通信制高校の学習内容ですが、あくまでも学習支援(サポート)であり、サポート校を卒業したからといって高卒認定資格は得られません。その代わり、入学した通信制高校を無事に卒業できるように最大限サポートするのが、サポート校の役割なのです。

通信制高校の選び方

大きく分けて選び方は5種類!

  • 学費で選ぶ
  • 満足度で選ぶ
  • 生徒数で選ぶ
  • 卒業しやすさで選ぶ
  • 自由度で選ぶ

当サイトでは、これら5つの選び方で通信制高校を選べるよう分かりやすくランキング形式で掲載しています。選び際の参考にしてみてください。

また、他にも通信制高校の中には、美容師の資格が取得できたり、ファッション・料理が学べるるような”目的で選ぶべき高校”もあります。そういった高校に関しては、通信制高校を目的別に比較!で解説していますのでそちらをお役立てください。

口コミも掲載&募集中

みんなの通信制高校ナビに寄せられた各高校への口コミを随時公開しています。リアルにその高校に在籍している生徒の口コミが多数ありますので、通信制高校選びの参考にしてください。 また、在校生はぜひご自分の通われている学校の雰囲気や感想を書いて投稿して、みんなにアドバイスしてください。

本気で探す通信制高校

無料で一括資料請求

通信制高校を比較するなら、じっくり資料を検討しよう!

資料請求はこちら